CheckInstall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
checkinstall
作者 Felipe Sánchez
最新版 1.6.2 / 2006年11月1日(12年前) (2006-11-01
リポジトリ checkinstall.izto.org/checkinstall.git
対応OS UNIXライク
サポート状況 開発中
種別 パッケージ管理システム
ライセンス GNU General Public License Version 2
公式サイト http://asic-linux.com.mx/~izto/checkinstall/
テンプレートを表示

CheckInstallは、tarballで配布されているソースコードパッケージからのインストール・アンインストールを容易にするパッケージ管理システムである。

概要[編集]

ソースパッケージで最もよく用いられているAutotoolsmakeによるシステム構築では、インストールファイルのバージョン管理まで行われていないことからmake installを実行すると、Makefileより生成されたオブジェクトすべてがシステムにコピーされる。もし既に同じファイル名が存在している場合に上書きしてしまう。またアンインストールの際もファイル名の確認だけで削除を実行する。よって、システム管理者は注意深くインストール・アンインストールの作業をしないとシステムファイルの依存関係を壊してしまう可能性がある。 対して CheckInstall においては、ソースコードパッケージをビルドした後 make install の代わりに checkinstall を実行するだけで、SlackwareパッケージRPM Package ManagerまたはDebianパッケージと互換性のあるパッケージが生成されるので、システムにインストールしたバージョンの追跡を可能とする利点がある。

使用方法[編集]

  1. ビルド・ディレクトリでconfigureスクリプトを実行する。
  2. makeを実行してオブジェクトを生成する。
  3. checkinstall を実行する。

外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク