Ez2Dj/EZ2AC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
EZ2DJから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
EZ2DJ Cabinet.jpg

Ez2Dj」(イージー・トゥ・ディージェイ)および「EZ2AC」(イージー・トゥ・エーシィ、イージー・トゥ・アーケード)とは、韓国を中心に稼働されている音楽ゲームのシリーズ名。

需要[編集]

初代から7th TraX -Codename Violet- Version 3.10まではAmuse World、7th TraX -BONUS EDITION- Version 4.00からAzure ExpressioN 〜INTEGRAL COMPOSITION〜までは3S ENTERTAINMENT、EZ2AC : Endless Circulation以降はSquare Pixelsが開発・発売を行っている。 韓国においてはアンダミロ社のPump It Upシリーズと並んで人気を誇る業務用音楽ゲームとなる。

演奏は通常、5鍵盤・ターンテーブル・フットペダルを使用するが、上級者向けモードではこれらに加えて中央に4つあるエフェクトボタンのうち、片側2つも使用したり、鍵盤を押しながらターンテーブルを回して演奏するモードも存在する。

1人プレイ専用筐体(Ez2Dj Mini)と小型筐体(Ez2Dj Dual)もリリースされている他、派生作品のEZ2Dancerも稼働され、更には一部開発スタッフが『DJMAX』を生み出した経緯がある。

なお、筐体デザイン・操作デバイスがコナミの『beatmania』シリーズに似ていることから、後述する権利侵害等問題で訴訟沙汰になった事もある。

筐体[編集]

CPU
メモリ
  • SDRAM PC100 SDRAM 64→128→256MB (1st~6th)
  • SDRAM PC133 SDRAM 256MB (7th~EC)
  • DDRRAM PC-3200 1~2GB (Evolve~)
OS
HDD
  • ATA-33規格の4~6.4GB (1st~6th)
  • ATA-100規格の20GB以上 (7th~)
グラフィック
コントローラ
  • I/O ボードに搭載されたISAスロットに挿入したI/Oカードを介してのみ可能

歴代バージョン[編集]

