Dr. MARIO & 細菌撲滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオシリーズ > Dr. MARIO & 細菌撲滅
Dr. MARIO & 細菌撲滅
Dr. Mario Online Rx
Dr. Mario & Germ Buster
ジャンル アクションパズル
対応機種 WiiWiiウェア
開発元 ARIKA
発売元 任天堂
シリーズ ドクターマリオ
人数 Dr. MARIO: 1 - 2人
細菌撲滅: 1 - 4人
発売日 日本の旗 2008年3月25日
オーストラリアの旗欧州連合の旗 2008年5月20日
アメリカ合衆国の旗 2008年5月26日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス Wiiリモコン
クラシックコントローラ[1]
ニンテンドーゲームキューブ用コントローラ[1]
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
プログレッシブ出力非対応
ワイド表示対応
使用ブロック数[2]: 86ブロック(11MB相当)
テンプレートを表示

Dr. MARIO & 細菌撲滅』(ドクターマリオ アンド さいきんぼくめつ)は、Wii用サービス・Wiiウェア専用ダウンロードコンテンツゲーム。2008年3月25日のWiiウェアサービス開始と共に配信されたタイトルの1つである。『ドクターマリオ』とニンテンドーDS用ソフト『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』に収録されている『細菌撲滅』の2つのパズルゲームがリメイクされて収録されている。ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応。

2014年1月15日には、キャラクターをルイージに差し替え、追加要素を加えたWii Uダウンロードソフト『Dr. LUIGI & 細菌撲滅』(ドクタールイージ アンド さいきんぼくめつ)が、2015年5月31日にはニンテンドー3DSダウンロードソフト『Dr.MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅』が配信開始された。

Dr. MARIO[編集]

本作はニンテンドーWi-Fiコネクションを利用したオンライン対戦に対応し、遠くに離れたプレイヤーと対戦ができる。また、対戦相手が本ソフトを購入していなくても、WiiConnect24を利用して『フレンドタイセン限定版 Dr. MARIO』をプレゼントする(無料)ことで対戦することができる[3]。コントローラーはWiiリモコン横持ちに加え、Wiiリモコン+ヌンチャククラシックコントローラーニンテンドーゲームキューブ用コントローラーも対応している。

ゲームモード[編集]

オリジナル
ゲームオーバーになるまでプレイするモード。ハイスコアはレベル単位になっているため、持ち越しはできない。レベル20をクリアするとレベル21以降をプレイできるが、ゲームボーイアドバンス版と違ってレベル選択は20までになっており、レベル21以降は選択できない。ゲームオーバーになっても、ゲームオーバーになったレベルからコンティニュー可能(ハイではレベル21以降不可能)。オプションでキャラクターをMiiにすると、マリオに変わってプレイヤーデータに使われているMiiに変更できる(ランダムに選ぶとランダム作成されたMiiが登場する)。
VS COM
コンピュータとオリジナルの対戦をする。先にウイルスを全部消すと勝ちで、カプセルが出る部分に積み上げると負けになる。設定はオリジナルと同じでCOMのレベルを3段階選べる。連鎖したり同時消しをすると、相手にハーフカプセルを最大4個まで降らせ、タイムロスさせることができる。キャラクターは1Pがプレイヤーデータに使われているMiiで、COMはランダム作成したMiiが登場する。
フラッシュ
ルールはオリジナルと同じだが、オリジナルと異なり、光っている3匹のウイルスを消していく対戦。先に光っているウイルスを全部消すと勝ちで、オリジナルと同様にカプセルが出る部分に積み上げると負けになる。キャラクターと設定は『VS COM』と同じ。ウイルスの量は3段階から選べる。
VS 2P
プレイヤー同士と対戦するモードで、オリジナルとフラッシュの2つの対戦が選べる。設定は『VS COM』と同じで、キャラクターのMiiは自由に変更でき、1Pのプレイヤーデータに使われているMii以外でも変更できる。
Wi-Fiコネクション
ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続して、世界中のプレイヤーと対戦ができる。対戦はオリジナルとフラッシュの2つの対戦が選べる。対戦をするとランキングに影響して、自分のランキングとトップ10のランキングを見ることができる。
限定版送信
WiiConnect24を利用して登録されているフレンドに『フレンドタイセン限定版 Dr.MARIO』を送信する。受信側にはWii伝言板にメッセージが届き、メッセージの右下の「はじめる」を選択すると『フレンドタイセン限定版 Dr.MARIO』のダウンロードが開始される。フレンドタイセン限定版はWi-Fiコネクションで登録されている製品版のプレイヤーのみ対戦でき、オリジナルとフラッシュの2つ選べる。フレンドタイセン限定版同士の対戦は不可能でそれ以外のモードは遊べない。
操作方法と解説
操作方法とルールの解説とテクニックを見ることができる。
オプション
キャラクターの設定、上ボタンで即落下の設定、プレイヤーデータのMiiの変更の3つの設定ができる。

