DEAD END (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DEAD END
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック[1]
オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル[1]
ハードロック[1][2]
ヘヴィメタル[1][2][3]
ゴシック・ロック[3]
プログレッシブ・ロック[3]
パンク・ロック[3]
グラムロック[3]
活動期間 1984年 - 1990年
2009年 -
レーベル Invitation( - 1989年)
RCA (1989年)
BMGビクター(1989年 - 1990年)
SMD(2009年)
motorod(2011年 - )
共同作業者 岡野ハジメ
公式サイト 公式Website
メンバー MORRIE (Vocal)
YOU (Guitar)
CRAZY COOL JOE (Bass)
旧メンバー TAKAHIRO (Guitar)
TANO (Drums)
MINATO (Drums)

DEAD END(デッドエンド)は、日本ヴィジュアル系ロックバンド[3]2009年に約20年ぶりに活動を再開した。

メンバー[編集]

  • MORRIE(大塚基之)(Vo)
  • YOU(足立祐二)(G)
  • "CRAZY" COOL- JOE(増本 正志)(B)

旧メンバー[編集]

  • TAKAHIRO(香川孝博)(後にTHE WILLARDに加入)
  • TANO(田野勝啓)(デビュー直前に脱退)
  • MINATO (湊雅史)(Dr)

サポート[編集]

ツアーの不参加を表明したMINATOに代わってゲスト参加したサポートドラマー。

来歴[編集]

1984年暮れ、元LIARのMORRIE (Vo)、同じく、元LIARのTAKAHIRO (Gt)、元RAJASの"CRAZY" COOL- JOE (B) を中心に結成される。後に元TERRA ROSAのTANO (Dr) が加入して本格的にバンドが始動[4]

当時、「LIAR」「RAJAS」「TERRA ROSA」はロックシーンでかなり名の通ったバンド達で、そこからのメンバーで構成されたDEAD ENDはデビュー前から注目を浴びており、1985年3月の大阪・バーボンハウスで行われたライヴは、デビューライヴにして470人の観客を動員。ライヴをやるたびに動員を増やしては、全国各地のライヴハウス動員記録をたて続けに塗り替えて行く[5]

1986年には、"DADEMONIUM BREAK TOUR'86 Vol.1"と題しての全国ツアーを開催。このツアー直後、DEAD END結成の中心人物であるTAKAHIRO (Gt) が脱退。後任にTERRA ROSAに在籍した状態でYOUが加入し、レコーディングに参加する[6]

同年6月、インディーズレーベルから1stアルバム『DEAD LINE』を1万枚限定でリリース。このアルバムリリースを記念しての大阪・バーボンハウスで開かれた発売記念ギグに800人を動員。今ほどメジャーでは無かったインディーズシーンにおいて2万枚の売上を記録し、2万枚突破を記念して制作されたピクチャー盤も予約のみで完売した[6]

メジャーデビュー直前にドラムのTANOが病による体調不良で脱退[4][6]1987年5月に行われたオーディションで元SABER TIGER(北海道)のMINATOが加入し、同年9月にビクターからアルバム『GHOST OF ROMANCE』でメジャー進出を果たす[4][6][7]。同年12月にはメタル・ブレイド・レコーズを通じて全米でリリースされた[7]

計4枚のアルバムと1枚のライヴ・アルバムを送り出し、1990年1月に解散。当初、「MINATOのみが脱退し、バンド自体は継続する」という話になっていたが、後任のドラマーを見つけられなかったため、そのまま解散へと至った。

2009年、DEAD ENDの再結成を発表[8]8月15日に幕張メッセで行われた「JACK IN THE BOX2009 SUMMER」のライヴステージで復活を果たす[8]

同年11月11日には5thアルバム『METAMORPHOSIS』をリリース。また1stアルバム『DEAD LINE』をDANGER CRUE RECORDSより、2ndアルバムの『GHOST OF ROMANCE』、3rdアルバムの『shámbara』をVictor Entertainmentより、12月23日には4thアルバムの『ZERO』、ライヴ・アルバムの『DEAD END』をBMG JAPANより、リマスター版として再リリースした。(GHOST OF ROMANCEおよびshámbaraはSHM-CD、ZEROおよびDEAD ENDはBlu-spec CDでリリースされた。)

2009年11月17日11月20日に、再結成後初となるツアー「DEAD END Tour 2009 "Metamorphosis"」を開催したが、MINATOがツアーの不参加を表明したため、代わりに真矢 (ds/LUNA SEA) がゲスト参加した。MORRIEによれば、MINATOは再結成当初から「レコーディングは全部やるがライヴはわからない」と制限付きで活動を保留していたという[9]

2011年に再結成後2度目となるツアー「DEAD END tour "DEATH ACE 2011"」を開催する。サポートドラマーは山崎慶。

2011年11月〜2012年1月にかけて3ヶ月連続シングルリリースを発表し[10][11]11月9日に第一弾シングル「Conception」、12月14日に第二弾シングル「Final Feast」、翌年1月11日に第三弾シングル「夢鬼歌」をリリース。

