Compis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Compisスウェーデン語の名称、コンピス)、Scandisノルウェー語の名称、スカンディス)は、学校での教育用に設計され1984年から販売されたコンピュータシステムである。

概要[編集]

Compisは教育用に使用することを意図していたため、その名称はCOMPuter In School(学校のコンピュータ)を縮めたCompisと付けられた。この名称は友人や仲間を意味するスウェーデン語のkompisという語との語呂合わせとも解釈できる。Compisの開発は1982年にスウェーデン・コンピュータ社(Svenska Datorer)により開始されたが同社が倒産したときにテレノヴァ社(TeleNova)に引き継がれた。Compisの販売はエセルテ社(Esselte)が行い、その対象は主にスウェーデンノルウェーフィンランドギムナジウムであった。

CompisはIntel 80186 CPUを搭載したコンピュータでオペレーティングシステムROM中のCP/M-86を使用していた(磁気ディスクからMS-DOSを起動することもできた)。Compisはライトペン用を含む幅広い入出力ポートを備えていた。Compisのプロジェクトは最初から前途多難で、IBM PC互換機への移行と共に時代遅れとなり最終的には1988年にプロジェクトはキャンセルされたが教育現場では1990年代まで利用されていた。

教育現場のCompisで使用された著名なアプリケーションソフトウェアは:

幾つかの学校では、典型的な10メガバイトハードディスクドライブを共有した10 - 20台のScandisで簡単なLocal Area Networkを構築していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Compisの資料(Telenova Compis - some documentation available here (スウェーデン語)