Ez2Dj THE 1st Tracks (1999)
最初に発売された作品。シリーズ中で唯一EXERCISEモードが搭載されている。曲は全22曲が収録されている。Ez2Djのすべての作品中で最も判定が厳しく、ライフ数値の増減幅が多い事が特徴として有名である。
後に6th TraXで、1stのシステムをそのまま使用するRemember 1st?モードで1st Tracksを再現できるようになった。
コンセプトカラーは青色。
Ez2Dj THE 1st Tracks SPECIAL EDITION (1999)
1st Tracksマイナーチェンジバージョンの作品として、新曲10曲と1stのリミックス曲が追加された。シリーズ初の外部ライセンス曲が収録され、EZMix、HDMix、ReMix, 4DMixなどの難易度選択を初めて取り入れた。
また、1stではゲームスタート画面でコマンドを入力することで設定できた倍速などのモードを、曲セレクト画面で楽に選択することができるようになった。
コンセプトカラーは濃い青色。
Ez2Dj Dance Edition Vol.1 (2000)
開発中止
EZ2Dancerとの連動プレーを考慮して企画されたバージョンだったが、開発が80%程度まで進行した段階で開発が中断となった。
本作に追加される予定だったEZ2Dancerの7曲は、2nd TraXにすべて移植された。
Ez2Dj 2nd TraX -It Rules Once Again- (2000)
ゲーム性、グラフィックなど多くの部分で前作より格段に進化した作品で、EZ2Dancerに先行収録された7曲と 2nd TraXオリジナル新曲20曲が追加された。
初心者のためのRuby Mixと上級者のためのSpace Mixが新たに追加され、Radio Mixが7キーを使うシステムに変更された。
また曲ごとにランキングシステムが追加され、EffectorボタンでHSの倍速を演奏中に自由に変えることができるようになった。
これにより、SEまでに使用されていたEffectシステムではない、CUTOFFフィルターEffectシステムが新たに採用された。
コンセプトカラーはピンク。
この頃から、Amuse Worldに吸収合併されたゲーム開発会社『Family Production』が製作に参加することになる。
Ez2Dj 3rd TraX -Absolute Pitch- (2001)
グラフィックや音楽的な面で以前よりさらにマニアックに深化した作品。新曲20曲が追加で収録された。
Radio Mixのように7キーを使う7Street Mixが独立したモードとして誕生し、ターンテーブルのみを使うEz2Catchモードも追加された。
またどのステージでもあらゆる曲を選択することができる全曲コマンドが追加された。
また、公式ウェブサイト上のイベントも盛んになり、ウェブサイトを通じてインターネットランキングに参加することもできた。音楽やシステムなどすべての面で最高の作品で評価を受けている。
コンセプトカラーは緑。
Ez2Dj 4th TraX -Over Mind- (2002)
3rdと同じく20曲の新曲が追加され、5キーのみを使う5Radio Mixが復活した。ターンテーブルとペダルを自動で操作することができるオートスクラッチ/ペダルモードが追加され、代わりにRuby Mixが削除された。
ゲームの全体的なバランスが高難度化したという評価を受ける。
この作品以降、主要製作陣が抜けてPENTAVISIONを設立することになる。
コンセプトカラーは青色とゴールド。
Ez2Dj PLATINUM -Limited Edition- (2003)
4thまでのほとんどすべての楽曲が収録され、新曲12曲と既存曲のリミックス4曲を追加し、全112曲が収録されたEz2Djのマスターピース的バージョン。
前作で削除されたRuby Mixが復活した。
また、Super RandomモードとHyper Randomモードがそれまでとは違うシステムに変更されたが、後続バージョンでは再び以前のシステムに戻っている。
1st Trackからの主要スタッフ(ただしPENTAVISIONとしてだが)を中心に開発された最後のバージョンとなった。
後に出てきたEz2Dj 7th TraX -Resistance-のゲーム内では"EZ2DJ 5th TraX:Platinum"と誤って表記されていた。
コンセプトカラーは黒色。
Ez2Dj 6th TraX -Self Evolution- (2004)
それまでの製作陣が全員抜け、全く新しいスタッフによって製作されたEZ2DJの7番目の作品。新曲15曲と既存曲のリミックス10曲が新たに追加された。
ビートマニアシリーズのような、アップデートによる段階別解禁システムが導入された。解禁されているかは、特定の条件を満たしてタイトル画面の字の点滅を見ることで確認できる。
隠しモードだったEz2CatchとEz2Turntableモードが正式のモードになり、Ez2Dj THE 1st Tracksをそのまま再現するRemember 1st?モードが追加された。
コンセプトカラーは赤色と青色。
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- (2007)
2年半ぶりに出た8番目の作品。現在の崩壊した韓国アーケード市場に対する反抗的な意味合いを含めてサブタイトルをResistanceとした。
6thの製作陣とも全く違った新しい製作陣が作った作品で、32曲の新曲が追加されて全160余曲を収録している。
ゲームの全体的な難易度が高くなり、7th追加曲に限って、ロングノートを押している間連続でコンボ数が上昇するシステムを採用した。
その他にStreet Mixや5 Radio MixにRuby MixにあったStarスキンを追加して、シリーズ別全曲コマンドを作るなど細かい変化があった。
コンセプトカラーはゴールド。
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- Version 1.50 (2007)
2007年12月に稼動開始した、新曲追加等のアップグレードが施されたマイナーチェンジバージョン。
7th TraXの製作陣と関係のない新たな製作陣が開発したものだという。
新曲11曲、Radio Mixの新コースも多数追加された。また、Platinum仕様のSuper RandomおよびHyper Randomが『PS Random』および『PH Random』として追加された(現在PH Randomは削除されている)。
タイトル画面でパッチのバージョンが表記されている。
コンセプトカラーはオレンジ色が交ったゴールド。
EZ2ON ONLINE TRAX (2007)
