Core Audio (アップル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Core Audio(コア オーディオ)は、アップルのOS(macOSおよびiOSiPadOStvOSwatchOSaudioOS)で、音声を扱うフレームワークである。Windowsにも同名のライブラリ(Core Audio (Windows))があるが、これとは異なる。

特徴[編集]

OSに組み込まれているフレームワークで、Classic Mac OS 9以前の標準オーディオ機能Sound Manager英語版とは機能・構造がまったく異なる。このためレイテンシ(発音の遅延)が少なく、ASIOと同水準になっている。また、Mac OS 9以前では純正のMIDI Managerでは機能が不十分で、もっぱらサードパーティ製のMIDIドライバ(オプコードのOpen Music Systemなど)が使用されていたが、Core Audioではインスツルメントユニットとして設計されている。

デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)のVirtual Studio Technology(VST)プラグインに似た、Audio Units (AU) と呼ばれる音声信号処理ユニットが用意されている。標準のエフェクトユニット、インスツルメントユニット・ミキサーユニット・コンバータユニット・ジェネレータユニットと、外部のユニットを組み合わせる(AU Graph)ことにより 、音声の加工・出力を簡単に行うことができる。

WAVやAIFFなどの主要な音声フォーマットはもちろんのこと、新たに開発されたファイルコンテナ CAF(Core Audio Format英語版)も正式にサポートしている。

OpenALライブラリも実装されている[1]

提供されるサービス[編集]

Core Audioは、複数のサービスから成り立っている。

基礎的な部分(下層)[編集]

ハードウェア抽象レイヤ (Hardware Abstraction Layer, HAL)
オーディオハードウェアを抽象化し、共通のインタフェースで扱える様にする。
Core MIDI
MIDI機器の管理や、MIDI信号の送受信を行う。

応用的な部分(上層)[編集]

Audio Toolbox
アプリケーション向けのAPI群。一般的な音声ファイルやMIDI (SMF) 楽曲の再生や録音、データフォーマットの変換、Audio Unitの取り扱いやDSPルーティングの管理、同期クロックの管理等を含む。
OpenAL
macOS/iOS版のOpenAL。主にゲーム開発に使用されるクロスプラットフォーム・オープンソースのAPI。OpenAL 1.1をベースとしているが、macOSには独自拡張も含まれる。

CAF[編集]

CAF(Core Audio Format)はMac OS X v10.4で登場したコンテナフォーマット。macOSをはじめiOS・iPadOS・tvOSのシステム音・内蔵の着信音や、iPhoneアプリの音声ファイルでも使用されている。ファイルサイズは最大16EBで、メタデータや、リトルエンディアンにもビッグエンディアンにも対応しており、圧縮音源(AAC・MP3など)もエンコード無しで直接格納することが可能な、柔軟性の高い音声ファイルフォーマットである。

対応形式[編集]

  • リニアPCM
  • G.711 μ-law
  • G.711 A-law
  • IMA ADPCM (IMA 4:1)
  • MPEG4 AAC
  • MACE 3:1 (Macintosh Audio Compression and Expansion)
  • MACE 6:1
  • MPEG1/2 Audio Layer-1 (MP1)
  • MPEG1/2 Audio Layer-2 (MP2)
  • MPEG1/2/2.5 audio Layer3 (MP3)
  • Apple Lossless

脚注[編集]

  1. ^ Core Audio Overview: What Is Core Audio?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]