Direct2Drive

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Direct2Drive
URL direct2drive.com
スローガン "Download today. Own forever."
営利性 商用
タイプ ゲームダウンロード販売
登録 購入する場合必要
運営者 GameFly英語版
設立日 2004年
現状 運営中

Direct2Drive(通称:D2D)とはコンピュータゲームのダウンロード販売サイトである。2011年5月25日にIGNエンターテインメントグループはDirect2DriveをGameFly英語版に売却した[1]

Steamとの競合[編集]

Direct2DriveはValve Corporationが運営するSteamの競合相手として「その他有名なダウンロード販売サイト」と表現される[2]。ゲームニュースサイトであるKotakuが2010年に行った調査によると回答者30,000人のうち8%がDirect2Driveでゲームを購入していると回答した[3]。Steamはウェブサイトだけでなくダウンロード可能なクライアントを通して購入出来るのに対し、D2Dはウェブサイトのみでの購入である。また、D2Dでは本格的なクライアントを提供していないが無料ダウンロードマネージャーは提供している。さらに、ダウンロード機能など多くの機能はかつての姉妹サイトだったGameSpy英語版 software Comradeから入手できる。

歴史[編集]

IGNはサービスが開始された2004年から「急激に売上が伸びた」と発表している。ゲーム会社300社以上と提携し、3,000タイトル以上のゲームが配信された[4][5]。Direct2Driveはゲームプレイの素晴らしさとデザインの革新さを表現するインディーゲーム開発者を表彰するとしてD2D Vision Awardと呼ばれる賞金10,000ドルのIndependent Games Festival英語版を開催している[6]。2009年、Value社のSteamworksが搭載されたことを理由にActivisionのコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2の販売をしないことを発表した。Direct2Driveなどでモダン・ウォーフェア2を買ったユーザーはSteamクライアントのダウンロードとインストールを余儀なくされた[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]