DeleGate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DeleGate
作者 佐藤豊
開発元 日本の旗 日本
産業技術総合研究所(AIST)
初版 1994年(25年前) (1994
最新版 9.9.13 / 2014年10月31日(4年前) (2014-10-31 [1]
プログラミング言語 C
対応OS OS X · Linux · FreeBSD · Windows · Zaurus · OS/2
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 プロキシサーバ
公式サイト www.delegate.org/delegate/
テンプレートを表示

DeleGate(デリゲート、デレゲートともいう)とは、日本製汎用マルチプロキシサーバのソフトウェアの1つ。1994年産業技術総合研究所(旧・電子総合研究所)の佐藤豊によって作成され、その後、多くのシステムで使用されてきた。特に1990年代前半のオープンシステム化が始まった直後のヘテロサーバ環境[2]や社内プロキシ環境において重用された。また、その使用実績が積み上がり、NEC富士通などが参加する、官庁のミッションクリティカルなシステム構築においても使用されるようになった。

特に1995年阪神・淡路大震災発生時には、公共に向けた各種サービスの提供において、その有用さ・利便性を立証し、多くのシステムにおいても現行で使用され続けている。

バージョンを経る毎に、HTTP, FTP, NNTP, SMTP, POP, IMAP, LDAP, Telnet, SOCKS, DNS, TLS, SSHなどの非常に多くのプロトコルに対応するようになり、幾つかのプロトコルにおいてはキャッシュ機能の延長で文字コードの変換機能を利用することもできる。

海外のユーザーもおり、英語によるサイトやメーリングリストも公開されている。 対応OSも多く、WindowsOS X、各種Unix系OSなどで利用できる。

脚注[編集]

  1. ^ FTP Directory delegate.hpcc.jp pub/DeleGate/”. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ ヘテロジニアス(へてろじにあす)” (日本語). ITmedia エンタープライズ. 2019年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]