E.S.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

E.S.T.(イー・エス・ティー、Esbjörn Svensson Trio)は、スウェーデンジャズトリオ

1993年に結成、その後、「エスビョルン・スヴェンソン・トリオ(Esbjörn Svensson Trio)」から「E.S.T.」に改名する。クラシック音楽ロックの要素も感じさせる新しいジャズを追求している。

2008年6月14日、ピアニストエスビョルン・スヴェンソン英語版が、休暇中にストックホルム郊外のストックホルム群島でスキューバダイビング中の事故により44歳で死去。2013年以降、マグヌス・オストロムとダン・ベルグルンドがハンス・エックと組み「project e.s.t. symphony」としてe.s.t.の曲を交響曲風に演奏するツアーを行なっている。

メンバー[編集]

受賞[編集]

エスビョルン・スヴェンソンは1995年と1996年に「スウェーデン・ジャズミュージシャン・オブ・ザ・イヤー(Swedish Jazzmusician of the Year)」、1998年には「スウェーデン・ソングライター・オブ・ザ・イヤー(Swedish Songwriter of the Year)」を受賞。1997年の『Winter in Venice』はスウェーデンでのグラミー賞を受賞。

2002年の『Strange Place For Snow』はドイツの「ドイツ年間批評家賞(Jahrespreis der Deutschen Schallplattenkritik)」「ドイツジャズ賞」フランス・「ジャズマン」誌の「今年のショック(Choc de l'année)賞」、フランスの「ジャズ大賞(Victoire du Jazz)」、MIDEM「祭典の革命賞(Revolution of the Festival)」等を受賞。2004年にはヨーロピアン・アーティスト・オブ・ザ・イヤーに当たる「ハンス・コラー賞(Hans Koller prize)」を受賞。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1993年 – When Everyone Has Gone(Dragon)
  • 1996年 – Esbjörn Svensson Trio Plays Monk(Diesel Music)
  • 1997年 – Winter in Venice(Diesel Music)
  • 1999年 – From Gagarin's Point of View(Superstudio Gul)
  • 2000年 – Good Morning Susie Soho(Superstudio Gul)
  • 2002年 – Strange Place for Snow(Superstudio Gul)
  • 2003年 – Seven Days of Falling(Superstudio Gul)
  • 2005年 – Viaticum(SpamBooLimbo)
  • 2006年 – Tuesday Wonderland(ACT)
  • 2008年 – Leucocyte(ACT)
  • 2012年 – 301(ACT)

ライブ・アルバム[編集]

  • 1995年 – e.s.t. Live '95(ACT Music + Vision
  • 2005年 – Live in Berlin(ACT)
  • 2007年 – Live in Hamburg(ACT)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 2001年 – Somewhere Else Before(ACT)
  • 2009年 – Retrospective – The Very Best of e.s.t.(ACT)

コラボレーション[編集]

  • 1996年 – Kära du (Louise Hoffsten、Lasse Englundと)
  • 1997年 – Intromotion (Krister Anderssonと)
  • 1999年 – Ballads (Nils Landgrenと)
  • 2005年 – Jag vill aldrig mer vara ful och ensam (Kristina Lugnと)

DVD[編集]

  • 2003年 – Live in Stockholm(ACT)

外部リンク[編集]