2011年1月22日〜2月8日、AcidBlackCherry主催イベント「“The Sixth Sense”」 全8公演に参加

2012年3月7日、3ヶ月連続シングルが収録された約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Dream Demon Analyzer』をリリース[12]。アルバム封入フライヤーにて、DEAD END Major Debut 25th Anniversary LIVE「Kaosmoscape」開催を発表。3月10日より、約20年ぶりとなる全国ツアーDEAD END tour 2012 “Dream Demon Analyzer〜夢鬼解析装置〜”(13都市13公演)を開催[12]

2012年7月14日、DEAD ENDオフィシャルホームページ上に「Devil Sleepers」なる謎のバンドの「Dead Night Rocks」と銘打ったワンマンライブが行われることが掲載される。7月29日、Nack5番組内で正式に「Devil Sleepers」がDEAD END本人であること、そして「Dead Night Rocks」がDEAD END Major Debut 25th Anniversary LIVE「Kaosmoscape」と並行したハウスツアーであることが発表される。

2012年8月4日、イベント「a-nation musicweek Charge Go! ウイダーinゼリー」BAND NATION(代々木第一体育館)に参加。

2012年9月8日、DEAD END Major Debut 25th Anniversary LIVE「Kaosmoscape」を大阪御堂会館にて開催[12]

2012年9月10日、DEAD END Live House Tour「Dead Night Rocks」を大阪・SHINZAIBASHI VARON、9月14日に東京・目黒鹿鳴館にて開催。

2012年9月16日、DEAD END Major Debut 25th Anniversary LIVE「Kaosmoscape」を渋谷公会堂にて開催[12]。この公演を収録したDVDとBlu-rayを12月12日に同時リリース。

2012年12月29日、rockin'on presents「COUNTDOWN JAPAN 12/13」に出演。

2013年9月4日、トリビュートアルバム『DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS-』がリリースされる[13][14]

2014年9月5日、DEAD END LIVE「ZERO Release 25th Anniversary "ZERO 2014"」を新宿ReNYにて開催。1989年9月21日にリリースされたアルバム『ZERO』の発売25周年を記念して行われた。演奏曲はアルバム『ZERO』からのみ。(ZERO[+2]に収録された「Good Morning Satellite」「原始のかけら」含む )

2015年6月27日幕張メッセで開催されたLUNA SEA結成25周年記念の主宰ロックフェス「LUNATIC FEST.」に出演[15]9月12日に渋谷TSUTAYA O-EASTでDEAD END主催ライヴイベント「四鬼夜行-六喰-」を開催後、4都市5公演のツアー「WITCH HUNT 2015」を開催[16]

影響[編集]

与えた影響[編集]

La'cryma ChristiのギタリストのHIRO[17]、ベーシストのSHUSE[18]はDEAD ENDを好きなバンドにあげている。

Laputaakiは、かつてMORRIEのコピーをしていたことが「今現在のボーカルスタイルの基礎になって」いると語っている[19]

逸話[編集]

4枚目のアルバム『ZERO』に収録されている「I'M IN A COMA」はYOU自身によれば「会心の作」であり、YOUはレコーディングが済んだ後、アルバムに収録されることを心待ちにしていた。しかし、"CRAZY" COOL- JOEはこの曲が気に入らず、アルバムから外そうと提案していた。YOUはJOEをスタジオ廊下に呼び出し説得、その甲斐あって、晴れて収録されたという経緯がある。またYOUは自身のソロアルバムでDrにMINATOを迎え、この曲をセルフカバーしている。尚、"CRAZY"COOL-JOEはこの逸話を否定している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1st 1986年6月30日 DEAD LINE アナログ NIGHT009(初回版)
DEAD-001,DEAD-003(ピクチャーレーベル版)
DEAD-2(通常版)
ナイトギャラリーレコード
MAJ-1 Major Records
1988年 CD METAD-1
2009年11月11日 DCCL-12~13(初回版)
DCCL-14(通常版)
SMD
2nd 1987年9月8日 GHOST OF ROMANCE アナログ VIH-28302 Invitation
カセット VCF-10328
CD VDR-1405
3rd 1988年5月21日 shámbara CD VDR-1510 Invitation
4th 1989年9月21日 ZERO CD R32H-1083 BMGビクター
5th 2009年11月11日 METAMORPHOSIS CD DCCL-15~16(初回版)
DCCL-17(通常版)
SMD
6th 2012年3月7日 Dream Demon Analyzer CD AVCD-38421(初回版)
AVCD-38422
motorod

ライブ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1990年7月21日 DEAD END CD BVCR-3001~02 BMGビクター
1995年5月24日 DEAD END LIVE ACT-1 CD BVCR-1012 BMGビクター
1995年5月24日 DEAD END LIVE ACT-2 CD BVCR-1013 BMGビクター

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1997年6月21日 ALL IN ONE CD BVCR1543 BMGジャパン
2005年1月26日 ∞ (infinity) CD BVCH48001 BMGファンハウス

トリビュート・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1st 2013年9月4日 DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS- CD AVCD-38651 motorod

