Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー
タイトル表記
繁体字 臥虎藏龍:青冥寶劍
簡体字 卧虎藏龙:青冥宝剑
ピン音 wò hŭ cáng lóng: qīng míng băo jiàn
粤語ピン音 ngo⑥ fu② cong④ lung④ :cing① ming⑤ bou② gim③
英題 Crouching Tiger, Hidden Dragon: Sword of Destiny
各種情報
監督 ユエン・ウーピン
脚本 ジョン・フスコー
原作 王度盧、『鶴鉄五部曲』から『鐵騎銀瓶』
製作 ピーター・バーグ
Charlie Nguyen
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
モルテン・ティルドゥム
Ron Burkle
Ted Sarandos
Pauline Fischer
出演者 ミシェール・ヨー
ドニー・イェン
ハリー・シャム・ジュニア
ナターシャ・リュー・ボルデッツォ
音楽 梅林茂
主題歌 ココ・リージャム シャオ
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
アクション指導 ユエン・ウーピン(アクション監督)
ユエン・シュンイー
リン・チーワー
衣装 ナイラ・ディクソン
美術 グラント・メイジャー
配給 世界の旗 ネットフリックス
香港の旗 新寶娛樂有限公司
中華人民共和国の旗 中国电影集团公司
アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
公開 香港の旗 2016年2月18日
中華人民共和国の旗 2016年2月19日
アメリカ合衆国の旗 2016年2月26日
世界の旗 2016年2月26日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中国
言語 英語普通話日本語
製作費 US$60 million
前作 グリーン・デスティニー
テンプレートを表示

Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー』(原題:Crouching Tiger, Hidden Dragon: Sword of Destiny、臥虎藏龍:青冥寶劍)は、2016年に公開されたアメリカ・中国合作の武侠映画。2000年に公開された『グリーン・デスティニー』の続編である。監督ユエン・ウーピン、出演はミシェール・ヨードニー・イェンハリー・シャム・ジュニアほか。

2016年2月26日より、世界大手のオンライン映像配信会社ネットフリックスのオリジナル作品として、日本を含む世界同時にストリーミング配信された。

解説[編集]

2001年に行われた第73回アカデミー賞外国語映画賞など4部門を受賞した『グリーン・デスティニー』の続編として、アメリカの映画会社ワインスタイン・カンパニーが制作をスタート。中国の作家王度盧(ワン・ドゥルー)の 武侠小説『鶴鉄五部曲』の中から最終巻『鉄騎銀瓶』を原作としているが、実際の内容はそれほど原作に忠実ではない[1]

『グリーン・デスティニー』でユー・シューリン(兪秀蓮)を演じたミシェール・ヨーが役をそのままに続投。新たな役として、兪秀蓮のいいなづけであったサイレントウルフことメン・スージョウ(孟思昭)にドニー・イェン、アメリカのドラマで有名になったハリー・シャム・ジュニアが出演した。またオリジナル音声が英語であるため、スノーヴァース(雪瓶)を演じたオーストラリアのモデルナターシャ・リュー・ボルデッツォをはじめ、中国系アメリカ人やベトナムなど多国籍のキャストが参加した。

2016年2月26日にネットフリックスよりオリジナル作品として世界同時配信されている。また中国大陸ではIMAX3D、3Dとして2月19日に、香港で2月18日、アメリカにおいても2月26日に劇場公開された。公開に際しては中国では普通話に、香港では広東語に吹き替えられている。日本でのソフト発売は未定。

ストーリー[編集]

リー・ムーバイの死から18年。武林を離れ隠居していたシューリン(ミシェール・ヨー)はムーバイの碧銘剣(グリーン・デスティニー)を預けたティエ家の当主の葬儀の為北京に向かっていた。道中謎の集団に襲われたシューリンは、突然現れた覆面の男の加勢を得て賊を返り討ちにする。

武林界の一派ウェスト・ロータスの拠点では、若い女、スノーヴァース(ナターシャ・リュー・ボルデッツォ)が入門と偽りヘイデス・ダイ(ジェイソン・スコット・リー)の命を狙うが失敗。逃げた彼女が次に姿を表したのはティエ家の葬儀に参加する1人としてである。その佇まいになにかを感じ取るシューリン。

ヘイデスはムーバイの残した伝説の剣グリーン・デスティニーを手に入れ、武林界の頂点に立つことを狙っていた。 盲目魔女の予言によって剣を盗む役目に任命されたのは、孤児として剣客アイアンクロウ(ロジャー・ユアン)に育てられた一派の若者ウェイ・ファン(ハリー・シャム・ジュニア)。彼が屋敷に忍びこむともう1人の賊が同じ剣を狙っていた。音を立てずに争う2人。しかしウェイ・ファンの上着が破れ、肩にあった痣を見た瞬間、相手はうろたえて花瓶を割ってしまう。

