EXIT (芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EXIT
メンバー りんたろー。
兼近大樹
結成年 2017年12月22日
事務所 吉本興業
出身 東京NSC14期(りんたろー。)
東京NSC19期(兼近)
影響 トータルテンボス(りんたろー。)
又吉直樹 (ピース)(兼近)
旧コンビ名 SCANDAL(仮コンビ)
現在の活動状況 テレビ、ヨシモト∞ホールYouTube
芸種 漫才
ネタ作成者 りんたろー。(ベース)
兼近(エッセンス)
同期 ダイタク
ネルソンズ
山添寛(相席スタート
スパイク
インディアンス
セルライトスパなど
(りんたろー。)
8.6秒バズーカー
ジャンゴ
ゆめっち(3時のヒロイン
赤嶺総理
湘南パイプキャッツ
宮下草薙など
(兼近)
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

EXIT(いぐじぃっと)は、吉本興業東京吉本)所属の日本お笑いコンビ。2017年12月結成。現在はヨシモト∞ホールを中心に活動中。お笑い第七世代の一つ。

概要[編集]

ベイビーギャングを解散した後、ピン芸人としてチャラ漫談で活動していたりんたろー。に元ぷりずん。の兼近大樹が声をかけたのがきっかけで結成した[1]。元々はM-1グランプリに出場するためだけに結成した[1]。SCANDAL(スキャンダル)という仮コンビでM-1グランプリ2017に出場し、3回戦まで進出。2017年12月にEXITとして正式にコンビを結成。

コンビ名の由来は、「全ての人の辛いこと、ストレスの出口になれれば」とTwitterで説明している。

メンバー[編集]

りんたろー。( (1986-03-06) 1986年3月6日(33歳) - )ツッコミ担当
本名:中島 臨太朗(なかじま りんたろう)
兼近 大樹(かねちか だいき、 (1991-05-11) 1991年5月11日(28歳) - )ボケ担当
別名義:かねちー[6]
  • 北海道札幌市北区出身、身長172cm、O型、立ち位置は向かって右。
  • おじは、かつて札幌よしもとに所属していた元芸人[1]
  • 中卒(正確には定時制高校中退。妹のため仕事を優先して自主退学した[7])であり、兼近本人は「いと頭悪し」と話している[1]。定時制高校在学中から妹の学費を稼ぐために朝は新聞配達、昼は建設業のアルバイトをしていた[7]
  • 子供の頃、父が生活費のために、捕まえたクワガタを1匹50円で売っていたことを『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ)で明かした。
  • ホームレス経験がある[1]
  • 音楽に合わせて体中を鳴らすボディーミュージックという特技を持つ。
  • REA(L)OVE』(Netflix)に『又吉亮二』役として出演していた[8]
  • ヨシモト∞ホール関ジャニ∞リスペクトものまねユニット「あかんジャニ」に、「大倉ただの人」として参加している。
  • 20歳の時に初めて読んだ本が又吉直樹のエッセイ集『第2図書係補佐』で、これを読んだことがきっかけで又吉に憧れて芸人を志し最も影響を受けている[1]
  • テレビ番組で共演した経沢香保子の紹介により、ベビーシッターのアルバイトをしたことがある[1]
  • 2019年2月14日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)の「高校中退芸人」にて宮下草薙の草薙航基と親友であるということが発覚した[7]
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の年越し特番『笑ってはいけないシリーズ』にお仕置きの執行役(ケツバット要員)として過去に3回出演していたことを2019年2月21日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)で明かした。この際、「叩きやすいのは松本さん」とも語っている[9]
  • 徳井義実のチャックおろさせて〜や』(BSスカパー!)に『馬場俊樹』名義で出演していた[8]
  • 2019年9月5日、『週刊文春』により2011年11月に売春防止法違反(売春斡旋)で逮捕され罰金刑を受けたこと、2012年8月には現金1000万円入りの金庫を盗んだ窃盗容疑で逮捕され不起訴となったことなどがスクープされた[10][11]。いずれも芸能界デビュー前の犯罪歴であったが、「第29回東京ガールズコレクション2019」への出演キャンセル[12]、月曜レギュラーの『おはスタ』への出演が見合わせになる[13]などの影響が出た。吉本興業は、週刊文春の報道に際し「ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為」であるとした上で、未成年当時の犯罪を実名報道することは少年法にも反すると主張し、日本弁護士連合会に対して人権救済申し立てを行った旨を発表した[14][15]。また、兼近本人からは自伝的小説を執筆する旨が述べられた[11]

