Core Audio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Core Audio(コア オーディオ)は、アップルMac OS Xに搭載されているオーディオおよびMIDIを扱う機能の総称である。クロスプラットフォームなOpenALライブラリの実装を含んでいる[1]

Mac OS 9以前の標準オーディオ機能Sound Manager英語版と比較して、設計・性能・機能ともに近代的に刷新され、より高い利便性と低いレイテンシ(発音の遅延)を実現している。Core Audioにより、多くの業務用オーディオ入出力で採用されてきたASIOと同水準のレイテンシ性能を、標準環境で備えることが可能となった。また、Mac OS 9以前ではアップル純正のMIDI入出力機能MIDI Managerは時代遅れとなり、オプコード社のOMSなどが使用されていたが、Core Audioには新たにオーディオ機能と連携可能なMIDI入出力機能(OpenSound Control, OSC)が統合されている。

また、Core Audioでは新たにAudio Unit(AU)と呼ばれる音声信号処理のプラグイン規格を定義している。Audio Unitの管理はCore Audioに組み込まれており、イコライザリバーブコンプレッサなどのエフェクタ処理に加え、音源ミキシング、出力デバイスを含めたモジュラな信号処理経路(AUGraph)をプログラムによって構築し、半自動的にストリーム処理させることが可能になっている。

提供されるサービス[編集]

Core AudioはMac OS Xのオーディオ機能全般をカバーしており、複数のサービスから成り立っている。

基礎的な部分(下層)[編集]

ハードウェア抽象レイヤ(Hardware Abstraction Layer, HAL)
オーディオハードウェアを抽象化し、共通のインターフェイスで扱える様にする。
Core MIDI
MIDI機器の管理や、MIDI信号の送受信を行う。

応用的な部分(上層)[編集]

Audio Toolbox
アプリケーション向けのAPI群。一般的な音声ファイルやMIDI(SMF)楽曲の再生や録音、データフォーマットの変換、Audio Unitの取り扱いやDSPルーティングの管理、同期クロックの管理等を含む。
OpenAL
Mac OS X版のOpenAL。主にゲーム開発に使用されるクロスプラットフォームのAPI。

脚注[編集]

  1. ^ http://developer.apple.com/library/mac/#documentation/MusicAudio/Conceptual/CoreAudioOverview/WhatisCoreAudio/WhatisCoreAudio.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]