EASY LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EASY LOVE/BITCH AS WITCH
氷室京介シングル
初出アルバム『IN THE MOOD
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI/キャピトル・レコード
プロデュース 氷室京介
チャート最高順位
氷室京介 シングル 年表
Wild Romance
2004年
EASY LOVE/BITCH AS WITCH
2006年
ANSWER
(GLAY feat. KYOSUKE HIMURO)
(2006年)
テンプレートを表示

EASY LOVE』(イージー・ラブ)は氷室京介の24枚目のシングル

内容[編集]

  • 約1年5ヶ月ぶりにリリースしたシングル。当初は「BITCH AS WITCH/SWEET REVOLUTION」が2006年1月25日に発売される予定であったが、2005年12月に発売が2月8日に延期され、さらに「SWEET REVOLUTION」が「EASY LOVE」に差し替えられ、結局2006年2月8日に「EASY LOVE/BITCH AS WITCH」として発売された(なお、このシングルから漏れた「SWEET REVOLUTION」は2006年10月8日に25thシングルとして発売された)。「EASY LOVE」の作詞を久しぶりに松井五郎が手掛けているが、これは森雪之丞が多忙であったことが理由である。プロモーションビデオは2005年12月31日に行われたカウントダウンライブからの映像を使用した、モノトーンで落ち着いた雰囲気のものとなっている。着うた総合サイトmusic.jpのCMで流れる。

収録曲[編集]

  1. EASY LOVE
    • 作詞:松井五郎 / 作曲・編曲:氷室京介
    本作ではシングルバージョンを収録。
  2. BITCH AS WITCH
    • 作詞:森雪之丞 / 作曲・編曲:氷室京介
    前曲と同様に、本作ではシングルバージョンを収録。

収録アルバム[編集]

EASY LOVE

BITCH AS WITCH

  • IN THE MOOD (アルバムバージョン)

参加ミュージシャン[編集]

  • マイケル・ランドゥ - ギター
  • デイル・ピアス - ギター
  • ロミー・アントン - ドラム
  • ジョッシュ・フリーズ - ドラム
  • トニー・フランクリン - ベース
  • ビリー・モーラー - ベース

関連項目[編集]