Windows向けオンラインゲーム。Amuse WorldとCykan Entertainmentの合同出資により設立されたゲーム開発会社『RETRO GAMES』によって製作されている。
家庭用パソコン向けのオンラインゲームという性質上、Ez2Djとはゲームの仕様が異なるが、基本となるゲーム性は変化しておらず、楽曲も既存のEz2Djに収録されているものが利用されている。
そのため、直接のEz2Djの新シリーズでは無いものの、Ez2Djの初めての家庭用シリーズと位置付けられる。
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- Version 2.00 (2008)
収録曲の追加やグラフィックなどのバグが修正されたバージョン。
曲の並べ替えに初対応したバージョンでもある。
デザインはEz2Dj 7th TraX -Resistance- Version 1.50と同様である。
Ez2Dj 7th TraX CLASS R -Codename Violet- Version 3.00 (2009)
ランキングで登録できるネームが4文字から5文字になった。
新曲が10曲追加されている。
さらにドラゴンクエストのような、パスワードによるマイレージシステムが導入された。
また、旧作のエフェクターと旧曲の大量削除や、多くのバグがあるなどから、Ez2Djの歴代バージョンの中で最悪の出来であるといわれている。
コンセプトカラーは紫色。
Ez2Dj 7th TraX CLASS R -Codename Violet- Version 3.10 (2009)
Ez2DJ 7th TraX -Codename Violet- Version 3.00に2曲の新曲を追加したバージョン。
マイレージシステムが削除され、さらにバグ修正が施されている。
Ez2Dj BONUS EDITION (2010)
このバージョンから開発会社がEz2Dj 7th TraX -Codename Violet- Version 3.10のリリース後にAmuse Worldが破産し解散したため、Amuse Worldから3S ENTERTAINMENTに移行した。
新曲が39曲追加されたEz2Dj 7th TraXのマイナーチェンジバージョン。
新曲のうち30曲がSabin Sound Starからの移植曲となっている。
移植曲があまりにも多く、バグが多数存在することから非常に評判の悪い作品になってしまった。
コンセプトカラーは赤色。
Ez2Dj BONUS EDITION revision A (2011)
今回のバージョンでいままで削除された曲がすべて復活した、Ez2Djの第2のマスターピース的バージョン。
細かいところまでシステムに改良がなされており、今までのシリーズの中でかなり評価が高いバージョンである。
新曲は追加されていない。
デザインはEz2Dj 7th TraX -BonusEdition- Version 4.00と同様である。
タイトルデザインやプレイ中の画面も変わっていない上にさらにバージョンの表示もないので、見た目で区別することは難しい。
Ez2Dj Azure ExpressioN (2012)
2012年3月8日正式稼働開始。
タイトルにThe New Generation of Ez2Djとの記載があり、新シリーズとしての新作となっている。
コンセプトカラーは青色。
なお、今回のバージョンで7th TraXのオリジナル曲全部と7th TraX Ver2.00のライセンス曲のほとんどが曲のライセンスの使用期限切れにより削除された。
Ez2Dj Azure ExpressioN 〜INTEGRAL COMPOSITION〜 (2012)
2012年6月22日正式稼働開始。Ez2Dj名義で稼働される最後の作品となる。
前作「Azure ExpressioN」のパッチとして、前作購入者へ無償でリリースされた。
判定や難易度の調整や、新曲の追加、新旧楽曲へ新規アニメーションの追加が行われている。
デザインはEz2Dj Azure ExpressioNとほぼ同様である。
EZ2AC Endless Circulation (2013)
2013年4月26日稼動開始。
開発がSquare Pixelsに移行。タイトルがEZ2ACに変更され、再び新シリーズとして登場。ただし、筐体等は変化していない。
インターフェースデザインおよびコンセプトカラーは白色と黒色を用い、今までより洗練されたものになっている。
ゲーム開始時のHow to Playが追加された。
SID-Soundのメンバーがボーカルを勤めるユニット「Cradle Edge」の曲をライセンス収録している。
EZ2AC Evolve (2014)
2014年12月26日稼動開始。再びUIが一新された。
ゲームモードが一新され、難易度システムとスコア算定方式を改編した。
コンセプトカラーは赤色。
2015年1月10日のバージョンアップによりOSがWindows XPに変更された。
それに合わせスペックを強化した新基板が公開された。
EZ2AC NIGHT TRAVELER (2016)
2016年1月28日稼働開始。再びUIが一新され、従来使われていた効果音も変更された。
10K COURSEモードと、14K COURSEモードが追加され、モード選択画面にて5K系列のモードのみを集めた初心者向けのBASICと、全モードが選択できるALLに分類された。
コンセプトカラーは黒色と黄色。
EZ2AC
7th TraX CLASS R -CODENAME VIOLET II- (2016)
EZ2AC NIGHT TRAVELER以降の作品のタイトル画面で隠しコマンドを入力することによって出現。コンセプトカラーは紫色で、UIはEz2Dj 7th TraX CLASS R -Codename Violet-を彷彿とさせるデザインとなっている。
レベルを選択し、曲をクリアしていく特別モードとなる。条件を達成することでエクストラステージに進むことが出来る。
EZ2AC TIME TRAVELER (2017)
2017年8月16日稼働開始。
モード選択画面にて初心者向けのBASIC、通常プレイのNORMAL、連続プレイのCOURSEに再び分類された。
コンセプトカラーは緑色だが、コースモードでは紫色となっている。
EZ2AC -FINAL-
2019年6月2日稼働開始。再びUIが一新された。
モード選択画面にて初心者向けのLIGHT、通常プレイのSTANDARD、連続プレイのCOURSE[1]、変わった遊び方のCASUALに再び分類された。
楽曲を選択した後に難易度を選択する方式となった。
コンセプトカラーは濃い青色。
EZ2AC FINAL:EX
2020年8月7日稼働開始。-FINAL-のバージョンアップ版となる。

