Category:死生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このカテゴリは、死生観に関係する項目を扱う。人間とは何で、とは何か。更に死後の世界の存在はあるのか、等、宗教哲学思想などで、遙かな太古より問いかけられて来た問題である。死後の世界についてのイメージや知識が特定の社会文化には備わっていることがあり、そのようなイメージや知識が、科学的に実証あるいは検証できるか否かに関係せず、このような死に対する把握は、人生存在の意味について、大きな決定力を持つ。

このカテゴリは、特定の死生観から、独特な行動や生の意味付けが導かれるとき、このような行動や文化的意味付けを背景とする事象に対し付与する。宗教は一般に「」に特定の意味を与えているのが通常であり、従って、とりわけ「死生観」が問題となるような項目に対し本カテゴリを使用するとする。

関連カテゴリ[編集]

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 2 件が含まれており、そのうち以下の2 件を表示しています。

カテゴリ「死生観」にあるページ

このカテゴリには 28 ページが含まれており、そのうち以下の 28 ページを表示しています。