DFSグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DFSグループ・リミテッド
DFS Group Limited
種類 limited company
略称 DFS
本社所在地 香港の旗 香港
設立 1960年
業種 トラベルリテール
事業内容 免税店
主要株主 LVMH 61%
外部リンク https://www.dfs.com/
https://www.tgalleria.com/
https://www.dfsgroup.com/
テンプレートを表示
DFSグループL.P.
DFS Group L.P.
種類 limited partnership
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
デラウェア州(登記上?)
Flag of California.svg カリフォルニア州サンフランシスコ
設立 1960年11月7日
業種 小売業
事業内容 免税店
主要株主 LVMH 61%
テンプレートを表示
DFSホールディングス・リミテッド
DFS Holdings Limited
種類 limited company
本社所在地 バミューダ諸島の旗 バミューダ諸島
ハミルトン
設立 1991年12月23日
業種 トラベルリテール
事業内容 持株会社
主要株主 LVMH 61%
テンプレートを表示

DFS (または「DFSグループ」) は、世界をリードするラグジュアリートラベルリテーラーである。1960年に香港で創業し、現在では世界の主要な18の空港で免税店、14都市でギャラリア店を構える他、提携先やリゾート地においても店舗を運営している。DFSグループの主要株主は、ラグジュアリーコングロマリットであるLVMH モエ・ヘネシー・ルイヴィトン (LVMH) 及びDFS共同創業者のロバート・氏であり、株式非公開である。2012年には、2億人以上がDFSストアに来店した。DFSグループの従業員数は9,000名以上で、香港に本社があり、ハワイロサンゼルス上海シンガポール、そして東京にオフィスを構えている。

沿革[編集]

1960年、まだ免税でのショッピング自体が黎明期であったが、アメリカ人のチャールズ・フィーニー(Charles Feeney)とロバート・ミラー(Robert Miller)が香港にツーリストインターナショナル(Tourist International)(後のDuty Free Shoppers DFS)を設立。第二次世界大戦後に航空機による海外旅行が大きく伸びたことを背景に、兵士らの購買力の増大とアジアからの海外旅行者の勃興を予期していたのである。

その後、数十年間に渡りDFSは、アジア人旅行者の海外への渡航という気運の高まりに対して投資を行い、まず空港にストアを開設した後に、旅行者がよりゆったりとした時間の中で買い物ができ、搭乗前に買い求めた商品が届くようなストアを都市の繁華街でも展開した。

1996年LVMHは、チャールズ・フィーニーの株式を買い上げて、DFSグループの過半数の株式を取得。これによりトラベルとラグジュアリーという2つの要素を統合することに新たな重点を置くことになる。DFSは、マーチャンダイジング戦略として5つの柱であるファッション&アクセサリー、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリー、ワイン、スピリッツ&タバコ、フード&ギフトを中心に展開。さらに新キャッチフレーズとして「トラベラーのためのラグジュアリーショッピング ワールド」を採用している。 また、毎年「マスターズ シリーズ」を主催し、ガラスタイルのイベントで全てのカテゴリーから選りすぐりの商品を紹介する。ラグジュアリーの祭典として、一流ブランドの代表者や優良顧客、メディア、業界アナリストなどが招かれている。

2013年に、DFSは、市中のギャラリアストアを「T ギャラリア」として新たなブランディングを展開し、地元のサプライヤーと協働して「デスティネーション」を意識した製品を増やす空港向けローカリゼーション戦略に移行した。これは、国際空港の世界でも積極的な役割を担うことになり、航空業界とその関係者間の協力関係並びに政府や国際的な組織との協働体制も強化されることになる。

DFSグループ会長兼CEOであり、LVMHの執行委員会のメンバーも務めるフィリップ・シャウス(Philippe Schaus)は、2011年にマーチャンダイジング&マーケティングのグループ プレジデントとしてDFSに参加後、2012年に現職に任命された。

創業者[編集]

創業者のひとり、チャールズ・フィーニー(Charles Feeney)は1931年ニュージャージー州エリザベス生まれ。アイルランド系移民の労働者家庭で育ち、アメリカ空軍兵士として朝鮮戦争に従軍し、日本に駐屯。1956年コーネル大学ホテル学科卒業後、フランスに渡り、地中海に遠征中の海兵隊員に免税酒を売る仕事を始めた。帰国後ミラーとDFS社設立。日本の海外旅行ブームに乗じ、莫大な利益を上げる。億万長者の生活を享受するうち、家庭不和をきっかけに金満生活に疑問を抱き、1982年慈善活動財団バミューダに2つ設立し[1]、ほとんどの資産をこれらの財団に移す(離婚した妻に6000万ドルと財団の一部権利を譲渡)。1996年LVMHにDFS社売却した際には。売却益から2600万ドルを長年勤務してくれた従業員2400人に分け与えた。両財団とも現在もDFSグループから配当を得ており、篤志家として財団を通してアイルランドアメリカの大学や研究施設に莫大な寄付を行なっている。その一方、フィーニー自身は質素な暮らしぶりで知られており、車も家も持たず、借家に住み、地下鉄やタクシーを利用する生活をしている。2度結婚し、5人の子供がいる。

もう一人の創業者ロバート・ミラー(Robert Warren Miller)は1933年マサチューセッツ州クィンシーの中流家庭に生まれ、コーネル大学卒業後、フィーニーとDFS社を設立。DFS社売却後も31%の株を所有する主要株主である。フィーニーとは逆に、ロンドンパリニューヨークホンコンなど世界各地に家を持ち、ヨットに親しむなど、華やかな生活で知られる。3人の娘たちは「ミラー家三姉妹」と呼ばれるセレブリティで、長女ピアは石油王ジャン・ゲティの孫と、次女マリー・シャンタルギリシャ王室パウロス王太子と、三女アレクサンドラはドイツ貴族の血を引く父親とデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグの息子とそれぞれ結婚した。現在ミラーはイギリス在住。1973年から自らの投資会社も経営しており、イギリス屈指の資産家として暮らしている。

主な顧客[編集]

設立当初より現在に至るまで日本人観光客を主なターゲットとする[1] 。そのために殆どの店舗で日本語の表示がされている上に、日本語を話せる店員を置いているが、近年では台湾ロシア中華人民共和国香港などの新興国の顧客も増加している。

旅行代理店との間に強力な関係を構築することで、多数のツアー客を店舗に呼び込むことに成功している。これらの客は、自分自身用、そして土産用として多くの買い物をしている。[2]

商品の傾向[編集]

主にLVMH傘下の高級ブランドとファッションブランド、お土産品や特産品を販売している。香港やシンガポールなど輸入関税が免除されるエリアでは、他の店舗と同様に商品を販売し、たばこなどが課税対象となるエリアではそれらの商品を免税で、それ以外の商品を非免税品として販売する(国や地域により異なる)。

日本法人[編集]

主な店舗所在地[編集]

DFSギャラリア・沖縄

主な取り扱いブランド[編集]

(店舗により異なる)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]