ゲーム方法[編集]

7K STANDARD以上では、中央の赤いエフェクトボタンを使用する

Ez2Djはサバイバルゲージ方式を採用しており、画面右側のライフゲージがミスなどによって全部なくなるとゲームオーバーになる。

EXERCISE (1st)
Ez2Dj THE 1st Tracks -R U Ready to Insida DJ Box?-にのみ存在するモード。
ゲームの遊び方の確認と簡単な2曲を演奏するチュートリアル。
Ez2Dj 2nd TraX -It Rules Once Again-からは実装されていない。
理由は、ゲームのルールが単純でわざわざこのようなモードを実装する必要がないと判断したからだといわれている。
5K RUBY (Ruby Mix) (2nd-3rd, Pt-)
5つの鍵盤と1つのターンテーブル、フットペダルを使用する初心者向けのモード。
ほかのモードより難易度を抑えた簡単な譜面で、ライフゲージも増強されている。
5K ONLY (EV-)
5つの鍵盤だけを使用するモード。
5K RUBYと違い、ライフゲージや譜面難易度は他のモードに準じたものになっている。
5K STANDARD (Street Mix、5 Street Mix) (1st-)
5つの鍵盤と1つのターンテーブル、フットペダルを使用するモード。
譜面はRuby Mixよりも難しく設定されている。
7K STANDARD (7 Street Mix) (3rd-)
5つの鍵盤と1つのターンテーブル、フットペダルと2つのエフェクトボタンを使用するモード。
5K COURSE (Radio Mix、5 Radio Mix) (1st-SE, 4th-)
5つの鍵盤と1つのターンテーブル、フットペダルを使用するモード。
決められた4曲で構成されたコースの中から選んで連続でプレイする(リザルト画面は毎回登場する)。
7K COURSE (Radio Mix、7 Radio Mix) (2nd-)
7つの鍵盤と1つのターンテーブル、フットペダルと2つのエフェクトボタンを使用するモード。
決められた4曲で構成されたコースの中から選んで連続でプレイする(リザルト画面は毎回登場する)。
Club Mix (10 Club Mix) (1st-EC)
左右合わせて10個の鍵盤と1つのターンテーブル、1P、2Pのフットペダルを使用するモード。もう1つのターンテーブルは選曲に使用する。
ただし、フットペダルのレーンは1列のみで兼用となっており、1P側と2P側どちらでも同じように演奏出来るようになっている。
このモードのみ、2曲目の選択は1曲目の曲をプレイしているとき、3曲目の曲の選択は2曲目の曲をプレイしているときに選択しなければならない。
なお、そのときの曲選択は1P側でスタートした場合は、2P側ターンテーブルを、2P側でスタートした場合は、1P側ターンテーブルを使用する。
10K MANIAC (EV-)
Club Mixの後継モード。左右合わせて10個の鍵盤と2つのターンテーブル、1P、2Pのフットペダルを使用する。
他のモード同様、1曲プレイするたびにリザルト画面と選曲画面を経由するようになり、従来1つだけだったターンテーブルは両方別ラインで使用するようになった。
Space Mix(14 Space Mix) (2nd-EC)
Ez2Dj 3rd TraX -Absolute Pitch-までのバージョンでプレイする場合は隠しコマンドを入力しなければならない。
左右合わせて10個の鍵盤と2つのターンテーブル、4つのエフェクトボタンを使用するモード。
最初に1P側のターンテーブルと2P側のターンテーブルを使って、曲を選択し(2ステージ)、それを連続でプレイする。
フットペダルは譜面のスピードを調節するために使用される(1P側でスピードダウン、2P側でスピードアップ)。
ある条件を満たせば3曲目がプレイできる。
14K MANIAC (EV-)
Space Mixの後継モード。左右合わせて10個の鍵盤と2つのターンテーブル、4つのエフェクトボタンを使用する。
他のモード同様、1曲プレイするたびにリザルト画面と選曲画面を経由するようになり、条件分岐が必要だった3曲目のプレイが無条件化された。
EZ2CATCH (3rd-)
Ez2Dj PLATINUM -Limited Edition-までのバージョンでプレイする場合は隠しコマンドを入力しなければならない。
1つのターンテーブルを使用するモード。一人プレイ専用。
オレンジのキャラクター(もしくは女の子のキャラクター)をターンテーブルで操作し、上から降ってくる果物(イチゴなど)を取っていく。
TURNTABLE (Ez2Turntable) (4th-)
Ez2Dj PLATINUM -Limited Edition-までのバージョンでプレイする場合は隠しコマンドを入力しなければならない。
5つの鍵盤とターンテーブルを使用するモード。
インターフェースは5K ONLYと変わらないが、鍵盤を押しながら、同時にターンテーブルを回さなければならない。
Remember 1st? (6th)
Ez2Dj THE 1st Tracksを再現する、Ez2Dj 6th TraX -Self Evolution-のみに存在するモード。
ただし一部、本来のEz2Dj THE 1st Tracksとは異なっている点がある。(コンティニューが出来ない等)
Double Mode (SE)
Ez2Dj THE 1st Tracks SPECIAL EDITIONにのみ存在する隠しモード。
プレイするには隠しコマンドを入力しなければならない。
左右合わせて10個の鍵盤と2つのターンテーブル、1P、2Pのフットペダルを使用するモード。
Club Mixと違い、フットペダルは兼用ではなくそれぞれ別々のラインとなっており、別々に演奏しなければならない。

収録曲情報[編集]

