D-(-)-2-アミノ-5-ホスホノペンタン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D-AP5の構造式

D-(-)-2-アミノ-5-ホスホノペンタン酸D-(-)-2-amino-5-phosphonopentanoic acid)は、神経細胞受容体のNMDA受容体を選択的に阻害するアンタゴニストD-AP5と略称される。D-(-)-2-アミノ-5-ホスホノ吉草酸D-(-)-2-amino-5-phosphonovaleric acid、D-APV)とも呼ばれる。分子式はC5H12NO5Pであらわされ、分子量は197.13、CAS登録番号79055-68-8。光学異性体であるL-AP5よりも阻害にかかわる選択性が高いとされている。水溶性。