DeleGate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DeleGate
作者 佐藤豊
開発元 日本の旗 日本
産業技術総合研究所
最新版 9.9.11 / 2014年8月13日(6か月前) (2014-08-13 [1]
最新評価版 9.9.12-pre2 / 2014年8月28日(5か月前) (2014-08-28 [2]
プログラミング言語 C
対応OS OS X · Linux · FreeBSD · Windows · Zaurus · OS/2
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 プロキシサーバ
公式サイト www.delegate.org/delegate/
テンプレートを表示

DeleGate(デリゲート、デレゲートともいう)とは、日本製汎用マルチプロキシサーバのソフトウェアの1つ。1994年産業技術総合研究所(旧電子総合研究所)の佐藤豊によって作成され、その後、多くのシステムで使用されてきた。特にインターネット初期時代のヘテロサーバ環境や社内プロキシ環境において使用された。また、その使用により得たノウハウを流用し、NEC富士通などによる官庁系システム構築において使用された。

特に1995年阪神・淡路大震災発生時には公共サービス提供などにおいてその有用さ・利便性を立証し、多くのシステムにおいて現行で使用され続けている。

HTTP, FTP, NNTP, SMTP, POP, IMAP, LDAP, Telnet, SOCKS, DNS, TLS, SSHなど非常に多くのプロトコルに対応しており、幾つかのプロトコルにおいてはキャッシュ機能の延長で文字コードの変換機能を利用することもできる。

海外のユーザーもおり、英語によるサイトやメーリングリストも公開されている。 対応OSも多く、WindowsOS X、各種Unix系OSなどで利用できる。

脚注[編集]

  1. ^ History of DeleGate Updates”. 2014年9月9日閲覧。
  2. ^ FTP Directory ftp.delegate.org pub/DeleGate/”. 2014年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]