その音に屋敷内が騒然とする中、すぐさま覆面を取ったもう1人の正体は弔問客のスノーヴァースであった。捕えられたウェイ・ファンはシューリンの提案により処刑されずに檻に入れられる。そしてグリーン・デスティニーを手にしたシューリンに軽くあしらわれたスノーヴァースは彼女に弟子入りを申し込む。

剣が狙われていると知ったシューリンは用心棒のために義士を募った。その報せに名乗りをあげたのは4人の剣客と、サイレントウルフと呼ばれる男。彼こそかつてシューリンの許嫁でありヘイデスとの対決で死んだはずのメン・スージョウ(ドニー・イェン)。道中彼女を助けた覆面の男であり、彼女とムーバイが愛し合っている事に気がつき、2人の為にわざと死んだことにして身を引いて、長い間山中で修業を続けてきたのだという。

伝説の剣グリーン・デスティニーをめぐる過去の因縁と運命の糸が綾なす宿命は、やがて4人をヘイデス一派との戦いへとむかわせるのだった。

キャスト[編集]

主題曲[編集]

「如果時間剩一秒」

制作・キャスティング・公開[編集]

初期段階[編集]

2013年1月にIGN Entertainmentによって、ワインスタイン・カンパニーが『グリーン・デスティニー』の続編制作を計画しており、前作を監督した アン・リーが辞退したため香港のロニー・ユー監督と交渉中であり、ジョン・フスコーが脚本を担当すると伝えられた[2]

2月、1作目の主演であるミシェール・ヨーが続編は制作の初期段階にあると話し[3]、その後、ドニー・イェンが出演濃厚と報道される[4]一方で、前作において玉嬌龍を演じたチャン・ツィイーは続編制作の話を知らないと取材陣に答えた[5]。また重要な役に中国の人気女優ファン・ビンビンの名前が挙がっているという噂も伝えられた[5]。直後にドニー・イェンはオファーがあったことを認めたうえで、スケジュールが一杯なことと『グリーン・デスティニー』があまりにも名作すぎるために躊躇している旨を語った[6]

監督、主演決定[編集]

5月にはワインスタイン・カンパニーから、監督は前作でアクション監督を担当したユエン・ウーピンに決定し、ミシェール・ヨーとドニー・イェンの共演で2014年3月にクランクインすることが明らかにされ[7]、同月に行われたカンヌ映画祭でウーピン監督とともに姿を見せたドニーが正式に参加することを公表[8]。3人での共作は1994年の香港映画『詠春拳』以来となった。

そんななか、回想シーンでの出演を噂されていたチャン・ツィイーの事務所は、そのような話は聞いていないとし、アン・リーが監督ならば絶対に出演したはずと報道を否定した[9]

11月、国家新聞出版広播電影電視(ラジオ・映画・テレビ)総局が、続編の制作を認可した事を公示。今作では、若い男女がストーリーに関わる重要な人物となることがマスコミによって伝えられ、その役にホァン・シャオミンの名も挙がった[10]。が、ユエン・ウーピン監督は単独インタビューに対し「この役にはもう少し若い新人がいい」とコメント、アメリカ人の脚本では中国文化への理解が足りないと、脚本の改訂とキャスティングに時間がかかりクランクインが延期されることを示唆した[11]

ウーピンはのちの取材に対し、当初ロケ地に反対したと言い[12]、「中国は監督主義だがアメリカはプロデューサー主義。我々はスタッフの1人にすぎない[13]。彼等にとって武侠は西部劇の世界観に通じると最終的に理解をした。そこで世界的な展開のために東西文化を融合させることになった。いわば武侠映画の西部劇化、または西部劇の武侠化ともいえる」と率直に語っている[14]

翌年2014年の1月には、ドニーの高額ギャラと付帯条件を制作側が受け入れられないため代わりにアンディ・ラウを起用すると、中華マスコミが一斉に報じた。が、即座にワインスタインは、続編の構想が浮上した時からミシェールとドニーを想定しており、彼ら以外の人選は考えられないと声明を発表している[15]

撮影[編集]

4月、ロケ地にニュージランドが選ばれたことが報道され[16]、3月に予定されていたクランクインが8月になったことと、香港の俳優ニコラス・ツェーがオファーされたことが伝えられた[17]、その役については、アメリカのTVドラマ『glee/グリー』に出演したハリー・シャム・ジュニアに決定した[18]。またクランクイン直前の6月には、中国のPegasus Mediaと中国电影集团公司(China Film Group Corporation)が共同制作に加わっている[19]。7月31日には、ニュージーランドの撮影現場で大規模な火災が発生。負傷者が出る事態には至らなかったが、報道によると損失額は1000万香港ドル(約1億3000万円)以上にのぼるとされた[20]