Ez2Dj THE 1st Tracks -R U Ready to Insida DJ Box?- (1999)
  1. Creatune - Catch the Flow
  2. Creatune - Envy Mask
  3. Creatune - Funny Funky
  4. Creatune - I do love you
  5. Creatune - The Rhythm
  6. Creatune - Yes Yes
  7. Danmal-G - Minus 1
  8. Dj.Hong - Get the beat
  9. Dj.Melong - Ztar warZ
  10. Jeon, Joon-kyu - South West Cadillac
  11. Jeon, Joon-kyu & Mario Bolden - Stay
  12. Carlos - Confete
  13. Ruby Tuesday - Baby Dance
  14. Ruby Tuesday - Dirty D
  15. Ruby Tuesday - I've Fallen
  16. Ruby Tuesday - Look Out [Here comes my love]
  17. Ruby Tuesday - Quake in Kyoto
  18. Ruby Tuesday - You love the life you live
Ez2Dj THE 1st Tracks Special Edition (1999)
  1. Andy Lee - R.D.M. -Rain Drops in My mind-
  2. Andy Lee - Special K
  3. Danmal-G - Minus 1 Hard Mix
  4. Danmal-G - Mystic Dream 9903 ~Horror Mix~
  5. DJ Yonda - Dieoxin
  6. DJ Yonda - Red Hot
  7. Itdie - Stay Remix
  8. Kim, Jin-kwon - Combination
  9. mykol & Creatune - South West Cadillac Remix
  10. Remix Station - The Future
  11. xxdbxx - Envy Mask Remix
  12. xxdbxx - The Rhythm Remix
  13. xxdbxx - Ztar warZ Remix
  14. Andy Lee - EZ2DJ CHANGA (이지투디제이 찬가)
  15. Itdie - Confete Remix
  16. Itdie - You love the life you live Remix
  17. Remix Station - Do you remember? Remix
  18. Remix Station - Let it go Remix
Ez2Dj 2nd TraX -It Rules Once Again- (2000)
  1. Andy Lee - Appeal
  2. Andy Lee - Showdown
  3. Andy Lee - Theme of EZ2DJ [EZ2DJ Hymn]
  4. Bae Hee-kyoung - Departure
  5. Creatune - Minus 1 ~Space Mix~
  6. Jeon, Joon-kyu - We Luv Music
  7. Jeon, Joon-kyu & Mario Bolden - The one for me
  8. Kim Seung Hyun - Exist
  9. Kim Seung Hyun - Funky 5
  10. Lee, Jong-phil & Mario Bolden - Get it up
  11. Mario Bolden - It's my secret
  12. xxdbxx - Red Ocean
  13. Yang Joon-young - With you Girl
  14. Ruby Tuesday - Anytime
  15. Ruby Tuesday - Back for more
  16. Ruby Tuesday - Back to bed
  17. Ruby Tuesday - Be my baby
  18. Ruby Tuesday - Damnation
  19. Ruby Tuesday - Hypnotize
  20. Ruby Tuesday - I've got this feeling
  21. Ruby Tuesday - Jam
  22. Ruby Tuesday - Moving On
  23. Ruby Tuesday - Say that U
  24. Ruby Tuesday - Seize the day
  25. Ruby Tuesday - Sentimental No! No!
  26. Ruby Tuesday - The Boy [Here comes my baby]
  27. Ruby Tuesday - Where's my girl
Ez2Dj 3rd TraX -Absolute Pitch- (2001)
  1. Andy Lee - 2nd Jewel
  2. Andy Lee - Anemia
  3. Andy Lee - Lie Lie
  4. Andy Lee - M Police
  5. Andy Lee - R.F.C. 'Resurrection of Fiend in the Cathedral'
  6. Andy Lee - Shake
  7. Andy Lee - Smash
  8. Croove - Black Market
  9. Croove - Minus 2
  10. Croove - Mystic Dream 20000000000
  11. Croove - Sand Storm
  12. Croove & FE - Cosmic Bird
  13. FE - 2.14
  14. FE - Give it 2 me
  15. Lee, Jong-phil - Y Gate
  16. xxdbxx - Night Watcher
  17. xxdbxx - Substance
  18. xxdbxx - The 3rd Place
  19. xxdbxx & Croove - Sparrow
  20. Ruby Tuesday - In a Nutshell
Ez2Dj 4th TraX -Over Mind- (2002)
  1. Andy Lee - Climax
  2. Andy Lee - Delight
  3. Andy Lee - Futurist
  4. Andy Lee - Go!
  5. Andy Lee - Judgment
  6. Andy Lee - Lovely Days
  7. Andy Lee - Tokyo 9 P.M.
  8. Croove - Aquaris -The story about a girl who never dreams-
  9. Croove - B.O.W. -Battle Of Wilderness-
  10. Croove - Complex
  11. Croove - Fire Storm
  12. Croove - JMJ
  13. Croove - Mad Robot
  14. Croove - Shout
  15. xxdbxx - Blue
  16. xxdbxx - Calling me now
  17. xxdbxx - Eye of the Beholder -SMASH Episode No.0-
  18. xxdbxx - Feel So Sad
  19. xxdbxx - Metagalactic G-1000
  20. xxdbxx - Ready to YAH
Ez2Dj PLATINUM -Limited Edition- (2003)
  1. Bigduck - Unknown H2
  2. Eridanus - Any way you want it
