Chie umezawa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Chie Umezawa
Chie umezawa in Rio de Janeiro.jpeg
リオ・デ・ジャネイロ 初レコーディング(2003年
基本情報
生誕 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ボサノヴァMPBジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカル, ピアノ,ギター
活動期間 1997年 - 2014年
2017年 -
レーベル ビデオアーツ・ミュージック(2004年 - 2008年)

Chie Umezawa(うめざわ ちえ)は、日本歌手東京都出身。

来歴[編集]

東京生まれ。

5歳でピアノを学ぶ。

12歳でクラシックバレエを習い始める。

17歳でアメリカサンディエゴにダンスと演劇を学ぶために単身渡米。

思春期の7年間を米国で過ごした後、24歳で帰国。

帰国後、舞台女優としての経験を積む。

同時期に、都内のジャズクラブでジャズを歌いはじめる。

レパートリーにボサノヴァを耳で聞いてポルトガル語で歌い始めたのをきっかけにデビュー。

  • 2004年01月 - セルソ・フォンセカプロデュースによるアルバム『サビア』でデビュー
  • 2004年06月 - セルソ・フォンセカと共に全国ブルーノートツアー
  • 2005年10月 - 2006年9月 パリとリオ・デ・ジャネイロに渡り、音楽と語学を勉強するため長期滞在
  • 2006年10月 - 日本に帰国
  • 2007年07月 - セカンドアルバム『Ilha de Sol』のレコーディングのため、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロに滞在
  • 2007年11月 - セカンドアルバム『Ilha de Sol』をリリース
  • 2008年03月 - 初単独ツアーで、日本全国をまわる
  • 2009年03月 - 映画『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』のエンディングテーマ「宙よ」を歌う
  • 2010年01月 - ブラジル・ミナス州ベロ・オリゾンチにて、サードアルバム『フロール・ヂ・ミン』をレコーディング
  • 2010年09月 - 『フロール・ヂ・ミン』ツアーとして、ブラジル・サンパウロからピアニストであるチアゴ・コスタを迎え日本全国をまわる
  • 2014年12月19日 - ステージ活動及び音楽活動の停止を発表する
  • 2017年09月20日 - 音楽活動を再開した

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • サビア Sabia, 2004年1月31日, VIDEOARTS MUSIC
  • イーリャ・ヂ・ソール Ilha de Sol, 2007年11月21日, VIDEOARTS MUSIC
  • フロール・ヂ・ミン Flor de mim, 2010年10月7日

シングル[編集]

  • ヴェント Vento, 2003, Village Records
  • 君の住む街角 On the street where you live, 2004年7月28日, VIDEOARTS MUSIC

参加作品[編集]

  • りんごの子守唄(赤盤)Apple of her eye {Tr02. Across The Universe} 2005年11月2日 VIDEOARTS MUSIC
  • パンと羊とラブレター Fairlife {Tr.05 I love you…feat.chie} 2007年3月7日 SME Records
  • みちくさ日和 Fairlife {Tr.05 セツナワルツ feat.chie} 2010年2月3日 SME Records
  • LOST MEMORY THEATRE -act 2- Jun Miyake {Tr.9 Que sera sera feat.chie umezawa} 2014年8月20日 yellobird-records

出演[編集]

テレビ番組[編集]

コマーシャル[編集]

映画[編集]

  • はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH - 上坂浩光監督作品。2009年4月1日に日本全国のプラネタリウムで上映された作品。エンディング・テーマソング「宙よ」を歌う。

出典[編集]

  • セルソ・フォンセカ+chie ブルーノートツアー関連記事 月刊ラティーナ参照[1]
  • 月刊ラティーナ2010年12月号インタビュー 3枚目アルバム 『Flor de mim』のプロモーション記事[2]
  • HMV オンラインサイト:chie umezawaのサードアルバム『Flor de mim』に関するバイヤー・レビュー[3]