Calico (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Calico
テンプレートを表示

Calico LLCは、アメリカ生物工学研究開発企業である。2013年9月18日にBill Maris英語版Googleの資金援助によって設立された。老化とそれに伴う病気を縮小、予防することが目的である[1]。Googleの2013年のFounders' Letterの中で、Larry PageはCalicoを「health, well-being, and longevity」にフォーカスした企業であると述べている。企業の名前は、「California Life Company」のアクロニムとなっている[2][3]

2015年、GoogleはAlphabet Inc.へと再編され、CalicoはGoogleなどと並ぶ新しい子会社になった。2018年時点では、Calicoは薬品や生物工学の製品をまだ製造していない[4]

パートナーシップとスタッフ[編集]

2014年9月、CalicoはAbbVieとパートナーシップを結び、老化や、神経変性疾患ガンなどの老化に伴う病気にフォーカスしたR&D施設を立ち上げることを発表した。当初、各企業が3.5億ドルを投資したが、後に追加で5億ドルの投資が行われた[5]。同月、神経変性疾患のための薬品開発に関して、テキサス大学南西メディカルセンター英語版と2M Companiesとパートナーシップを結ぶことも発表した[6]

2015年、MITとHarvardのBroad Institute英語版は、「老化に伴う病気と治療法に関する高度な研究」を行うために、Calicoとパートナーシップを結ぶことを発表し[7]Buck Institute for Research on Aging英語版とのパートナーシップも発表された[8]。2015年、Calicoは、老化の生物学と老化に伴う病気の治療可能性を特定するための研究を行っていたQB3英語版と、人間の寿命の遺伝子に関する研究を行っていたAncestryDNA英語版パートナーシップを結ぶことを発表した[9]

2017年の年末から2018年の初めにかけて、Calicoは2人の科学者を失った。2017年12月にはR&DのリーダーのHal BarronがGlaxoSmithKlineに転職し、2018年3月にはAIの技術に注力していたDaphne Koller英語版が、薬品設計に機械学習を応用するベンチャーに転職した[10][11]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Google announces Calico, a new company focused on health and well-being”. (2013年9月18日). http://googlepress.blogspot.com/2013/09/calico-announcement.html 
  2. ^ Pollack, Andrew; Miller, Claire Cain (2013年9月18日). “Tech Titans Form Biotechnology Company”. The New York Times. http://bits.blogs.nytimes.com/2013/09/18/google-and-former-genentech-chief-announce-new-biotech-company/ 2015年1月18日閲覧。 
  3. ^ Alphabet Investor Relations” (英語). Alphabet Investor Relations. 2020年1月5日閲覧。
  4. ^ Womack, Brian (2015年8月10日). “Google Creates New Company Called Alphabet, Restructures Stock”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2015-08-10/google-to-adopt-new-holding-structure-under-name-alphabet- 2015年8月10日閲覧。 
  5. ^ “AbbVie and Calico Announce a Novel Collaboration to Accelerate the Discovery, Development, and Commercialization of New Therapies”. (2014年9月3日). http://www.calicolabs.com/news/2014/09/03/ 
  6. ^ “UT Southwestern researchers discover novel class of NAMPT activators for neurodegenerative disease; Calico enters into exclusive collaboration with 2M to develop UTSW technology”. (2014年9月11日). http://www.calicolabs.com/news/2014/09/11/ 
  7. ^ Broad Institute and Calico announce an extensive collaboration focused on the biology of aging and therapeutic approaches to diseases of aging”. 2020年1月5日閲覧。
  8. ^ Google's Calico continues its partnering romp on aging R&D with Buck collaboration”. 2020年1月5日閲覧。
  9. ^ AncestryDNA and Calico to Research the Genetics of Human Lifespan”. 2020年1月5日閲覧。
  10. ^ Al Idrus, Amirah (2018年3月2日). “Calico loses its second executive in 4 months as Daphne Koller quits” (英語). FierceBiotech. https://www.fiercebiotech.com/biotech/calico-loses-its-second-exec-4-months-as-daphne-koller-quits 
  11. ^ Koller (2018年5月1日). “insitro: Rethinking drug discovery using machine learning”. 2020年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]