撮影監督を『ドライヴ』『ジャックと天空の巨人』『X-MEN: フューチャー&パスト』のニュートン・トーマス・サイジェルが担当し、VFXスーパーバイザーとして『ロード・オブ・ザ・リング』でアカデミー視覚効果賞を受賞したマーク・ステットソンや『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』でアカデミー衣裳デザイン賞ナイラ・ディクソンアカデミー美術賞グラント・メイジャーなどが参加[21]、音楽は日本人作曲家梅林茂がつとめた。

使用した骨董品は、中国で作られた総重量3トンのレプリカが海路で運ばれた[22]。スタッフとして20ヶ国から集まった700人余りが関わり、3400点の道具類、1000着の衣裳、凍った湖面のシーンでは30メートルの湖を設営し、邸宅のセットについてはチームを派遣して北京に現存する恭王を実測、300人がかりで1:1の屋敷を作り上げた[23]。撮影はニュージーランドで13週、北京で4週にわたって行われ[22]、映像素材は1800分に及んだという[21]

公開[編集]

また撮影中の2014年9月には、オンライン映像配信のアメリカネットフリックスが今作をワインスタインと共同制作していると発表。全米のIMAXシアターと同時にネットフリックスでリリースするとした[24]。この方針に、大手劇場チェーンのリーガル・エンタテインメントAMCシネマークU.S.A.、カーマイク・シネマズらは、同作品をIMAXスクリーンでかけないとボイコットを宣言。声明の中で、リーガルは「同じ映画をIMAXのビッグスクリーンとスマホの小さな画面で同時に見せる実験に参加するつもりはない」と理由を説明している[25]。結果、アメリカではわずか15館以下でのIMAX上映となった[26]

2015年12月ネットフリックスから予告編が公開され、そこでナターシャ・リュー・ボルデッツォ [27]、敵役としてジェイソン・スコット・リーの出演が明らかになった。

翌年2016年2月には、中国劇場公開にむけてのお披露目会が催され、そこでミシェールは「16年前は20歳のツィイーの面倒を見て今回は19歳のナターシャ、本当にありがとう」と同席したプロデューサーのワインスタインに笑って声をかけた[28]。ドニーは「初めて会ったときにミシェールにひと目ぼれをした」と会場を沸かせ「僕はほんの端役だよ」と彼女のために引き立て役になったと語った[28]。そしてステージでは、ダンサーであるハリーがダンスを披露。前作のエンディング・テーマを歌ったココ・リーと台湾の人気歌手ジャム・シャオが新しいテーマソングをデュエットした。

中国大陸では、IMAXシアターで2016年の春節(旧正月)映画として上映することを2015年9月に発表したが[29] 、その後公開日を春節後の2月19日に変更してIMAX3D、3Dの劇場で公開された[30]。中国公開に際しては、広播電影電視総局から、劇中登場する実在した白蓮教を架空の団体に、また「反清復明(清を滅ぼし明を復興する)」表現を薄めるように指示されている[31]

ソフトウェア[編集]

劇場公開された香港から臥虎藏龍: 青冥寶劍としてブルーレイ3D+2D盤と、DVDが発売されている。画面解像度1080p (1920 x 1080 progressive scan)
音声は広東語普通話。オリジナルの英語は収録なし。字幕は英語、中文(繁体、簡体)

サウンドトラック[編集]

2016年3月11日、Sony Classicalより発売。
Crouching Tiger, Hidden Dragon: Sword of Destiny Original Motion Picture Soundtrack
Original score by Shigeru Umebayashi, feat. LANG LANG
ASIN: B01AXA6EYW

1. The Edge of the Empire Lies the Martial World
2. Snow Vase Attacks Hades Dai
3. Silent Wolf Theme
4. Back to Beijing
5. Wild Bunch Theme
6. Tea House Fight
7. West Lotus Soldiers in Lingao Village
8. Fue – Snow Vase
9. This is Our Story – Your Mother is My Teacher
10. Taiko – Wei Fang
11. Silent Wolf and Yu Fend Off
12. Snow Vase Attacks Mantis
13. Deja Vu Moment
14. Lying in the Cage
15. Snow Vase Theme
16. Plum Wine
17. Banter Waltz
18. Silent Wolf Maid His Way to Wudang Mountain
19. Protect the Sword with Your Life
20. Paper Lantern
21. Yu Shu Line’s Theme
22. Yu and Snow
23. Yu Still Watching Silent Wolf
24. The Last of the Mourner
25. Silver Dart Dies
26. Wei Fang Stole the Green Destiny
27. Frozen Lake
28. It’s Over – The Sword Wins
29. A Swordsman of Honor
30. Theme for Sword of Destiny
31. Eternal Breath - English Version李玟+蕭敬騰+郎朗
32. 如果時間剩一秒 - 中文版 李玟+蕭敬騰+郎朗
33. Theme For Sword Of Destiny - Revised