  3. Eridanus - Cellavue
  4. Eridanus - Riff Guy
  5. Eridanus & Kang, Eun-soo - 느낌
  6. FE - Memories
  7. Forte Escape - Aquaris -Physical Inspiration Hyper Blue Mix-
  8. Forte Escape - JMJ -DFC Space Gear Re-Formation-
  9. Forte Escape - Panic Strike
  10. Forte Escape - Q Factor
  11. Forte Escape - Spotlight
  12. Forte Escape - Zeroize
  13. Joyrock - Night Madness
  14. Joyrock - Weird Wave
  15. Forte Escape - I've Fallen -Hot Dog Boogie Groove Mix-
  16. Forte Escape - I've got this feeling -DJ.FE Restless Acid Soul Mix-
Ez2Dj 6th TraX -Self Evolution- (2004)
  1. B-E - Be-at Feedback
  2. Dakick - Get The Beat -Party Mix-
  3. Dakick - Your Style
  4. Han Tae Soo - Curse It!!
  5. Han Tae Soo - EZ2Dj II (찬가 II)
  6. Han Tae Soo - Stay With Me
  7. Itdie - Lie Lie -Ceave Beat Ver.-
  8. Itdie - With U Girl -Beach Ver.-
  9. Kim Min - Dance With Me
  10. Kim Min - Refresh
  11. Kim Min - You were the one
  12. Sean Kim - Move your Body
  13. Sonic A.P.E - 1234
  14. Sonic A.P.E - Barcadi on the Beach
  15. Sonic A.P.E - Dance Machine
  16. Sonic A.P.E - Frantic
  17. Sonic A.P.E - 느낌 -Sonic A.P.E. Ver.-
  18. Soulzean - Up and Down
  19. TY.F - Be Mine!
  20. Itdie - Be my baby -Funky Version-
  21. Itdie - Baby Dance -Club Ver.-
  22. Itdie - I've got this feeling -Extended Ver.-
  23. Itdie - Jam -A.C. Ver.-
  24. Itdie - Look Out - EK-1 Beat Ver.-
  25. Itdie - The Boy -EK-2 Beat Ver.-
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- (2007)
  1. CCNN - Legacy of Hatred (Live)
  2. CCNN - Unrequited Love 2
  3. Curium - G.O.A.
  4. Curium - Silver Ocean
  5. Desired Effect & r300k - Round 3
  6. Desired Effect & r300k - Sunlight
  7. M2U - Gray Street
  8. M2U - Paradise
  9. M2U - The back of Beyond
  10. M2U - Toy War
  11. M2U - Space Destiny
  12. M2U - Sweet Heart
  13. M2U - White Rose
  14. M2U - 天地開闢
  15. Mhz - End of Summer
  16. Praya - 빛바랜영혼
  17. Praya - Forget
  18. Praya - Mage Girl Story
  19. r300k - Energy Flower
  20. r300k - The World
  21. Spring Head - Fallen Angel
  22. Spring Head - KAFAT
  23. Spring Head - Return
  24. Spring Head - Revelation
  25. Spring Head - Soul Eater
  26. Transin - Black Flame
  27. Transin - Dreamy Flight
  28. Transin - Explode Engine
  29. Transin - Fell Hound (III)
  30. Transin - Let me hear your voice
  31. Transin - Soul Destructer
  32. TranceMAX - To my love
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- Version 1.50 (2007)
  1. CHAOS - Gray Hunter
  2. God Hand - An Old Story
  3. infinity poly - Black Bird
  4. KIEN - R.E.D ~Red Evil of Death~
  5. Memme - Hyper Magic
  6. Memme - Legend of Moonlight
  7. Red Eye - The Prince of Darkness
  8. SHK - Holic
  9. Star light - Shot Time
  10. yak_won - Lucid
  11. yak_won - Never Feel This Way
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- Version 2.00 (2008)
  1. yak_won - Never Feel This Way (Vocal ver.)
  2. IBIS - It's my secret ~Remix~
  3. IBIS - White Rose ~House Mix~
  4. IBIS - 天地開闢 ~2007 Remix~
  5. yak_won - Refresh ~Remix~
  6. yak_won - Dance Machine ~Arrange~
  7. yak_won - Dance with me ~Remix~
  8. yak_won - Frantic ~Arrange~
  9. yak_won - Don't Say Anything
  10. IBIS - 1234 -SJ Mix-
  11. KIEN - One's Trash
  12. SHK - Weep Irish -RE-
  13. yak_won - 2nd life (How To Play)
  14. RC - r-decision
  15. yak_won - Aura (Title Theme Of Ez2DJ 7th TRAX Ver 2.00)
  16. yak_won - Sinus ~secret heart~
Ez2Dj 7th TraX -Resistance- Version 3.00, 3.01 (2009)
  1. Darkist Remixed by 4 - Blood Castle ~Remix~
  2. Ira - Eraser Rain for GAIA
  3. Ira - Tempus Praeterita
  4. Lotze - Wars of the Roses, 1455
  5. Netiline - Akasha
