EF-Mレンズマウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キヤノン EF/EF-S アダプター, 22mm 単焦点レンズと 18-55mm 標準ズームレンズ

キヤノンEF-Mマウント(キャノン イーエフエム マウント)は、キヤノンミラーレスカメラ用のレンズマウントである

概要[編集]

ミラーレスカメラであるキヤノン EOS M用に開発されたレンズマウントである。 2012年に発売開始。

EF-Sマウントレンズと比較すると、AF/MF切り替えスイッチが無い等の相違点がある。

純正のEF/EF-Sマウントアタプターを介してEFマウントのレンズの一部を取り付け可能である。その際のAF/MF等の設定はレンズ側が本体側より優先される。

画像[編集]

リスト[編集]

焦点距離 焦点距離イメージ

(35mm判換算)

F値 発売年 マクロ STM IS フィルタ径
11–22mm 17.6–35.2 mm f/4–5.6 2013 No Yes Yes 55mm
18–55mm 28.8–88 mm f/3.5–5.6 2012 No Yes Yes 52mm
55-200mm 88-320 mm f/4.5-6.3 2014 No Yes Yes 52mm
22mm 35.2 mm f/2 2012 No Yes No 43mm
15-45mm 24-72 mm f/3.5-6.3 2015 No Yes Yes 49mm
28mm 45 mm f/3.5 2016 Yes Yes Yes 43mm
18-150mm 28.8–240 mm f/3.5 – 6.3 2016 No Yes Yes 55mm
32mm 51.2 mm f/1.4 2018 No Yes No 43mm


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]