Deja-vu (布袋寅泰の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Déjà-vu」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
Déjà-vu
布袋寅泰シングル
初出アルバム『GREATEST HITS 1990-1999
リリース
規格 12cmシングル
録音 1990年9月11日~22日
Sedic Studio
ジャンル ロック[1]
インストゥルメンタル
時間
レーベル イーストワールド東芝EMI
作詞・作曲 布袋寅泰
プロデュース 布袋寅泰
チャート最高順位
布袋寅泰 シングル 年表
DANCING WITH THE MOONLIGHT
1989年
Déjà-vu
(1990年)
BEAT EMOTION
1991年
テンプレートを表示

Déjà-vu」(デジャ・ヴュ)は、日本の歌手布袋寅泰の日本国内に於いての1枚目のシングルで、通算2枚目のシングル。

解説[編集]

吉川晃司とのユニットであるCOMPLEXでの活動を経て、このシングルで再びソロでの活動を開始することとなる。

本作は、布袋寅泰としては初のシングル作品となるが、1988年にアルバム『GUITARHYTHM』を発売しており、ソロデビュー作ではない。また、イギリスで『GUITARHYTHM』からのシングルカットとしてミックス違いの「DANCING WITH THE MOONLIGHT」を2種類発売しているが、日本国内に於いて公式に発売されたシングルが本作品にあたるので1stシングルとして扱われている。

このシングルは10万枚限定生産で、当時では珍しい12cmシングルでの発売。箱パッケージにCDケースが納められ、黒いベロア製の生地で高級感を演出している。正方形のポストカードが封入されている。ジャケットは雫をイメージしたマークがシンプルに描かれている。

オリジナル・アルバムには未収録のシングル曲となっている。

収録曲[編集]

  1. Déjà-vu (in X'mas)(4'56")
    作曲編曲:布袋寅泰)
    ギターの演奏にシンセサイザーを加えているインストゥルメンタル曲。
    1994年に発売されたコンピレーション・アルバム『STAR STREET TRAX VOL.1 RADIO! RADIO! RADIO!』や2012年に発売された『NEW EDITION2 / BALLAD』(ボックス・セット『MEMORIAL SUPER BOX』収録)に収録されている。
  2. Déjà-vu (in Paris)(3'07")
    (作曲:布袋寅泰 / 編曲:中西俊博
    ヴァイオリンアコーディオンを主に用いた演奏となっているインストゥルメンタル曲。
    1999年に発売されたベスト・アルバム『GREATEST HITS 1990-1999』でアルバム初収録となり、2012年に発売された『Virtual Soundtracks』(ボックス・セット『MEMORIAL SUPER BOX』収録)にも収録された。
  3. Déjà-vu (in sleepless night)(1'53")
    作詞・作曲・編曲:布袋寅泰)
    布袋のアカペラによるボーカル入りバージョン。1コーラスしかない非常に短いものとなっている。そのため、歌詞カードには歌詞が大きな文字で書かれている。
    2012年に発売された『Acoustic Hotei』(ボックス・セット『MEMORIAL SUPER BOX』収録)でアルバム初収録となった。

参加ミュージシャン[編集]

※出典[1]

Déjà-vu (in X'mas)

Déjà-vu (in Paris)

Déjà-vu (in sleepless night)

脚注[編集]

  1. ^ a b Tomoyasu Hotei - Déjà-Vu (1990, CD)”. Discogs. Zink Media, Inc.. 2020年1月7日閲覧。