Consumer Generated Media

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Consumer Generated Media(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア、略称:CGM)とは、インターネット用語の一つで、消費者がインターネットなどを活用して内容を生成していくメディアを指す。「消費者生成メディア」などと訳される。そこで生成されるコンテンツは、User Generated ContentUGC、ユーザー生成コンテント/コンテンツ)と呼ばれる。

概要[編集]

かつての消費者は企業から提供される商品やサービスを金銭で消費するだけの存在であったが、市場が成熟していくにつれ、消費者側に確かで肥えた目を持つ層が増え、生産者(企画者)並みの知識を持ち始めた。このような消費者は生産消費者の一形態ともされる。個人の情報発信をデータベース化、メディア化したウェブサイトを指す。一般人が事件を撮影したり社会問題を取材したりするもの、商品やサービスに関する情報を交換するものから、作品の制作といったもの、単に日常の出来事をつづったものまでさまざまなものがある。

口コミサイトナレッジコミュニティソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS)、動画共有サービスブログBBS, COI (Community Of interest) サイトなどがこれにあたる。これらを利用した手法は、時にバイラルな(Viral = ウイルス性の)広がり(爆発的な口コミ力)を持つこともあるため、バイラル・マーケティングと呼ばれることもある。

現在[いつ?]インターネットにおいて口コミマーケティングに利用する動きが盛んであるが、CGMの考え方もその一つである。この考え方が登場した背景にはブログ、SNSの爆発的な普及もあるが、企業の利害関係が生じにくい生の声による判断をする人の増加が考えられる。多くの新サービスが特定カテゴリ+口コミという形で生まれている。

ただし、企業がこうしたコミュニティを利用した宣伝活動に暗に関与している場合もある[1]。過去には、モデル坊農さやかのブログの口コミ記事が企業から商品や報酬を得てのものだったことがテレビ番組で取り上げられたことで批判の声が上がり、そのブログが問題となったこともある。この他、こうした口コミブロガーの斡旋や、商品比較サイトへのサクラ行為の書き込みを事業とする企業[1]も存在する。

消費者によって生成されたコンテンツを意味するUGCの例としては、書籍化・映画化などのメディアミックス展開もされた作品、作者と読者の交流によって執筆が進行することが多いケータイ小説などがある[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「虚の時代[2]――サクラ操り やらせ広告」『朝日新聞』2009年5月1日付朝刊、第13版、第34面。
  2. ^ 速水健朗『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』原書房、2008年、95-96頁。ISBN 978-4562041633
  3. ^ 濱野智史 『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』エヌ・ティ・ティ出版、2008年、264頁。ISBN 978-4757102453

関連項目[編集]