来歴[編集]

  • 2018年4月、ヨシモト∞ホールにて結成最速の単独ライブ完売を果たす[16]
  • 2018年7月に放送された『ゴッドタン』(テレビ東京系)の企画「この若手知ってんのか?」で『今のバラエティで売れそうな若手芸人』部門第1位に選ばれ、これをきっかけに活動の幅を広げていったとされている[1]
  • 2018年11月11日、ルミネtheよしもとにて結成最速の単独ライブ完売を果たす[17]
  • 2018年12月21日よりYouTubeチャンネル『EXIT Charannel』スタート(毎週金・土配信)。
  • 2018年12月23日のファーセカ∞チェンジにてヨシモト∞ホールのファーストクラスに昇格[18]
  • 2019年1月30日放送のお願い!ランキング「ネタサンド!」にて霜降り明星タイムマシーン3号カミナリM-1グランプリ優勝者や決勝進出者が揃う中、優勝に輝く[19]
  • 2019年2月2日、事務所の垣根を越えてホリプロコム所属のきつねとの日帰りバスツアー『ライブナタリーPresents きつね×EXITと行く!バレンタインチャラバスあざまる水産ツアー〜パワーあげみざわ、あーん∇してマジ卍PonPonPon!!いやきつねはKonKon!!うまいこと言わんでえぇねん〜』を開催。
  • 2019年4月19日、『アメトーーク』 に「相方やさしい芸人」のくくりでコンビとして出演。
  • 2019年8月18日、きつねとのクルージングイベント『ライブナタリー Presents きつね × EXIT 真夏の東京湾“チャラクルージング”~真夏の船上パーティDEションテンガルアー! バスじゃ乗り切れねぇから船でいい波ノッちゃって!! 魂~』を開催。

芸風[編集]

ネオ渋谷系漫才と称され[3]、二人ともにパリピ口調のチャラ男キャラでしゃべくり漫才を行う。ネタ作成はりんたろー。が中心に行っている[1]。ネタの締め台詞は「お後がHere we go」。この他、「バイブスいと上がりけり」などチャラい言葉と古い言葉を混ぜたネタが特徴でもある[1]

上記のような芸風になったきっかけは、似た芸風であるお笑いコンビ・ちゃらん婆を見た兼近が「これ本気出せば、このキャラで戦えるな」と感じたことから。ちゃらん婆の2人はEXITに対し、「そしたらマジで瞬殺で抜かれました」「びっくりするスピードでした」とコメントしている[20]

賞レースでの戦績[編集]

  • M-1グランプリ2017 3回戦敗退[注釈 1]
  • M-1グランプリ2018 3回戦敗退
  • 東京都消費生活センター 悪質商法THEライブ グランプリ
  • モンスト公式『モンスト一芸秀でている王選手権』 初代チャンピオン
  • 第4回 上方漫才協会大賞 大賞・新人賞ノミネート[21]
  • 第20回 決戦!お笑い有楽城 優勝 
  • Ⅿ‐1グランプリ2019 準々決勝敗退

出演[編集]

テレビ[編集]

  • おはスタ(2018年10月2日 - 12月25日(毎週火曜日にゲスト出演)、2019年1月8日 - 3月19日(火曜レギュラー)、2019年4月1日 - 9月2日[22](月曜レギュラー)、テレビ東京
  • THE突破ファイル(2019年5月23日 - 、日本テレビ)- 準レギュラー
  • ZIP!(2019年8月ゲストパーソナリティー)
  • 爆笑問題のシンパイ賞!!(2019年10月25日 - 、テレビ朝日) - 準レギュラー

