Dynamic synchronous Transfer Mode

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP / ECN

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN, FDDI)

カテゴリ

Dynamic synchronous Transfer Mode(DTM)は、ダイナミック同期転送モードで、動的な帯域制御を可能にしたTDM拡張技術である。

光ファイバーを使用した100パーセントのQoSを実現するメトロポリタン・エリア・ネットワーク(MAN)向けの伝送システム。音声・動画・データの帯域を動的に制御する時分割多重化をベースとしたサーキットスイッチであり、音声・動画・データの統一した統合ネットワークを成立させた。

関連項目[編集]