DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER
-ヘッド博士の世界塔-
フリッパーズ・ギタースタジオ・アルバム
リリース
録音 Music Inn
Victor Studio
Tokyufun
Studio A
Bay Bridge Studio
Kim Studio
Zero Studio
Studio Z'd
ジャンル 渋谷系
インディー・ロック
ハウス
レーベル ポリスター
プロデュース Double Knockout Corporation
Zin Yoshida
Kenichi Makimura
フリッパーズ・ギター 年表
CAMERA TALK
(1990年)
DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER
-ヘッド博士の世界塔-

(1991年)
Colour me pop
(1991年)
『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』収録のシングル
  1. GROOVE TUBE
    リリース: 1991年3月20日
  2. 「BLUE SHININ' QUICK STAR 星の彼方へ」
    リリース: 1991年8月25日
テンプレートを表示

DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』(ドクター・ヘッズ・ワールド・タワー ヘッドはかせのせかいとう)は1991年7月10日に発売されたフリッパーズ・ギター通算3作目にして最後のスタジオ・アルバム(CD:PSCR-1024)

解説[編集]

プライマル・スクリームストーン・ローゼズなどの同時代的なUKサウンドを意識した音作り、暗号的かつ退廃的な歌詞、サンプリングの多用など、前2作とは変わった試みを行っている。皆がドレスアップした格好の良さを追求していた空前のバンドブームの中で、気取らない気怠さを表現した非常に異質と言える作品であった。アルバムのタイトルはモンキーズが出演した映画「HEAD」に由来するという。本アルバムの発売後にフリッパーズ・ギターは解散した。制作当時の最新の洋楽の流行を反映させて作られたこの作品は、後のJ-POPの流れを大きく変える切っ掛けとなった。

初回限定盤には虫眼鏡2個を利用した、「飛び出すフリッパーズ」が封入されている(「世界塔よ永遠に」には曲中でそれについても触れられている)。

前2作が紙ジャケット仕様、SHM-CDで2度再発された際に、本作のみ再発されていない。一説にはこのアルバムは無許可サンプリングが全編にわたって使用されているから再発不可能であると言われている。

収録曲[編集]

  1. DOLPHIN SONG ドルフィン・ソング 5:16
    バッファロー・スプリングフィールドの「Broken Arrow」を引用している他、ビーチ・ボーイズの「God Only Knows」がサンプリングされている。
  2. GROOVE TUBE グルーヴ・チューブ 5:36
    5thシングル。マツダ・ファミリアCM曲。カヴァーもされた後期の代表曲。
  3. AQUAMARINE アクアマリン 6:19
  4. GOING ZERO ゴーイング・ゼロ 5:53
  5. (SPEND BUBBLE HOUR IN YOUR)SLEEP MACHINE スリープ・マシーン 5:20
  6. WINNIE-THE-POOH MAGCUP COLLECTION ウィニー・ザ・プー・マグカップ・コレクション 4:41
  7. THE QUIZMASTER 奈落のクイズマスター 7:36
  8. BLUE SHININ' QUICK STAR 星の彼方へ 5:32
    6thシングル。'91~'92ミズノ・スキーウェア カラーケルヴィンサーモCM曲。
  9. THE WORLD TOWER 世界塔よ永遠に 10:34
    バンドの終焉を象徴するような内容が特徴の大曲。1と同じ曲が逆回転でサンプリングされている。

クレジット[編集]

  • All SONGS AND PRODUCTION BY DOUBLE K.O. CORP.
  • PERFORMED BY FLIPPER'S GUITAR; KEIGO OYAMADA (vo,g) and KENJI OZAWA (g,vo)
  • MIXING ENGINEER : ZIN YOSHIDA
  • Thanks to the musicians involved in the recording; Mecken (b-2,7), Mishio Ogawa (vo-2), Bakabon Suzuki (b-1,5,6,8), Yuji Okiyama (b-4,9), Hirofumi Asamoto (organ-4, rhodes piano-1), Daisaku Kume (p-2), Yasumi maeda and Rie Inoue (vo.-7,9) and Hitomi Takenaka (vo.-3,6)
  • recorded by Tohru Takayama
  • produced by Double Knockout Corporation, Zin Yoshida and Kenichi Makimura
  • [production staff]
  • sound recording director: Ichiro Oka
  • associate recording engineers: Hiroki Miyahara, Shogo Takeda, Shinichi Ishizuka, Yoshiki Fukushima, Masao Saotome, Yoshinori Kaji, Yoshinori Sakuma, Hiroshi Uemura, Tetsuya Ishikawa, Hajime Nagai
  • recorded, mixed and mastered at Music Inn, Victor Studio, Tokyufun, Studio A, Bay Bridge Studio, Kim Studio, Zero Studio, Studio Z'd
  • art director: Mitsuo Shindo
  • associates & set makers: Satoshi Nakamura & Kohichi Fujikawa for Comtemporary Production
  • director of photography: Kenji Miura
  • associates: Masashi Maruyama & Masashi Nomura for Lightsome
  • set decorations & costumes: Ayumi Shino
  • associate: Yukiko Takeuchi
  • hair styling & make-up: Akemi Nakano
  • associate: Mika Kanzaki
  • photo-duplication: Kiyonori Okuyama
  • supervisor of stereo photography: Hiroji Tanaka
  • co-ordinator of special package: Makoto Kasaki
  • thanks to Yasuyuki Yamaguchi, Masanori Matsuoka, Osamu Takahashi & shooting crew for video clips / Yohko Shindo, Akiko Endo for sleeve production / Takuro Kawanabe, Ryuji Nakazawa for booking co-ordination / many others staff of the recording company Kentaro Hattori, V.J.K.Sakuragi, Yuki Morishita, Kohei Shibata
  • executive producer: Ken Hosokawa
  • Mishio Ogawa by the courtesy of Epic/Sony Records
  • Yuji Okiyama by the courtesy of PONY CANYON INC.
  • Hitomi Takenaka by the courtesy of ZaZa / ALFA RECORDS,INC.
  • [management]
  • T.K.O.corporation: Kenichi Okeda & Maki Kawaguchi

外部リンク[編集]