dip in the pool

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
dip in the pool
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ポップ
アンビエント
活動期間 1983年 - 現在
レーベル MOON RECORDS(1986年 - 1991年)
EPIC/SONY(1993年 - 1997年 )
grandisc(1997年 - )
共同作業者 佐久間正英清水靖晃窪田晴男富家哲トニー・レヴィンミノ・シネルモーガン・フィッシャーピーター・シェラー
公式サイト dip in the pool
メンバー 甲田益也子
木村達司

dip in the pool(ディップ・イン・ザ・プール)は、日本の音楽ユニットである。 ファッションモデルとしてカリスマ的な人気のあったボーカルの甲田益也子とキーボードの木村達司によって1983年に結成された。

メンバー[編集]

  • 甲田益也子 - 作詞・ボーカル
  • 木村達司 - 作曲・編曲・トラック

略歴[編集]

独特な音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、1985年、イギリスはラフ・トレード・レコード、ヨーロッパほかではヴァージン・レコード、日本ではアルファ・ムーン・レコードよりデビュー。以来、木村達司の作る繊細でミニマルなトラックと透明感のある甲田益也子のボーカルのマッチングによる浮遊感のあるONE AND ONLYのスタイルをブレる事無く貫き続けている。

「Miracle Play 天使が降る夜」は丸井の1987年のクリスマスCMソングに起用され代表曲の一つとなる。

1991年にはWEA香港の招きによりアジア・プロモーションも展開し成功を収める。

その後もマイペースに活動を続けながら、甲田益也子は1989年に映画『ファンシィダンス』で役者としてもデビュー、1999年、手塚眞監督作品『白痴』で映画初主演。木村達司は他アーティストのプロデュースやアレンジ、CMや映画音楽を多数手がけるなど、個々の活動も多彩に展開している。

1997年に木村達司が主宰するレーベルgrandiscより『WONDER 8』発表した後に一時活動休止するまで、そのレコーディング参加したミュージシャンは、佐久間正英清水靖晃窪田晴男富家哲トニー・レヴィン、ミノ・シネル、モーガン・フィッシャー、ピーター・シェラー(アンビシャス・ラバーズ)、といった個性豊かな実力者ばかりであった。

1998年にはgrandiscより、木村達司総合プロデュースの下、作曲及びプロデューサーに、細野晴臣、清水靖晃、テイ・トウワゴンザレス三上、ピーター・シェラー、etc.という豪華な顔ぶれを迎えた甲田益也子のソロアルバム『jupiter』をリリース。

2006年にBBMCより発売のオムニバスアルバム「春」に、ヘンデル作「LASCIA CH’IO PIANGA」のカバーで参加。

2011年に14年ぶりのアルバム『brown eyes』をリリース。

アルバム[編集]

シングル[編集]

  • dip in the pool(1985/9/25) - 4曲入り12inchシングル
  • 太陽のしっぽ Rabo del sol(1986/5/25) - 4曲入り12inchシングル
  • 黒いドレスの女〜Ritual〜(1987/2/25) - 映画『黒いドレスの女』主題歌
  • Miracle Play 天使が降る夜(1987/12/10、7inchEP) - 丸井CMソング
    後に(1988/11/10)8cmCD化、CDのジャケットは2種類存在する。
  • マルイ月トゥスヰート(1989/2/25) - ポーラ化粧品CMソング
  • 君の声聞きたい Voices and Wishes(1993/6/2)
  • 虹のしるし(1993/11/1)
  • 青く光る夜のプール(1994/7/1) - エプソンCMソング
  • 君の瞳に映る私(1994/10/21)
  • Miracle Play 天使が降る夜(1995/11/1、12cmCD) - 1987年シングル曲のリメイク

映像作品[編集]

  • dipping(1989年5月25日、VHS)
    後に(1991/6/25)内容を追加しジャケットを差し替えてVHS、LDで再リリース。2015年10月7日にDVDで再リリース。
  • KM93.11(1994/3/21、VHS・LD)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]