  6. Netiline - Dragon Hunter?
  7. Netiline - For The TOP
  8. Netiline - Step in the Dayz
  9. Liberatus - Doll's Garden
  10. TJ.Hangneil - 神威 (read. Kamui)
  11. Jeon Jun-kyu & Mario Bolden - Stay ~TAK Remix~
Ez2Dj 7th TraX Class R Codename Violet Version 3.10 (2009)
  1. KIEN - La Grand Bleu
  2. Lotze - LOKI
Ez2Dj 7th TraX Bonus Edition (2010) / Ez2Dj 7th TraX Bonus Edition revision A (2011)
  1. creent, TY Brave - A Final Dreaming
  2. KIEN - AtoMizer
  3. KIEN - RED 2008
  4. S.I.D-Sound - Sign Mellow
  5. sun3 - Messier 333
  6. Triple Spade - The Luna
  7. Applesoda - 없잖아
  8. Applesoda - 주문을 외워봐
  9. Crolul - Underflow
  10. Crolul&Rion - Finite
  11. fromsmk - Romance for Moon
  12. Gothpheus - Rosen Vampir
  13. KIEN - Irregular Liner
  14. Lotze - Please Please Me
  15. Lotze - Vintage Summer
  16. Lotze - 적월애 (赤月愛 ~Love of Red Moon~)
  17. Lubinn - Luv Message
  18. Lubinn - Pair Creation
  19. Lubinn - Thrust Out
  20. Lunaria - Dreamy Days
  21. MAX - BLEED
  22. memme - Return to Universe
  23. memme - Uranus
  24. memme - 하나뿐인 당신에게
  25. nato - SkyWard ~Behind the cloud~
  26. RELaX TRaX - Happiness
  27. Seibin - Brilliant Stars
  28. SpringHead - Sensation of Stage ~SpringHead Mix feat.Kuripurin~
  29. SpringHead - Sunshine
  30. sun3 - ApolloN
  31. TJ.Hangnail - MxMxM Star
  32. Zero - Cosmos
  33. Zero - Drive To You
  34. Zero - Espresso
  35. Zero - Good Speed
  36. Zero - Latino
Ez2Dj Azure ExpressioN (2012)
  1. Earache Squadron - Frostbite
  2. Earache Squadron - Satellite 61
  3. KIEN - 20000000000 ~Hurt Bass Remix~
  4. KIEN - Anemia ~Synth Pop Remix~
  5. KIEN - I Do Love You ~Insida Club Remix~
  6. KIEN - Back to Bed ~Crimson Red Remix~
  7. Lotze - Illusion
  8. MAX - the Onyx Night Sky
  9. Nato - Nihilism
  10. Nato - Rising in My Heart
  11. r300k - the Ashtray
  12. Seibin - the Great Escape
  13. Spring Head - 1950
  14. StaticSphere - Liquid Cube
  15. StaticSphere - if I couldn't see you again
  16. StaticSphere - Tailight Phantom
  17. sun3 - Morgenglut 2012
  18. yak_won - Core
Ez2Dj Azure ExpressioN 〜INTEGRAL COMPOSITION〜 (2012)
  1. ATAS - AXIS
  2. ATAS - Nachthexen
  3. fromsmk - Frozen Eyes
  4. iMp - Phat Trash
  5. Lotze - Andes
  6. Seibin - Resonance Spectra
  7. SpringHead - Disease
  8. yak_won - Crisp
  9. yak_won - Wind Tales
  10. yak_won - Out of the Blue
  11. yak_won - Intuition
  12. yak_won - Extra Wave
EZ2AC ENDLESS CIRCULATION (2013)
  1. iMp - Actias Artemis
  2. Rammage - A Glimmer
  3. Kari - Airwave
  4. RMHN - BEATRICE
  5. Cradle Edge - Cosmical Rhythm
  6. ATAS - Dancing Light
  7. HiRO - Dream Walker
  8. wigen - Distopia
  9. KIEN - Entire
  10. Cradle Edge - First Fantas
  11. Cradle Edge - Hey Barbie
  12. Paraphrase - Indistinction
  13. Cradle Edge - M!rror
  14. KIEN - Nothing Else
  15. Cradle Edge - On My Way
  16. mr.Kei - Orphan Children
  17. TPRO - QUADCORE
  18. STREAM REVERIE - Shine Through
  19. fromsmk - Sigma
  20. LhoU - Stranger
  21. SpringHead - Tension
  22. HiRO - Todos Los Dias
  23. Rammage - Tron
  24. KIEN - Withered Heights
  25. KB - Aniart
  26. Kari - True
  27. Earache Squadron - Shove it
  28. ATAS - Starlight Factory
  29. SpringHead - Again
  30. Diesel Eater - Push me again
  31. Sun3 - FUTURE NIGHT
  32. Paraphrase - Fallback
  33. fromsmk - Magic Square
  34. wigen - Rendezvous Coast
  35. Rammage - Hesitate
  36. PDN - UniT
  37. RAVEN@TION - WHEEL OF FIRE
  38. croaktica - Black tinted alley
  39. ATAS vs KANETA - Total Eclipse
  40. HiRO - Planet X
  41. STREAM REVERIE - A Site De La Rue
  42. KIEN - Break of Dawn
  43. Lunatic Sounds - Legend
  44. iMp - northpole

