CU (コンビニエンスストア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BGFリテール > CU (コンビニエンスストア)
CU
씨유
CU BI (2017).svg
店舗概要
開業日 2012年8月
施設管理者 BGFリテール
店舗数 #店舗数
前身 ファミリーマート
外部リンク http://www.bgfcu.com
テンプレートを表示

CU(シーユー)は、総合流通サービス企業であるBGFリテールが運営する、大韓民国で最も大きい市場占有率をもつコンビニエンスストアフランチャイズブランド[1]

CUは、365日24時間いつどこででも便利に、消費者の求めるものはもちろん、需要を掘り起こすようなサービスで、大韓民国の市場と顧客に最適化した「21世紀韓国型コンビニエンスストア」を標榜している。

概要[編集]

店舗数[編集]

地域別店舗数
ソウル特別市 2,549店
釜山広域市 767店
大邱広域市 386店
仁川広域市 678店
光州広域市 286店
大田広域市 311店
蔚山広域市 272店
世宗特別自治市 57店
京畿道 3,235店
江原道 665店
忠清北道 516店
忠清南道 678店
全羅北道 387店
全羅南道 314店
慶尚北道 670店
慶尚南道 1,011店
済州特別自治道 485店
2019年3月1日時点

ファミリーマートからCUへ[編集]

日本コンビニエンスストア企業であるファミリーマートは、1990年から、サムスングループ系とされる当時の晋光グループとフランチャイズ契約を結んで[2]、韓国で7267店(2012年5月末時点)を展開し、韓国最大のコンビニエンスストア・チェーンを形成していた[1][3]。しかし、フランチャイジーである晋光ファミリーマートが独立志向を強め、2012年6月から、社名をBGFリテールに改めるとともに店舗のブランドを「CU ウィズ・ファミリーマート」と改め[3]、さらに2014年に至り、BGFリテールの新規株式公開に合わせてファミリーマートが保有していたBGFリテールの株式の25%を全て売却して提携を解消したことで、ブランドは「CU」となった[1]2014年2月末時点で、店舗数は7925店であり、依然として韓国最大のコンビニエンスストア・チェーンである[1]

提携の解消に際して、BGFリテール側は「もう日本企業の世話にならなくてもいい」、「韓国コンビニ業界のナンバー1が、日本のナンバー3に学ぶことはない」と語ったとされている[2]

2017年にイランに初の海外店舗を出店。2018年にはモンゴルにも進出し、「日本との協力関係を終え(ファミリーマートから)CUに独立した2012年以降、海外ブランドを使用したフランチャイジー企業から、海外でロイヤリティを稼ぐフランチャイザーに成功的に変身を成し遂げた」と評価した。今後、飽和状態の韓国市場から、海外市場に活路を見出すとしている[4]

沿革[編集]

ファミリーマート[編集]

  • 1989年10月 - 大韓民国に於いてコンビニエンスストア事業開始(CVS事業部)
  • 1990年7月 - 普光グループ(CVS事業部)が日本のファミリマート(FamilyMart Co., Ltd.)とライセンス契約締結、フランチャイズ技術導入。
  • 1990年10月 - 韓国ソウル・可樂洞店、店舗開業。
  • 1992年10月 - 釜山1号店、店舗開業。
  • 1994年12月 - 普光グループからCVS事業部を分離独立させ、普光ファミリーマート法人設立(大韓民国ソウル特別市
  • 2003年10月 - 2000店舗へ拡大。
  • 2004年12月 - 北朝鮮開成工業団地に店舗開業。
  • 2008年10月 - 4000店舗となる。

CU ウィズ・ファミリーマート[編集]

  • 2012年6月 - 普光ファミリーマートをBGFリテール(BGF Retail)へ社名変更、CU ウィズ・ファミリーマートと改める。

CU[編集]

  • 2014年8月 - ファミリーマートとの提携解消により、CU ウィズ・ファミリーマートからCUへ店舗名改称。

店舗外観[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “海外最大の店舗網失う、ファミマ、韓国から撤退。”. 日経MJ: p. 7. (2014年3月31日)  - 日経テレコン21にて閲覧
  2. ^ a b 編集部 (2017年3月19日). “ファミマ、韓国企業から「業界3位に学ぶことはない」と捨てられ撤退した韓国に再上陸か”. Business Journal. 2017年8月24日閲覧。
  3. ^ a b “韓国ファミマ「CU」に、日本側とは資本関係強化。”. 日経MJ: p. 5. (2012年6月20日)  - 日経テレコン21にて閲覧
  4. ^ CU '브랜드 독립' 6년… 이란 이어 몽골 진출”. 한국경제신문. 2018年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]