ウェブテレビ[編集]

舞台[編集]

  • BOOK ACT「芸人交換日記」(2020年1月8日) - りんたろー(甲本役)

CM[編集]

MV[編集]

ライブ[編集]

Entrance(初単独ライブ)
とても趣がある夜〜ションテンガルアーいとおかしNight〜 単独トークライブ
  • 大宮ラクーンよしもと劇場、2018年9月30日
  • ヨシモト∞ドーム ステージI、2018年12月20日
  • ヨシモト∞ドーム ステージI、2019年2月24日 りんたろー。のみ
  • ヨシモト∞ドーム ステージI、2019年4月30日
  • ヨシモト∞ホール、2019年6月25日
  • ヨシモト∞ホール、2019年8月29日
  • ヨシモト∞ホール、2019年10月28日
  • ヨシモト∞ホール、2019年12月25日
『eleven』〜MAJI 卍 NIGHT〜
EXIT2019バズるための1dayファンミーティング
  • 大宮ラクーンよしもと劇場、2019年3月9日
EXIT初来日チャラ卍バイブスぶち上げJAPANツアー光×光それ即ち音になりけり〜おそくなってんじゃん〜
  • 静岡・えんてつホール、2019年5月12日
  • 北海道・BFHホール、5月18日
  • 福岡・よしもと天神ビブレホール、6月30日
  • 沖縄・よしもと沖縄花月、7月20日
  • 愛知・伏見JAMMIN'、8月3日
  • 宮城・日立システムズホール仙台 シアターホール、8月15日
  • 神奈川・横須賀市文化会館中ホール、8月31日
  • 東京・ルミネtheよしもと、9月27日[28]
FOxIT
FOxIT〜きつね×EXIT Halloween nightFES〜
  • ヨシモト∞ホール、2018年10月30日
FOxIT〜新元号は、舞次(MANJI)!間違いナイトプール〜
  • ヨシモト∞ホール、2019年5月24日

楽曲配信[編集]

