DIGICCO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DIGICCO(でじっこ)は、2001年[1]から2008年[2]まで活動していたキャンペーンガールのユニットである。

来歴[編集]

草創期[編集]

  • 1999年、住友ゴム工業 (DUNLOP) が出展する展示会において、そのコンパニオンを「デジっ娘」と呼ぶ。名称はDUNLOPの商品名「デジタイヤ」 (DIGI-TYRE) に由来する。
  • 2001年1月、形態を4人組ユニットとし、東京オートサロンに出演。CDリリースや各種イベントでの活動を開始。
  • 2002年、DUNLOPの全日本GT選手権 (JGTC) へのタイヤ供給開始に伴い、サーキットでの活動を開始。
  • 2003年、メンバーが河野智美、田中明日香、鬼頭利枝、石神圭衣子の4人に落ち着くが、2004年1月の東京オートサロンをもって全員が卒業となった。その後、鬼頭はゲーム作品のテーマソング、KinKi Kidsのコーラス、ピンキッシュボイストレーナーおよび振付師[3]、「ミュージックスクールリカレンス」東京校のボーカル講師などを担当している[4]

全盛期[編集]

  • 2004年、ユニット名表記を「デジっ娘」から「DIGICCO」へ変更。元ミニスカポリスの青山知佳をリーダーに、石橋麻実、大坪紗耶、名取静の4人編成としてリニューアルした[5]が、わずか1年で名取以外のメンバーは卒業することになる。その後、池見典子、栗原海、岡元愛美が加入[6]。以後もソロDVDを発売したり、2006年には広州オートショー、北京モーターショーに出演するなど、多彩な活動を行った。

晩期(ユニットの終焉)[編集]

  • 2007年、栗原以外のメンバーは卒業。新たに根本愛、吉野めぐみ、渕脇レイナが加わった[7]。この頃から活動自体に陰りが見え始め、それまで毎年出演していた福岡オートサロンや札幌オートサロンには出演しなくなった。それでも上海モーターショーなどのイベントに出演したり、CDリリース等の活動を続けていたが、全盛期の勢いを取り戻すまでには至らなかった。
  • 2008年1月6日、サンクスパーティー(ライブ)にて'07メンバーの活動終了と、今後はユニットとしての活動を行わない旨が発表された。その後、公式サイトでもそれらの旨が発表された[2]

解散後[編集]

  • 2008年以降の東京オートサロンにもDUNLOPは出展したが、DIGICCOのようなユニットではなく、通常のキャンペーンガールだった。レースについても同様に通常のレースクイーンと様変わりした。
  • また、末期のメンバーだった栗原海と渕脇レイナはスタイルコーポレーションに移籍し、芸能活動を本格化。吉野めぐみもフリーで活動を続けている。

活動[編集]

  • モーターショー・オートサロンなどの展示会にて、ミニライブ及び製品のキャンペーンを行う。
  • JGTC(現:SUPER GT)等のレースにおいては、サーキット内に仮設ステージを設置。ミニライブを行う傍ら、レースクイーンとしても活動する。
  • オートバックスなどのカー用品店において、サーキットと同様のステージと販売促進活動を行う。
  • キャンペーンガールとしての活動以外に、アイドルユニットとしてライブイベントへの出演を行う。

メンバー[編集]

CDリリース以降。先頭がリーダー。

  • 2001年 河野智美、鬼頭利枝、田中明日香、小林由果、加瀬順子、二宮絵里子、木村美香
  • 2001年 河野智美、鬼頭利枝、田中明日香、小林由果
  • 2002年 河野智美、鬼頭利枝、田中明日香、長谷川由佳[8]
  • 2003年 河野智美、鬼頭利枝、田中明日香、石神圭衣子
  • 2004年 青山知佳、石橋麻実、大坪紗耶、名取静
  • 2005年 名取静、池見典子栗原海、岡元愛美
  • 2006年 名取静、池見典子、栗原海、岡元愛美
  • 2007年 栗原海吉野めぐみ渕脇レイナ、根本愛[1]

作品[編集]

CDシングル
  • 空っぽポケットワンダーランド(2001年1月 TONY RECORDS))[9]
  • 色づく時間/艶(2001年7月 TONY RECORDS)[10]
  • Never Give Up!(2002年1月 TONY RECORDS)[11]
  • HAPPY PARTY(2002年9月 TONY RECORDS)[12]
  • DRIVEしよう(2003年3月 TONY RECORDS)[13]
  • ACTIVE WINTER(2003年10月 TONY RECORDS)
  • CIRCLE GAME(2004年3月 TONY RECORDS)[14]
  • YOU!THE WINNER(2005年4月 TONY RECORDS)
  • DIGITRANCE(2006年9月 TONY RECORDS)
  • Happy Happy Together(2007年5月 TONY RECORDS)[1]
CDアルバム
  • DIGI ROMANTIC(2006年4月 TONY RECORDS)
DVD
  • ICE FIELD 名取静(2006年8月 TONY RECORDS)
  • INFINITY 池見典子(2006年8月 TONY RECORDS)
  • PERFUME 栗原海(2006年8月 TONY RECORDS)
  • IRON CLOUD 岡元愛美(2006年8月 TONY RECORDS)
その他
  • Be Rock U (1998 burst style) - コナミの音楽ゲーム『beatmania IIDX 9thstyle』にて歌唱を担当。曲中に流れるムービーにも出演している。

出演していた番組[編集]

ラジオ
  • DUNLOP FUTURE HITS (TOKYO FM)
  • 今夜はparty魔法でナイト (Ciao!他) 河野智美レギュラー 2001-2003
  • 石橋麻実のサンデーカフェいらっしゃい (FMCiao) 2004-2005
テレビ

その他[編集]

  • 2003年から2006年までの楽曲は、サエキけんぞうがプロデュースを担当している。
  • 河野智美は作詞、名取静は作詞作曲として楽曲制作に参加した。
  • 池見典子と渕脇レイナは東放学園の同級生。
  • 多くのメンバーが歌手・ダンス畑出身の中、根本愛は初のレースクイーン経験者からの選考(近野愛として2005年カルソニックレディ)。
  • 2006年、2007年の中国でのステージでは、中国語の楽曲や持ち歌の中国語バージョンを披露した。
  • 各年のメンバー交代時期には単独ライブ「サンクスパーティ」を行うのが後年の恒例となっていた。
  • 運営は株式会社電通名鉄コミュニケーションズが担当していた。

出典[編集]