再発版[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
2009年11月11日 GHOST OF ROMANCE +1 SHM-CD VICL-70022 ビクターエンタテインメント
2009年11月11日 shámbara +2 SHM-CD VICL-70023 ビクターエンタテインメント
2009年12月23日 ZERO +2 Blu-spec CD BVCL-20030 Ariola Japan
2009年12月23日 DEAD END Blu-spec CD BVCL-20028~9 Ariola Japan

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1st 1988年12月16日 BLUE VICES CD VDRS-1105 Invitation
2nd 1989年7月21日 SO SWEET SO LONELY CD B10D-133 RCA
3rd 1990年4月21日 GOOD MORNING SATELLITE CD BVDR-6 BMGビクター
4th 2011年11月9日 Conception CD AVCD-48167~B(初回限定版)
AVCD-48168(通常版)
motorod
5th 2011年12月14日 Final Feast CD AVCD-48219~B(初回限定版)
AVCD-48220(通常版)
motorod
6th 2012年1月11日 夢鬼歌 CD AVCD-48254~B初回限定版)
AVCD-48255(通常版)
motorod

フォノシート・特典EP[編集]

配布日 タイトル 規格 規格品番 発売元 備考
1986年6月19日 REPLICA (首) フォノシート NIGHT0011 ナイトギャラリーレコード 大阪・バーボン・ハウスでの初ライブにて無料配布
1986年6月30日 WORST SONG EP DEAD-003 NightGallery DEAD LINE』の初回特典
1987年9月 GRAVE OF THE SHADOW フォノシート ビクター音楽産業 GHOST OF ROMANCE』プロモーション用
1988年2月 DEAD END EP MAJ-001 MAJOR RECORDS フォノシート「REPLICA (首)」と、特典EP「WORST SONG」を1枚に編集したもの

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 発売元
1st 1988年12月16日 Psychoscape VHS VTM-159 Invitation
2005年1月21日 DVD VIBL-244 Victor Entertainment
2nd 1989年12月6日 HYPER d. VHS B48V-90004 BMGビクター
2001年5月23日 DVD BVBK-31007 BMGファンハウス
3rd 2012年12月12日 DEAD END 25th Anniversary LIVE Kaosmoscape
at 渋谷公会堂 2012.09.16
DVD AVBD-92004 motorod
Blu-ray AVXD-91621

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Dead End reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月16日閲覧。
  2. ^ a b DEAD END - デッドエンド”. キューブミュージック. 2014年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f DEAD ENDのプロフィール”. ナタリー(ナターシャ). 2014年4月27日閲覧。
  4. ^ a b c 「野田雅之の10枚」『ジャパニーズ・メタルII』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2014年、70頁。ISBN 978-4-401-64022-5
  5. ^ 「大島暁美の10枚」『ジャパニーズ・メタルII』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2014年、51頁。ISBN 978-4-401-64022-5
  6. ^ a b c d 短期集中連載:増田勇一のDEAD END回想録(1)『DEAD LINE』”. BARKS (2009年8月4日). 2015年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 短期集中連載:増田勇一のDEAD END回想録(2)『GHOST OF ROMANCE』”. BARKS (2009年8月7日). 2015年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 伝説のバンド、DEAD END復活”. BARKS (2009年7月3日). 2015年8月16日閲覧。
  9. ^ 『ROCK AND READ 032』 TOKYO FM出版、2010年、78頁。ISBN 978-4-88745-235-0
  10. ^ DEAD END、2年ぶり新作音源は3カ月連続シングル”. 音楽ナタリー (2011年9月9日). 2015年8月16日閲覧。
  11. ^ DEAD END、耽美かつダーク、ショッキングな3ヶ月連続シングルリリース決定”. BARKS (2011年9月12日). 2015年8月16日閲覧。
  12. ^ a b c d DEAD END、20年ぶりの全国ツアー開幕”. BARKS (2012年3月13日). 2015年8月16日閲覧。
  13. ^ DEAD ENDのトリビュートアルバム発売決定。清春、人時、Hyde、tetsuyaら参加”. BARKS (2013年7月12日). 2015年8月16日閲覧。
  14. ^ DEAD ENDトリビュート盤、収録曲ラインナップ解禁”. 音楽ナタリー (2013年8月20日). 2015年8月16日閲覧。
  15. ^ LUNA SEA主宰<LUNATIC FEST.>、第2弾出演者発表にDEAD END、D'ERLANGERら6組のレジェンドミュージシャン”. BARKS (2015年5月8日). 2015年8月17日閲覧。
  16. ^ DEAD END企画にD'ERLANGER、Justy-Nasty、Gargoyle”. 音楽ナタリー (2015年7月6日). 2015年9月1日閲覧。
  17. ^ 荒川れいこ「Kouichi (Laputa) & HIRO, KOJI (La'cryma Christi) ニューエイジ・ギタリストによる対談が実現!!」、『月刊 ロッキンf』Vol.262、立東社1997年9月1日、 18-24頁。
  18. ^ SHUSE Official Facebook” (日本語). 2015年8月21日閲覧。
  19. ^ COMMENT”. avex. 2015年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]