DRIVER 76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DRIVER 76
ジャンル アクションゲーム
対応機種 プレイステーション・ポータブル
開発元 Sumo Digital
発売元 Ubisoft
発売日 アメリカ合衆国の旗2007年5月8日
欧州連合の旗2007年5月11日
オーストラリアの旗2007年5月10日 
対象年齢 ESRB:Mature
BBFC:15
OFLC:M
PEGI:18+
テンプレートを表示

DRIVER 76』(ドライバー76)は、Sumo Digitalが開発しUbisoft2007年5月に発売したプレイステーション・ポータブル用3Dドライビングアクション。

概要[編集]

2006年に日本国内で発売した『DRIVER PARALLEL LINES』の外伝的位置づけにあるシリーズ最新作。

2年後である1978年ニューヨークが舞台である前作に登場した、T.K.やメキシカンなどの人物は登場しない。

ストーリー[編集]

レイは自動車整備工場を開くためにニューヨークへ移り友人のスリンクから様々な仕事を請け負うことになる。

ミッション[編集]

  • ストーリーは6章で構成されており全部で26のミッションがある。
  • レースやレッカー移動等のサイドジョブもある。

登場人物[編集]

  • Ray - 本作の主人公。『Driver: Parallel Lines』では、自動車整備工場を経営している。
  • Slink - Rayの友人でストーリーにおいて、Rayにミッションを依頼する人物。『Driver: Parallel Lines』にも登場する。
  • Chen Chi - レイのガールフレンド。中国系移民。
  • Zau - Chenの父親。トライアドのボス。
  • Jimmy - ストーリーに登場する敵。ストーリー終盤ではヘリコプターで逃走するものの追いかけてきたRayにより殺害される。

ゲームシステム[編集]

ミッション構成は『Driver: Parallel Lines』に似ている。全部で26のメイン・ミッションが存在し、所持金・武器・車両は任務をクリアするごとに増えていく。

ニューヨーク市[編集]

街並みは、実際のニューヨーク市を忠実に再現している。

サウンド・トラック[編集]

  • The Wrecking Crew - Bump And Boogie
  • Sir Mack Rice - Bump Meat
  • Chuck Brown & The Soul Searchers - Bustin' Loose
  • Dave Hamilton - Cracklin' Bread
  • Maceo & The Macks - Cross The Tracks
  • Billy (Sugar Billy) Garner - I Got Some
  • Funkadelic - I'll Bet You
  • Savoy Brown - I'm Tired
  • The Pazant Brothers & The Beafourt Express - Loose And Juicy
  • Iggy Pop - Neighbourhood Threat
  • Blondie - One Way Or Another
  • Billy Preston - Outa-Space
  • The Temptations - Poppa was a rolling stone
  • The Stranglers - Peaches
  • Roy Ayers - Running Away
  • Johnny 'Hammond' Smith - Shifting Gears
  • Donald Byrd - Street Lady
  • David Bowie - Suffragette City
  • Labi Siffre - The Vulture
  • War - Low Rider
  • Marvin Gaye - Trouble Man
  • Blondie - Denis
  • Sam & Dave - Hold On I'm Comin'

日本での展開[編集]

これまでは海外で同シリーズが発売されるたびに定期的に日本配給が行われてきたが、2014年現在、販売されていない。理由については暴力的な表現が原因と考えられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]