タブリエ・マーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Cure maid caféから転送)
移動先: 案内検索
タブリエ・マーケティング株式会社
Tablier Marketing. inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木4-33-10
トーシンビル B1F
設立 2000年平成12年)4月
法人番号 4011001038900
事業内容 インターネットショッピングモール事業
サポーターズコミュニティサイトBEWEの運営
卸売事業
商業施設開発及び販売事業
代表者 代表取締役社長 橋本義賢
資本金 95,000千円
決算期 3月
テンプレートを表示

タブリエ・マーケティング株式会社(Tablier Marketing. inc.)は、タブリエコスパ・グループ傘下の流通・販売会社である。本社は東京都渋谷区にある。

概要[編集]

2000年に株式会社ヴァニラとして設立し、2006年4月に現社名に変更した。

中核事業としてはキャラクターグッズのオンラインショッピングモール「ジーストアドットコム(GEE!STORE.com)」を運営し、関連会社のコスパや他社などのキャラクターグッズ販売を手がける。また、各地に直営店「ジーストア」やコスパのオフィシャルショップを運営するほか、ホビーショップにインストア型ショップ「ジーゾーン」の設置・展開を進めている。

この他、コスパ製品の総販売元として各グッズショップに卸売業務を行うほか、携帯電話向けキャラクターコンテンツサイト「ジーステーション」の運営、フリーペーパー「ジープレス」の発行などを手がける。また2005年には、タブリエ(現タブリエ・コミュニケーションズ)からメイド喫茶「キュアメイドカフェ」の委譲を受け、また2008年4月にはタブリエ・コミュニケーションズからコミュニティサイト「BEWE」の委譲を受けており、それぞれ運営を継続している。

店舗[編集]

  • ジーストア(キャラクターグッズ) - 秋葉原仙台名古屋大須)・大阪日本橋)・福岡天神
  • リトルワールド(ドール・ドール衣装) - 秋葉原・仙台・名古屋・大阪・福岡(いずれもジーストア店内に内包)
  • コスパオフィシャルショップ(キャラクターアパレル、コスプレ衣装、キャラクターグッズ)
    • 独立店舗:秋葉原(二次元コスパ・アキバ本店、コスパ秋葉原)
    • 期間限定店舗:ナリタサテライトステーション
    • ジーストア店内に内包:秋葉原・仙台・名古屋・大阪・福岡
  • ジーゾーン(インストア型店舗) - 店舗情報を参照。

ジーストア・アキバ[編集]

秋葉原(東京都千代田区外神田3丁目)に所在し、ジーストアの実店舗の旗艦店となっている。

元々はブロッコリーが運営していたゲーマーズスクエア店で、コスパとしては当初は2階に直営店を構えるだけだった。その後2001年にブロッコリーと関わりのあったコスパグループにゲーマーズスクエア店の運営が委譲され、5階にも店舗を設置し、6階の「カフェ・ド・コスパ」を「キュアメイドカフェ」へとリニューアル運営を開始した。2004年4月には全館の名称をジーストアアキバとしている。

ジーストアやコスパ以外のテナントとして、1階にはカプセルトイ専門店の「秋葉原ガチャポン会館」、3・4階にはレンタルショーケースの「PORD」が入居している。

キュアメイドカフェ[編集]

キュアメイドカフェ(Cure maid café)はタブリエ・マーケティングが運営する喫茶店。上記ジーストア・アキバの6階に所在し、現在のメイド喫茶の元祖である。

ゲーマーズスクエア店で、1999年からゲーム『Piaキャロットへようこそ!!』シリーズとのタイアップで始めた「Piaキャロレストラン」を不定期に運営したのが始まりで、2000年より「カフェ・ド・コスパ」として常設運営を開始、多様なコスプレを楽しめる店へと店舗形態を変更した。2001年に運営がコスパグループに委譲されるとともにリニューアルし、ウェイトレスの制服をメイド服に統一、落ち着いた雰囲気のある空間と「癒し」をコンセプトとした現在の店舗となった。

他のメイド喫茶に見られるような「萌え」を全面に出したサービスは行っておらず、落ち着いた雰囲気で飲食ができるようになっており、ウェイトレスの制服がメイド服であることを除けば、普通の喫茶店となっている。毎週土曜日の夜以降にはプロによる生のハープ・フルート・バイオリン演奏が行われるのも特色となっている。

その一方で、Piaキャロレストラン〜カフェ・ド・コスパの流れを引き継ぐ形で、各種アニメ・ゲームとのタイアップイベントを実施、その作品にちなんだ特別メニューが出されるほか、その作品のコスプレをしたコスプレイヤーがいたり、作品の原画や設定資料、グッズなどが展示される。また不定期にトークライブを開催するなど、イベントスペースとしても活用されている。

メニューでは、カレーのチャンピオンのルーを使ったカレーライスを提供しており、東京都内ではチャンピオンのカレーが食べられる店の一つとなっている(チャンピオンの店舗としては麹町店がある)。

外部リンク[編集]