サウンドトラック[編集]

Ez2Dj THE 1ST TRAX -original sound track-
購入特典としてEz2Djオリジナルデザインシャツも同梱されていた。
Ez2Dj PLATINUM-COLLECTOR'S EDITION-
Ez2Dj THE 1st Tracks SPECIAL EDITION、Ez2Dj 2nd TraX -It Rules Once Again-、Ez2Dj 3rd TraX -Absolute Pitch-の3枚を収録。
EZ2ON OST
Ez2Dj 4th Trax Over Mind、Ez2Dj PLATINUM -Limited Edition-、Ez2Dj 6th Trax -Self Evolution-の3タイトルの新規収録曲を収録している。
CD枚数は2枚。1000枚限定で発売された。

主なスタッフ・アーティスト[編集]

Composers
  1. Croove = Creatune = Nextune = Danmal-G = Dj.Merong
  2. xxdbxx = Jinu
  3. ND Lee = Andy Lee = DJ.Yonda
  4. Forte Escape = FE
  5. Itdie = Dj.Hong = Dakick
  6. r300k = CCNN
  7. Spring Head = Transin = Praya
  8. Curium = r300k & MHz
  9. M2U = infinity poly = CHAOS = Starlight = Redeye
  10. TranceMAX = MAX
  11. memme = God hand = Liberatus
  12. KIEN = Ira
  13. SHK = Lotze
  14. TJ.Hangneil = sasakure.UK
  15. Applesoda = Triple Spade
  16. Crolul = sta
  17. nato = Kinato
  18. RELaX TRaX = EarBreaker
Visual Artist
  1. Ache = Dizzy = J
  2. D = D.L.
  3. KIMys = KIN YS
  4. Tiv = Ti:v
  5. NB5 = zard96 = kkashi
  6. imp17 = S = red can
  7. RYUminus = RYU♡star (Vocal) = RewMineUs
  8. Ryunan = YammyYammy
  9. Lepusnette = Catena = slur = glide = Toxvid
  10. SAYA = Ratise = Marian = B.Rabit (EZ2ON)

権利侵害等問題[編集]

特許権侵害禁止等訴訟[編集]

2001年コナミ株式会社はAmuse Worldおよびゲーム世界(게임세상)の2社に対し、「Ez2Djがコナミの特許権(特許第294603号)を侵害している」とし、損害賠償等を目的とした訴訟を起こした。これに対し、Amuse Worldは、前述の特許についての無効審判を韓国特許審判院に申し立てた。

2002年、韓国特許審判院が、コナミの特許のすべての独立請求項を無効とする審決を下す。これにより、前述のコナミの訴訟の係争が中断する。しかしコナミは前述の審決の取消訴訟を韓国特許法院に提起、以降5年間係争が続く。

2007年2月、韓国特許法院が、前述の無効審決を取り消すとの判断を下す。

2007年4月、前述の判断を受け、韓国特許審判院がコナミの特許を維持する再審決を下す。これにより、中断していた係争が再開する。

2007年7月、韓国のソウル中央地方法院において「Ez2Djがコナミデジタルエンタテインメント製の音楽ゲーム『ビートマニア』の特許を侵害している」として、被告2社に対し損害賠償等を命じる判決が出た。その後判決が確定し、被告側に以下の内容が命じられた。

  • 『Ez2Dj THE 1st Tracks -R U Ready to Insida DJ Box?-』・『Ez2Dj THE 1st Tracks SPECIAL EDITION』・『Ez2Dj 2nd TraX -It Rules Once Again-』・『Ez2Dj 3rd TraX -Absolute Pitch-』の計4種の完製品、および半製品の廃棄
  • 総額約117億ウォンの賠償金の支払

意匠権侵害禁止等訴訟[編集]

1998年、コナミ株式会社がAmuse Worldに対し意匠権侵害および不正競争行為中止要請の訴訟を起こす。

2002年、韓国大法院(日本の最高裁判所に相当)において、「Ez2Djはビートマニアの意匠権を侵害していない」との判決が出る。

補足[編集]

前述の通り、廃棄を命じられた製品は旧作4種のみであり、残りの新作に関しては言及されていない。そのため、2012年現在の最新のシリーズであるAzure ExpressioNは日に日にバージョンアップを続けている。また、廃棄する必要があるのはあくまで以前Amuse Worldが保持していた製品のみであり、既に販売された製品に関しては廃棄の対象外である。よって「韓国のあらゆるゲームセンターでEz2Djが遊べなくなる」等といった事は無い。だが、新たに筐体を増産したり、現行筐体のハードウェアを一新するといった行為は出来なくなってしまった。(実際、開発元が3S Entertainment、そしてSquare Pixelsに移行してもEz2Djの筐体の生産など行っていない。ただし、最近は筐体の部品の交換は行われている。しかし基板内部のアップデートではないため違法ではない。) そのため、性能およびハードウェア(使用しているPCマザーは最新作に至るまで無印のWIN98をOSにしている)の耐久力に限界が生じ始めている。上記の7th TraxやAzure ExpressioNのバージョンアップもHDDの使い回しによる下取り交換によるものである。

脚注[編集]

  1. ^ COURSEモードは、稼働当初は収録されていなかったが、バージョンアップで収録された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]