DCF77

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯50度0分56秒 東経9度00分39秒 / 北緯50.01556度 東経9.01083度 / 50.01556; 9.01083

マインフリンゲンのDCF77
低コストのDCF77受信機
DCF77の範囲

DCF77 は、長波時報信号と周波数標準電波局である。

その最初と予備の送信機は、ドイツフランクフルト南東およそ25kmのマインフリンゲンMainflingen)に位置する。かつては、ドイツ連邦の理工学研究所の Physikalisch-Technische Bundesanstalt (PTB)によって運営されていたが、現在は T-Systems Media&Broadcastドイツテレコムの子会社)が代わって運営している。DCF77は、1959年から周波数標準局として運行し、時刻と日付情報は1973年に追加された。

信号[編集]

77.5kHzの搬送波信号(キャリア信号)は、ブラウンシュヴァイクにあるドイツのマスタークロックに接続される原子時計から生成される。50kWの比較的高出力で、フランクフルトから約2000kmまで、信号はヨーロッパの大部分で受信が可能である。(信号の伝播と局所の干渉次第でさらに遠くでも受信が可能。例を挙げると、受信状態が良好であれば、干渉の少ない夜間にポルトガルで受信出来る。)

その信号は振幅変調、パルス幅コード化された1ビット毎秒のデータ信号として伝わる。このデータ信号は、長さ511ビットの疑似ランダムシーケンス(直接シーケンス・スペクトラム拡散(DSSS)変調)を使っているキャリアの上へ位相変調される。送信データは、下記の情報を毎分を繰り返す、

2003年より、タイムコードでそれまで未使用の14ビットが、民間防衛緊急信号のために使われた。これは実験的なサービスで、ドイツの民間防衛サイレンのネットワークと置き換わる日が来る事を目途している。

コールサイン(呼出符号)DCF77 は、D=Deutschland(ドイツ)、C=long wave signal(長波信号)、F=Frankfurt(フランクフルト)、77=周波数77.5kHzを意味する。それはモールス信号で、必要に応じてITU 国際電気電信条約付属無線通信規則(Radio Regulations/RP)の第19条("Identification of Stations /電波局の識別")に要求され1時間毎に3回送信された。しかし、モールス式の信号が、第2の目印の信号対雑音比(SN比)を低下させることが判明し、いずれにしてもDCF77信号がその周知の特性のために国際的に容易に識別されたので、この慣行は2004年に中止された。

利用[編集]

電波時計は、80年代後期頃からヨーロッパで非常に好まれ、多くの時計が時間を自動的に設定するためにDCF77信号を使う。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]