D-36 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
D-36MV

D-36(Д-36)は、ウクライナイーウチェンコ=プロフレースが生産する3軸式高バイパスターボファンエンジンである。イーウチェンコ・プロフレース D-36ロタレフ D-36とも呼ばれる場合もある。

1970年代初頭に(当時のソ連の基準ではとても先進的だった)Yak-42An-72An-74の開発でウラジーミル・アレクセーエヴィチ・ロタエフの指導の下で開発が始まった。1971年から試運転が始まり、1974年に初飛行試験を行い、1977年から生産が開始された。

エンジンは、3段式のタービンで駆動される29枚のブレードで構成されるチタン製の単段式のファンを備え、外装部はアラミド繊維でできている。6段式の低圧圧縮機のブレードはチタン製で非冷却式の単段式の低圧タービンで駆動される。7段式の高圧圧縮機は製のブレードでフィルム冷却と内部冷却による単段式の高圧タービンで駆動される。An-74TK 4A-300に搭載される派生型は逆推力装置を備える。

仕様[編集]

種類 推力(kN) 始動時の
バイパス比
総圧縮比 ファン直径(m) 全長(m) 乾燥重量(kg) 運用開始 搭載機
D-36 シリーズ 1 63,75 5,6:1 20:1 1,333 3,930 1,124 ? Yak-42
D-36 シリーズ 1A/2A 63,75 5,6:1 20:1 1,333 3,192 1,124 ? An-72
An-74
D-36 シリーズ 3A 63,75 5,6:1 20:1 1,333 3,192 1,124 ? An-74
D-36 シリーズ 4A 63,75 ? ? 1,333 3,732 1,130 ? An-74TK-300

外部リンク[編集]