ECMAScript for XML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ECMAScript for XMLE4X)は、ECMAScriptActionScriptDMDScriptJavaScriptJScript を含む)にネイティブのXMLサポートを追加するプログラミング言語拡張である。その目的は、DOMインタフェースの代替として、単純な構文でXML文書にアクセスできるインタフェースを提供することである。E4Xがリリースされるまで、XMLへのアクセスには常にオブジェクトレベルが関与していた。E4XではXMLを文字や整数と同様のプリミティブ型として扱う。そのため、アクセスが高速化され、サポートが容易になり、プログラムの構成要素(データ構造)としても扱いやすくなる。

E4XはEcmaインターナショナルECMA-357 (PDF) として標準化した。初版は2004年6月に公表され、第2版が2005年12月に公表された。

E4Xは、2014年にMozilla Foundationによって非推奨とされている[1]

[編集]

var sales = <sales vendor="John">
    <item type="peas" price="4" quantity="6"/>
    <item type="carrot" price="3" quantity="10"/>
    <item type="chips" price="5" quantity="3"/>
  </sales>;
 
alert( sales.item.(@type == "carrot").@quantity );
alert( sales.@vendor );
for each( var price in sales..@price ) {
  alert( price );
}

実装[編集]

最初の実装は Terry Lucas と John Schneider が設計したもので、2002年2月にリリースされたBEAシステムズの Weblogic Workshop 7.0 に含まれていた。BEAの実装は Rhino に基づくもので、E4X の標準化が完了する以前にリリースされている。リリース時、John Schneider は BEA の XML 拡張について記事を書いた。E4X言語以前のリファレンス文書が現在も公開されている[1]

E4Xは、SpiderMonkeyGeckoJavaScriptエンジン)や Rhino(同じくMozilla用にJavaで書かれたJavaScriptエンジン)で実装されている。

Mozilla Firefox は Gecko ベースなので、E4X を使ったスクリプトを実行可能であった(バージョン1.5以降)が、Firefox 17から段階的に無効化され、同21で削除される予定である[2]。なお、Firefox 1.5 で正しくスクリプトを実行するには、スクリプトの type 属性の最後に "; e4x=1" を追加する必要がある(例えば、<script type="application/javascript; e4x=1">)。

アドビの ActionScript 3 でも E4X を完全サポートしている。これが公式にリリースされたのは、2006年の Adobe Flex 2.0 と Flash Player 9 の一部としてである。他に、Flash CS3、Adobe AIRAdobe Acrobat/Reader(8.0以降)でもサポートされている。

Aptanaの Jaxer Ajax アプリケーションサーバは、Mozilla のエンジンをサーバ側で使っているため、E4X に対応している。

コンテンツ管理システム (CMS) の Alfresco Community Edition 2.9B でも E4X をサポートしている。

批判[編集]

多くのE4X実装は、DOMノードとE4Xモデルの間で、インポート/エクスポートする手段を提供していない。

競合規格[編集]

JSON[編集]

JSONは XML の代替となる可能性がある。JSON は XML に似たオブジェクト指向のデータ記述言語である。JSON は ECMA-404 として ECMAインタナショナル により標準化されており、JavaScript からは、 JSON オブジェクトのメソッドにより操作する。

上掲の例を JSON を使った場合、次のようになる。

const json = `{
  "vendor": "John",
  "items": [
    { "type": "peas",   "price": 4, "quantity":  6 },
    { "type": "carrot", "price": 3, "quantity": 10 },
    { "type": "chips",  "price": 5, "quantity":  3 }
  ]
}`;
const sales = JSON.parse(json);

alert(sales.items.find(item => item.type === "carrot").quantity);
alert(sales.vendor);
sales.items.forEach(item => alert(item.price));

DOMParser[編集]

JavaScript には、XML や HTML の文字列から DOM の Document クラスを生成する DOMParser インターフェイスが用意されている。

E4X の例を DOMParser インターフェイスを使った場合、次のようになる。

const xml = `<sales vendor="John">
    <item type="peas" price="4" quantity="6"/>
    <item type="carrot" price="3" quantity="10"/>
    <item type="chips" price="5" quantity="3"/>
</sales>`;

const parser = new DOMParser();
const sales = parser.parseFromString(xml, 'text/xml');
const items = Array.from(sales.getElementsByTagName("item"));
alert(items.find(item => item.getAttribute("type") === "carrot").getAttribute("quantity"));
alert(sales.getElementsByTagName("sales").item(0).getAttribute("vendor"));
items.forEach(item => alert(item.getAttribute("price")))

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]