細菌撲滅[編集]

もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』に収録の『細菌撲滅』をWii用にアレンジし、最大4人までプレイ可能になった。Wiiリモコンを縦に持って、カプセルをポインターに合わせてボタンを押し続けて移動でき、ボタンを押すと回転可能。消した時にカプセルが落下中に移動することができる。オンライン対戦には対応していない。

ゲームモード[編集]

ゲームスタート
細菌撲滅のゲームをプレイする。設定などは『Dr.MARIO』のオリジナルと同じだが、難易度によって落下するスピードとカプセルが降ってくる数が変化する。登場するキャラクターはプレイヤーデータに使用されているMiiの他、似顔絵チャンネルで作ったMiiも助手として登場する。最大4人まで協力プレイでき、分担プレイできる。Miiとウイルスをポインターに合わせてボタンを押すと、しゃべったり笑ったりする。レベル20をクリアすると21以降もプレイできるが、レベル21以降にいってもレベル選択は20までしか選べない。ゲームオーバーになっても、ゲームオーバーになったレベルからコンティニュー可能(こちらもハイではレベル21以降不可能)。ハイスコアはレベル単位しか記録されず、貯めたスコアを次のレベルの持ち越しができない。
操作方法とルール
操作方法とルールを見ることができる。

Dr. LUIGI & 細菌撲滅[編集]

Dr. LUIGI & 細菌撲滅
ジャンル アクションパズル
対応機種 Wii U
開発元 ARIKA
発売元 任天堂
シリーズ ドクターマリオ
メディア ダウンロード専用タイトル
発売日 日本の旗 2014年1月15日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

2013年12月18日のNintendo Directで発表された。キャラクターがマリオの代わりにルイージとなり、2つのカプセルをL型に組み合わせたL型カプセルが新たに登場する(従来のノーマルカプセルモードもある)。

細菌撲滅はWii U GamePadの縦持ちプレイ(タッチパネル対応)も可能。

Dr.MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅[編集]

Dr.MARIO ギャクテン!特効薬 & 細菌撲滅
ジャンル アクションパズル
対応機種 ニンテンドー3DS
発売元 任天堂
シリーズ ドクターマリオ
人数 1人(通信時は2人)
メディア ダウンロード専用タイトル
発売日 日本の旗2015年5月31日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 ローカルプレイ対応
ダウンロードプレイ対応
インターネットプレイ対応
テンプレートを表示

2015年5月31日にニンテンドー3DSダウンロードソフトとして配信開始された。通信では2人まで対戦する事が出来る。また、ローカルプレイ、ダウンロードプレイ、インターネットプレイに対応しており、ニンテンドー3DSシリーズの本体が2台あれば対戦が出来る。

新たに特効薬というアイテムが追加された。

ゲームモード[編集]

Dr.MARIO[編集]

元祖『ドクターマリオ』が遊べるモード。このソフトの1人用モードではスタンダードとエンドレスとVSCOMがある。

Dr.LUIJI[編集]

2つのカプセルをL型に組み合わせたL型カプセルが登場するモード。1人用モードではスタンダードとエンドレスとVSCOMがある。

細菌撲滅[編集]

を縦に持ち、タッチペンで操作するモード。このソフトで唯一特効薬が使用出来ないモードである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Dr. MARIOのみ対応
  2. ^ セーブデータ使用ブロック数は含まない。
  3. ^ 対戦相手の「Wiiばんごう」をWii伝言板のアドレス帳に登録する必要がある。

外部リンク[編集]