ERMファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ezrin/radixin/moesin family
1E5W.png
モエシンのN末端ドメインの結晶学的構造[1]
識別子
略号 ERM
Pfam PF00769
InterPro IPR011259
SCOP 1ef1
SUPERFAMILY 1ef1

ERMファミリー(ERM protein family)は、3つの密接に関連するタンパク質であるエズリン[2]ラディキシン[3]及びモエシン[4][5]からなる。脊椎動物はこの3つのパラログを持つが、その他の種はERM遺伝子を1つだけ持つ。従って、脊椎動物のパラログは遺伝子重複により生じたと考えられている[6]

ERMタンパク質は、進化を通じて高度に保存されている。脊椎動物、ショウジョウバエ属カエノラブディティス・エレガンスホモログN末端及びC末端には、75%以上の相動性が見られる[7]

構造[編集]

ERMタンパク質は、以下の3つのドメインを含む[5]

  • FERMドメインと呼ばれるN末端の球状ドメイン。このドメインがあるため、ERMファミリーのタンパク質は細胞膜の膜内在性タンパク質や細胞膜の下にある足場タンパク質と相互作用することができる[6]。FERMドメインは、F1,F2,F3の3つのサブドメインから構成され、クローバーの葉状に配置している。
  • 伸長したαヘリックスドメイン
  • 荷電C末端ドメイン。このドメインがF-アクチンとの相互作用を介在する。

エズリン、ラディキシン及びマーリンは、中央のへリックスとC末端ドメインの間にポリプロリン領域を持つ。

機能[編集]

ERMタンパク質は、マイクロフィラメント細胞膜を架橋する。マイクロフィラメントと細胞膜の相互作用部位にCD44と共在しており、N末端でCD44と、C末端でマイクロフィラメントと結合している[5][8]

モエシンは、N末端のFERMドメインで微小管in vitroで直接結合し、in vivoでは細胞皮質内で微小管を安定させる。この相互作用は、有糸分裂における特殊なERM依存機能に必要である[9]

活性化[編集]

ERMタンパク質は高度に制御されたタンパク質であり、以下の2つの形で存在する[6][7]

  • FERMドメインはF-アクチン結合部位と相互作用し、この相互作用がERMタンパク質の折り畳み型を維持する。この状態では、内在性タンパク質やアクチンとの結合が阻害され不活性となっている。
  • この相互作用がなければ、ERMタンパク質は非折り畳み型を取り、分子が開いて活性型となる。

培養細胞では、約80-85%[10]が折り畳み型を取る。

現在のモデルでは、以下の2段階を経るとされる[11]

  • 最初に、ホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸が細胞膜と相互作用し、ERM分子が拓くのを誘導する。
  • 次に、未同定のキナーゼがC末端ドメインの高保存領域のトレオニンをリン酸化し、このリン酸化が分子が開いた状態を安定化する。

出典[編集]

  1. ^ PDB 1E5W; “The 2.7 Å crystal structure of the activated FERM domain of moesin: an analysis of structural changes on activation”. Biochemistry 40 (24): 7061–8. (June 2001). doi:10.1021/bi010419h. PMID 11401550. 
  2. ^ Bretscher A (August 1983). “Purification of an 80,000-dalton protein that is a component of the isolated microvillus cytoskeleton, and its localization in nonmuscle cells”. J. Cell Biol. 97 (2): 425-32. doi:10.1083/jcb.97.2.425. PMC: 2112519. PMID 6885906. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2112519/. 
  3. ^ “A new 82-kD barbed end-capping protein (radixin) localized in the cell- to-cell adherens junction: purification and characterization”. J. Cell Biol. 108 (6): 2369-82. (June 1989). doi:10.1083/jcb.108.6.2369. PMC: 2115614. PMID 2500445. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2115614/. 
  4. ^ “A heparin-binding protein involved in inhibition of smooth-muscle cell proliferation”. Biochem. J. 251 (3): 831-42. (May 1988). PMC: 1149078. PMID 3046603. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1149078/. 
  5. ^ a b c “ERM proteins: head-to-tail regulation of actin-plasma membrane interaction”. Trends Biochem. Sci. 22 (2): 53-8. (February 1997). doi:10.1016/S0968-0004(96)10071-2. PMID 9048483. 
  6. ^ a b c “ERM proteins and merlin: integrators at the cell cortex”. Nat Rev Mol Cell Biol 3 (8): 586-99. (August 2002). doi:10.1038/nrm882. PMID 12154370. 
  7. ^ a b “ERM proteins in epithelial cell organization and functions”. Biochim Biophys Acta 1773 (5): 653-60. (May 2007). doi:10.1016/j.bbamcr.2006.06.013. PMID 16904765. 
  8. ^ “Ezrin/Radixin/Moesin (ERM) Proteins Bind to a Positively Charged Amino Acid Cluster in the Juxta-Membrane Cytoplasmic Domain of CD44, CD43, and ICAM-2”. J. Cell Biol. 140 (4): 885-95. (February 1998). doi:10.1083/jcb.140.4.885. PMC: 2141743. PMID 9472040. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2141743/. 
  9. ^ “The actin-binding ERM protein Moesin binds to and stabilizes microtubules at the cell cortex”. J. Cell Biol. 202 (2): 251-60. (July 2013). doi:10.1083/jcb.201304052. PMC: 3718980. PMID 23857773. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3718980/. 
  10. ^ “Morphogenic Effects of Ezrin Require a Phosphorylation-Induced Transition from Oligomers to Monomers at the Plasma Membrane”. J. Cell Biol. 150 (1): 193-203. (July 2000). doi:10.1083/jcb.150.1.193. PMC: 2185562. PMID 10893267. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2185562/. 
  11. ^ “Phosphoinositide binding and phosphorylation act sequentially in the activation mechanism of ezrin”. J. Cell Biol. 164 (5): 653-9. (March 2004). doi:10.1083/jcb.200307032. PMC: 2172172. PMID 14993232. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2172172/.