脚注[編集]

  1. ^ 卧虎藏龙:青冥宝剑影评:情义承诺远胜杀戮贪欲!逆天武侠新巅峰!”. 飞鱼娱乐. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  2. ^ CROUCHING TIGER, HIDDEN SEQUEL”. IGN. 2013年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月24日閲覧。
  3. ^ ミシェル・ヨー、『グリーン・デスティニー』の続編製作は「初期段階」と明かす”. 映画ナビ. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月21日閲覧。
  4. ^ 「グリーン・デスティニー」続編制作が起動!主演はドニー・イェンか―香港”. レコードチャイナ. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月13日閲覧。
  5. ^ a b チャン・ツィイー「グリーン・デスティニー」続編に無関心?出演オファーなし―香港”. レコードチャイナ. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月15日閲覧。
  6. ^ Donnie Yen may star in 'Crouching Tiger' sequel”. China.org.cn.. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月18日閲覧。
  7. ^ Production on Crouching Tiger Hidden Dragon II – The Green Destiny Starts in March 2014”. comingsoon.net. 2014年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月16日閲覧。
  8. ^ 「グリーン・デスティニー」続編のドニー・イェン、熱心なアプローチに陥落!―カンヌ映画祭”. Record China. 2014年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月20日閲覧。
  9. ^ 【華流】ツィイー、『グリーン・デスティニー』続編出演はデマ!?”. SBIサーチナ. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月24日閲覧。
  10. ^ 「グリーン・デスティニー2」の制作決定、ミシェール・ヨーやホァン・シャオミンが出演へ―中国メディア”. Record China. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。
  11. ^ 独家访袁和平 《卧2》:剧本不行延期开拍”. 新浪娱乐. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月28日閲覧。
  12. ^ 袁和平导《卧虎藏龙2》因为缘分:拍电影只能用心”. 1905.com. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  13. ^ 《卧虎藏龙2》西方化? 把武侠“牛仔化”是不得已”. 人民网. 2016年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
  14. ^ 《卧虎藏龙:青冥宝剑》 一部"武侠牛仔化"的大片”. 人民网. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月4日閲覧。
  15. ^ ドニー・イェンが「グリーン・デスティニー2」降板否定、アンディ・ラウ起用説も―香港”. レコードチャイナ. 2016年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  16. ^ Crouching Tiger sequel to be filmed in NZ”. nzherald.co.nz. 2016年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月20日閲覧。
  17. ^ 「グリーン・デスティニー」続編にニコラス・ツェー出演か、8月にクランクイン―香港”. Record China. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月9日閲覧。
  18. ^ 「glee」ハリー・シャム・ジュニア、アカデミー賞4部門獲得の名作「グリーン・デスティニー」続編に出演へ”. tvgroove.com. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月1日閲覧。
  19. ^ US-Chinese sequel to 'Crouching Tiger, Hidden Dragon' announced”. Chinanews.com. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  20. ^ 「グリーン・デスティニー」続編の撮影現場で大規模火災、ドニー・イェンは無事―香港”. recordchina. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月3日閲覧。
  21. ^ a b 《卧虎藏龙2》曝剧照 三奥斯卡得主助阵袁和平”. 腾讯娱乐. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月25日閲覧。
  22. ^ a b 《卧虎藏龙》压轴贺岁 被赞为经典武侠世界”. 人民网. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月20日閲覧。
  23. ^ 《卧虎藏龙2》"雕琢武侠"特辑 "袁杨甄"20年聚首”. 1905电影网. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月31日閲覧。
  24. ^ ネットフリックス、映画「グリーン・デスティニー」続編を共同製作”. ロイター. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月30日閲覧。
  25. ^ 『グリーン・デスティニー』続編、大手劇場チェーンがボイコットするワケ”. exciteニュース. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。
  26. ^ 'Crouching Tiger, Hidden Dragon' Sequel to Play in 15 or Fewer Imax Theaters in U.S.”. hollywoodreporter. 2016年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月22日閲覧。
  27. ^ イタリア系の父と中国人との母の間にシドニーで1994年に生まれた。5年間テコンドーを学び2009年には黒帯を取得。モデルとして活動しながら本作に映画初出演
  28. ^ a b 《卧虎2》首映将播 甄子丹对杨紫琼“一见钟情””. 新华网. 2016年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。
  29. ^ 「グリーン・デスティニー」の続編が春節に封切り決定”. jp.sdchina.com. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月15日閲覧。
  30. ^ 《卧虎藏龍青冥寶劍》甄子丹楊紫瓊歸江湖”. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月18日閲覧。
  31. ^ 《臥虎藏龍2》遭廣電局下令淡化反清復明”. 大紀元. 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]