dCprG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
dCprG
別名 DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
DCPRG
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ファンク
ジャズ・ファンク
アフロビート
ラテン
カリプソ
即興音楽
現代音楽
ロック
ヒップホップ
トリップ・ホップ
エレクトロニカ
活動期間 1999年 - 2007年
2009年
2010年 -
レーベル Pヴァイン
日本コロムビア
インパルス!レコード
共同作業者 ROVO
大谷能生
SIMI LAB
公式サイト 菊地成孔の第三インターネット - naruyoshi kikuchi INTERNET TROISIEME
メンバー 菊地成孔(コンダクト、CDJ、キーボード)
坪口昌恭(キーボード)
小田朋美(キーボード)
大村孝佳(ギター)
アリガス(ベース)
千住宗臣(ドラム)
田中教順(ドラム)
大儀見元(パーカッション)
津上研太(サックス)
高井汐人(サックス)
類家心平(トランペット)
旧メンバー 大友良英(ギター)
高井康生(ギター)
ジェイソン・シャルトン(ギター)
栗原正己(ベース)
芳垣安洋(ドラム)
藤井信雄(ドラム)
吉見征樹(タブラ)
後関好宏(サックス)
青木タイセイ(トロンボーン)
佐々木史郎(トランペット)
関島岳郎(チューバ)
丈青(キーボード)

dCprG(ディー・シー・ピー・アール・ジー)は、日本ジャズミュージシャン菊地成孔主宰のビッグバンド。1999年に「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(デートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン)」名義で結成。

概要[編集]

菊地の私淑するエレクトリック・マイルスコンセプトの軸に、アフロポリリズムファンク現代音楽を取り入れることで、クラブカルチャー/ダンスフロアに、従来とは異なる律動構造をもったダンスミュージックを提示することを音楽的な主眼として結成された。

当初はDJキーボードテナーサックスを兼任するバンドマスターの菊地の他に、キーボードギター2人、ベースドラムス2人、パーカッションタブラソプラノサックスの10人編成で結成された。2000年に菊地の私塾の生徒だった後関好宏(テナー/ソプラノサックス)が加入、11人編成となり、菊地はDJ、キーボードの演奏とバンドのコンダクトに専念するようになる。第二期(2003年〜)に入るとブラスセクション(トロンボーントランペットチューバ)が増員され、14人編成と更に大所帯になる。

当初2002年に解散をすると宣言をしていたが、その後も活動を続けた。また、菊地がリスペクトするマイルス・デイビス菊地雅章などジャズの楽曲だけでなく、ジミ・ヘンドリックスビージーズデヴィッド・ボウイらの往年の名曲もカバーしている。

2007年4月25日、O-EASTでのライブの本編終了後に活動終了を発表。理由としては「アメリカを表現したため、ファンクバンドとしての役目を終えた。あらかじめ活動終了をアナウンスすると、最近会場に足を運んでいなかった観客が押し寄せるだろうから、あえて当日まで秘密にしておいた」と語った。アンコールではメンバーが担当楽器を持ち替えて「Hey Joe」を演奏した。

2009年マイケル・ヘンダーソン率いるエレクトリック・マイルス・リユニオンバンドの来日公演のダブルビルとしてのオファーを受け、一夜限りの活動再開が決定されたが、マイケル・ヘンダーソンのプロジェクト自体が頓挫し、単独ギグを行う事となり、併せて活動を本格的に再開する事になった。

2010年7月25日、菊地のサイトにおいて再集結が発表。再結成では無く新メンバーによる活動再開であること、バンド名をDate Course Pentagon Royal GardenからDCPRG(ディー・シー・ピー・アール・ジー)に改称することがアナウンスされた。2010年10月9日、東京の日比谷野外音楽堂でのライブを皮切りに、単独公演やレコーディングなど、定期的に活動を行っている。2012年以降はSIMI LABとのコラボレートを続け、ヒップ・ホップの要素も取り込んでいる。フェスティバルやイベントでの客演も多く、日本国内でも有数の大型ダンスバンドとなっている。

活動再開後の編成は、菊地の他、キーボード2人、ギターベースドラムス2人、パーカッションサックス2人、トランペットと、結成当時とはやや異なっている。

2014年4月、パーカッションの大儀見元が自動車運転過失致死容疑で逮捕[1]。それに伴い、4月12日より自主的な謹慎状態に入り、5月に予定されていた公演は大儀見抜きで行われた。6月から必要最低限の重要な現場であると本人が判断したものに限り活動を再開させる事を、大儀見のブログで菊地の代筆によって発表された[2][3]

2015年5月、「Franz Kafka's South Amerika」より名称をDCPRGからdCprGに再改称。

メンバー[編集]

2010年活動再開以降のメンバー[編集]

