Delfi-C3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Delfi-C3
Delfi-C3-Stowed.JPG
所属 デルフト工科大学
衛星バス CubeSat 3U[1]
任務 技術実証
打上げ日時 2008-04-28
輸送ロケット PSLV-CA (C-9)
打上げ場所 サティシュ・ダワン宇宙センター
COSPAR ID 2008-021G
公式サイト Delfi-C3 - Home
質量 2.2 kg
消費電力 2.5 W
電池 なし
軌道要素
軌道 低軌道

Delfi-C3はオランダのデルフト工科大学の学生が作製したCubeSat

CubeSat-3U型[1]で、NLS-4ミッションの一環として[2]2008年4月28日にインドのPSLVロケットにより打ち上げられた[3]。Delfi-C3の打上げはAntrix社UTIASを介してインド宇宙研究機関と契約された[2]

衛星の主なミッションは技術実証と開発である[4]。新型の太陽電池TNOの太陽センサ、高効率トランシーバーを搭載していた[4]

またDelfi-C3にはバッテリーが搭載されておらず、能動的な姿勢制御も行っていない。

なお、この衛星はANSIRASSLOSHSATに次ぐ、オランダ4機目の人工衛星であり、オランダ初の大学による衛星である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]