  • 『Re;rize』2018年7月4日
  • 『ネオチャラ(フィーチャラリング DJ DEKKA)(デッカチャン)』2018年11月14日
  • 『NO MORE恋泥棒 featuring NUTS-ME(葵夏美)』2018年12月12日
  • 『ワンチャン・サマLOVE(EXIT featuring NANA)(山田菜々)』2019年7月17日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ SCANDAL(スキャンダル)として出場。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 日経エンタテインメント! 2019年3月号 p.85「バラエティびとNEO」
  2. ^ お笑いコンビ「EXIT」、“うさぎ跳び”的伝統の笑いに反逆!?(長谷川まさ子) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2019年8月3日閲覧。
  3. ^ a b 元相方の不祥事によって生まれた? 話題の“ネオ渋谷系”漫才コンビ”. リアルライブ (2018年7月22日). 2019年2月5日閲覧。 なお音楽ジャンルのネオ渋谷系とは特に類似点はなく、若者言葉の使用から渋谷系漫才と呼ばれたトータルテンボスの流れといえる。
  4. ^ a b 威力”. よしもと芸人 ベイビーギャング りんたろーの「明日晴れたら」 (2013年8月21日). 2019年2月5日閲覧。など
  5. ^ 夏にも関わらずロケで長袖 着たりして誠に申し訳” (日本語). Twitter @rinnxofficial りんたろー from EXIT (2019年8月2日). 2019年8月6日閲覧。
  6. ^ “EXIT、期間限定で改名を発表 かねちぃ「名前なんて記号でしかない」 りんたろー「しっくり来たらそのまま」”. ORICON NEWS. (2019年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2136500/full/ 2019年5月30日閲覧。 
  7. ^ a b c アメトーーク! 2019年2月14日(木)”. gooテレビ (2019年2月14日). 2019年2月23日閲覧。
  8. ^ a b 初ゴールデン!トレンドにしてくれてせんきゅすふぃーばー ハッピー貧乏→鳶職バカヤンキー→芸人→ガキ使けつ叩き隊→ペロペロハウス(馬場ちゃん)→ミストマン(アイドル)→リアルラブ(又吉)→EXIT 簡単に説明するとこの流れな? 復習しとけー” (日本語). Twitter @kanechi_monster EXIT 兼近 (2019年2月22日). 2019年8月19日閲覧。
  9. ^ 『笑ってはいけない』のケツバット要員が暴露!「叩きやすいのは松本さん。浜田さんは往生際が悪い」”. RBB TODAY. 株式会社イード (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ 吉本芸人EXIT兼近は少女売春あっせんで逮捕されていた”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2019年9月4日). 2019年10月23日閲覧。
  11. ^ a b “EXIT兼近、2度の逮捕を激白「過去で人を裏切った」自伝小説も執筆中”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2019年10月4日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191004/sca19100422040003-n1.html 2019年10月23日閲覧。 
  12. ^ “EXIT出演見合わせ TGC実行委員会が「総合的に判断」”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2019年9月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/07/0012678865.shtml 2019年10月23日閲覧。 
  13. ^ “逮捕歴判明の兼近大樹が組む「EXIT」テレ東「おはスタ」出演見合わせ「番組内容などを総合的に判断」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/05/kiji/20190905s00041000200000c.html 2019年10月23日閲覧。 
  14. ^ 吉本興業、EXIT兼近大樹さんの人権救済を申し立て。前科を報道した「週刊文春」に抗議”. ハフポスト日本版 (2019年9月19日). 2019年10月23日閲覧。
  15. ^ “人権救済申立てにつきまして” (プレスリリース), 吉本興業, (2019年9月18日), https://www.yoshimoto.co.jp/corp/news/media/media190918.html 2019年10月23日閲覧。 
  16. ^ 結成2ヶ月!EXIT単独ライブ「Entrance」完売御礼!会場限定グッズのお知らせ!”. よしもとニュースセンター. 2019年2月19日閲覧。
  17. ^ 初単独のルミネで"チャラ漫才"満載!EXITライブレポート”. よしもとニュースセンター. 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ 魔人無骨、ダンビラ、EXIT、オズワルドが∞ホールのファーストクラス入り
  19. ^ EXIT、緻密なネタでM-1王者霜降り明星ら抑え漫才バトル優勝”. お笑いナタリー. 2019年2月19日閲覧。
  20. ^ “EXIT兼近、コンビ結成のきっかけとなった芸人を明かす「このキャラで戦える…」”. E-TALENTBANK. (2019年9月5日). https://e-talentbank.co.jp/news/108999/ 2019年9月5日閲覧。 
  21. ^ からし蓮根、EXITら「上方漫才協会大賞」大賞&新人賞ダブルノミネート”. お笑いナタリー. 2019年2月19日閲覧。
  22. ^ “EXIT「おはスタ」見合わせ「ゴッドタン」は出演”. 日刊スポーツ. (2019年9月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909050000801.html 2019年9月6日閲覧。 
  23. ^ EXIT初メインMC番組決定!現役大学生が、大学対抗の闘いに挑む新番組「大学キングダム」11月16日(土)より放送開始” (日本語). AbemaTIMES (2019年11月1日). 2019年11月1日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “EXITがメインMCの新番組AbemaTVで始動(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年11月1日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “EXITがテレビCM初出演!ゲーム「釣りスピリッツ」にバイブスいとあがりけり(コメントあり / 動画あり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年8月3日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha. “卍ダンス!Non Stop Rabbitとお笑いコンビEXITのコラボMV公開(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年12月5日閲覧。
  27. ^ Inc, Natasha. “アントニー&EXIT、清水翔太の新曲MVでナイトプールを満喫(動画あり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年12月5日閲覧。
  28. ^ EXIT、全国7都市で単独ツアーぶっかま!地元凱旋も”. お笑いナタリー (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]