名前 担当楽器 dCprG以外の活動 備考
菊地成孔 コンダクトCDJキーボード 菊地成孔ダブ・セプテット
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール/JAZZ DOMMUNISTERS
坪口昌恭 キーボード 坪口昌恭Quartet/東京ザヴィヌルバッハ/菊地成孔ダブ・セプテット
小田朋美 キーボード VOICE SPACE 2014年東名阪ツアーより
大村孝佳 ギター C4Marty FriedmanBABYMETAL(神バンド)
アリガス ベース 朱雀大路/元五人一首
千住宗臣 ドラム COMBO PIANO/PARA/ウリチパン郡
山本精一 & THE PLANGROUND/KOMA(劫魔)
田中教順 ドラム 朱雀大路/Informel 8
大儀見元 パーカッション オルケスタ・デ・ラ・ルス米米CLUB/SWINGOZA
熱帯JAZZ楽団/菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
津上研太 サックス BOZO/村田陽一orchestra渋谷毅オーケストラ
高井汐人 サックス 朱雀大路/アトリエ・ブラジル/Informel 8
類家心平 トランペット 菊地成孔ダブ・セプテット/Informel 8
サポートメンバー
TAKUYA ギター JUDY AND MARY 活動再開から大村正式加入まで
滝沢スミレ キーボード KINGDOM☆AFROCKS 2013年5月日比谷野音
脱退
丈青 キーボード SOIL&"PIMP"SESSIONS/J・A・M/JUA 多忙のため2012年12月のライブをもって脱退

2007年活動終了以前のメンバー[編集]

名前 担当楽器 dCprG以外の活動 備考
菊地成孔 コンダクト・CDJ・キーボード ティポグラフィカGround ZeroSPANK HAPPY
東京ザヴィヌルバッハ/菊地成孔Quintet
坪口昌恭 キーボード 坪口昌恭Trio/東京ザヴィヌルバッハ/菊地成孔Quintet
高井康生 ギター Ahh! Folly Jet
ジェイソン・シャルトン ギター Panic Smile 第二期より
栗原正己 ベース 栗コーダーカルテット
芳垣安洋 ドラム GROUND ZERO、モダンチョキチョキズRovo/Vincent Atomics
渋さ知らズ大友良英NEW JAZZ QUINTET
藤井信雄 ドラム 坪口昌恭Trio/菊地成孔Quintet/Giulietta Machine
大儀見元 パーカッション オルケスタ・デ・ラ・ルス/米米CLUB/SWINGOZA/熱帯JAZZ楽団
吉見征樹 タブラ ARABINDIA/STOY/スパニッシュ・コネクション/彼岸の此岸
津上研太 サックス BOZO/村田陽一orchestra/大友良英NEW JAZZ QUINTET/渋谷毅オーケストラ
後関好宏(ゴセッキー) サックス 東京中低域/stim/KINGDOM☆AFROCKS/EGO-WRAPPIN'
在日ファンク一十三十一風味堂
青木タイセイ トロンボーン オルケスタ・デ・ラ・ルス/熱帯JAZZ楽団/Vincent Atomics 第二期より
佐々木史郎 トランペット Shiro Sasaki & Caoba Big Band/オルケスタ・デ・ラ・ルス
熱帯JAZZ楽団/BIG HORNS BEE
第二期より
関島岳郎 チューバ コンポステラ/ストラーダ/シカラムータ/THE THRILL
栗コーダーカルテット/こまっちゃクレズマ
第二期より
サポートメンバー
伊藤賢二(イトケン) ドラム Harpy/zuppa di pesce/itoken trio/相対性理論
三沢泉 パーカッション
脱退
大友良英 ギター Ground Zero/Filament/大友良英NEW JAZZ QUINTET/I.S.O. 第一期のみ。多忙のため脱退。

ディスコグラフィ[編集]

第一期[編集]

発売日 形式 タイトル レーベル 備考
2001年7月10日 スプリットシングル P-Vine ROVOとのスプリット
2001年8月10日 アルバム
2002年11月10日 リミックスアルバム
2003年6月25日 ライブアルバム オリコン247位

第二期[編集]

発売日 形式 タイトル レーベル 備考
2003年9月25日 アルバム P-Vine
2004年9月8日 TRIAD オリコン174位
2005年3月23日 ライブCD+DVD オリコン283位
2007年4月6日 アルバム P-Vine オリコン120位
2007年12月26日 DVD

2010年活動再開以降[編集]

発売日 形式 タイトル レーベル 備考
2011年2月25日 DVD-ROM音声データ ewe records PC専用商品
2011年9月21日 ライブアルバム IMPULSE! アート・リンゼイがゲスト参加
(Disc 1-#2・#3)
2012年3月28日 アルバム
2015年5月13日 アルバム TABOO

※また、OTOTOYから配信限定の作品もリリースされている。

ちなみに、作品のタイトルは実在の書籍や映画に由来するものが多い。

作品 著者 刊行年 該当作品
アイアンマウンテン報告 レナード・C・リュイン 1967年 REPORT FROM IRON MOUNTAIN(アイアンマウンテン報告)
キャッチ=22 ジョーゼフ・ヘラー 1961年 REPORT FROM IRON MOUNTAIN(アイアンマウンテン報告)
#1.Catch22
構造と力 浅田彰 1983年 Structure Et Force(構造と力)
アメリカ フランツ・カフカ 1927年 Franz Kafka's AMERIKA(フランツ・カフカズ・アメリカ)
ジャングルクルーズにうってつけの日 生井英考 1987年 Franz Kafka's AMERIKA(フランツ・カフカズ・アメリカ)
#1.Perfect days for jungle cruise(ジャングル・クルーズにうってつけの日)
競売ナンバー49の叫び トマス・ピンチョン 1966年 Franz Kafka's AMERIKA(フランツ・カフカズ・アメリカ)
#3.the crying of lot 49(競売ナンバー49の叫び)

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]