Dear フランキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dear フランキー
Dear Frankie
監督 ショーナ・オーバック
脚本 アンドレア・ギブ
製作 キャロリン・ウッド
製作総指揮 スティーブン・エヴァンス
アンガス・フィニー
フランソワ・イヴェルネル
キャメロン・マクラッケン
ダンカン・リード
出演者 エミリー・モーティマー
ジェラルド・バトラー
ジャック・マケルホーン
音楽 アレックス・ヘッフェス
撮影 ショーナ・オーバック
編集 オラル・ノリー・オティ
製作会社 スコーピオ・フィルムズ
シグマ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ワイズポリシー / シネカノン
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月10日
日本の旗 2005年6月25日
上映時間 102分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $2,980,136[1]
テンプレートを表示

Dear フランキー』(ディア・フランキー、: Dear Frankie)は2004年制作のイギリスの映画である。

あらすじ[編集]

スコットランドの小さな町。リジーは息子フランキーと母ネルを連れ、暴力を繰り返す夫デイビーから逃れるため、引っ越しを繰り返していた。家庭内暴力の影響でフランキーは乳児時から聴覚障害を患っており、父に対する記憶が全く無いまま母子家庭で育ち、読唇術を身に付け生活していた。父を想う息子に、リジーは「父は、世界中を航海し続けている船乗り」と嘘をつき、父に成りすまして息子と月2回の文通を続ける日々を送っていた。

だがフランキーが9歳のある日、『父が現在乗船中という設定にしていた船』が本当に町へ寄港することに。対面を心待ちにする息子を悲しませたくないリジーは母ネルの反対を押し切り、『偽の父親』を1日だけ引き受けてくれる男を雇おうと考え、友人マリーから紹介された見知らぬ男[2]に父親役を依頼する。何も知らないフランキーは『船乗りの父』と感動の対面を果たし、楽しい時間を過ごすのだった。また男も朴訥ながら、精一杯父を演じきるのだった。

後日、実父デイビーは重病を患いフランキーに会うことなく死去。リジーはフランキーに『船乗りの父』の死を告げ、これで嘘を重ねてきた芝居にも文通にも終止符が打たれたと思われた。

ある日、リジーは郵便局に立ち寄った際、一通の手紙が私書箱に留め置かれていると聞かされる。リジーが手紙を開けると、そこにはフランキーが父親『役』へ向けた文が書かれていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
リジー エミリー・モーティマー 金沢映子
男(The Stranger) ジェラルド・バトラー 小山力也
フランキー ジャック・マケルホーン 久保田恵
マリー シャロン・スモール
ネル アリー・リガンズ
リッキー・モンロー ショーン・ブラウン
カトリオーナ ジェイド・ジョンソン
マッケンジー先生 ケイティ・マーフィ
ジャネット アン・マリー・ティモニー
アリー ジョン・カゼック

脚注[編集]

  1. ^ Dear Franki”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月12日閲覧。
  2. ^ 本編中では名前不出だが、クレジットタイトルでは「The Stranger」と表記されている。

外部リンク[編集]