Cross System Product

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CSP(Cross System Product、システム共通プロダクト)とは、IBMがかつて開発・販売していたプログラム言語4GL、簡易言語)であり、COBOLソースコード・ジェネレーターを中心とした開発・実行環境である。

名称[編集]

IBM CSPを構成する2製品の正式名称(英語、日本語)は以下である。

  • IBM Cross System Product/Application Development(CSP/AD)
    • システム共通適用業務生成プロダクト/適用業務開発機能
  • IBM Cross System Product/Application Execution (CSP/AE)
    • システム共通適用業務生成プロダクト/適用業務実行機能

概要[編集]

CSPはIBMの複数の環境でCOBOLコードを生成する開発・実行環境であり、CSP/ADはユーザーによるアプリケーションの定義、テスト、生成を対話的に行うための簡易言語(超高水準言語とも呼ばれた)で、IBM/AEはCSP/ADで開発されたアプリケーションをオンラインまたはバッチで実行・管理する機能を提供した。

CSPはIBM 8100オペレーティングシステムであるDPPX上で生まれ、1982年にSystem/370の上で稼働するCICS/OS/VSMVS/TSOVM/CMSの環境に提供された。CSPはMVSのデータ格納方式であるVSAMや、階層型データベースIMS/DB(MVS用)、DL/I(DOS/VS用)もサポートした。CSPの特徴として、ある環境で作成したアプリケーションは、別の環境でも修正なしで動作した。

1986年にはCSP V3がリリースされ、更にリレーショナルデータベースなどがサポートされた。

  • CICS/OS/VSおよびMVS/TSO環境での、DB2サポート
  • VSEおよびVM/SP環境での、SQL/DSサポート
  • MVS/XAでの31ビットアドレッシングのサポート

最終バージョンはCSP V4だが、その実行環境(CSP/AD)も2001年にはサポートが終了された。1994年には後継のVisualGenが発表され、1996年にはVisualAge Generatorと名称変更された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]