CR海物語3R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海物語シリーズ > CR海物語3R

CR海物語3R(CRうみものがたり3R)は、三洋物産が開発・発売する海物語シリーズパチンコ機。開発・発売時期によって2種類存在する。

ここでは便宜上、1999年発売の機種を初代、2016年発売の機種を2代目と定義している。本項では、主に2016年発売の機種について記述する。

2020年1月6日に発売予定の『PA海物語3R2』についても併せて解説する。

初代の概要[編集]

初代海物語シリーズの1機種として1999年に登場。

2代目の概要[編集]

初代の登場から17年後の2016年に登場。遊パチ版とミドルスペック版とちょいパチ版がある。遊パチ版の方が先行販売となっている。遊パチ版は、甘デジの海物語シリーズ(甘海)では初の確変ループスペックとなった(それ以前の甘海は全てST機であった。)。また、初代の流れを汲んで変動中はステージチェンジができないが、魚群や一発告知などの出現を自分好みに設定できる「MY海」という新システムを搭載している。

ミドルスペック版は、CRスーパー海物語以来10年ぶりに、2R確変が搭載されていない機種のみの発売となった。

海物語3R2の概要[編集]

2020年1月6日に発売予定。2016年に発売された「CR海物語3R」の続編にあたる。遊パチ版とちょいパチ版がある。遊パチ版・ちょいパチ版ともに確変ループスペックとなっている。

前作に搭載されていた「My海カスタム」に新要素を追加した「New My海カスタム」が搭載されている。

前作ではステージチェンジは存在しなかったが、今作ではステージチェンジがてきるようになっている。ステージは「海モード」「初代モード」「アクティブモード」の3種類が存在する。

スペック[編集]

初代[編集]

2代目[編集]

CR海物語3R1
  • 大当たり確率(特別電動役物(アタッカー)の開放):1/319.6
  • 賞球数:3(入賞口) & 14(アタッカー)& 4(その他)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):15ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):8カウント
  • 確変割合:1/2(50%)
  • 時短:偶数図柄大当たり終了後100回転
CRA海物語3R
  • 大当たり確率(特別電動役物(アタッカー)の開放):1/99.9
  • 賞球数:3(入賞口) & 13(アタッカー)& 4(その他)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):8ラウンド、4ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):8カウント
  • 確変割合:1/2(50%)
  • 時短:偶数図柄大当たり終了後33回転
ちょいパチ海物語3R29
  • 大当たり確率(特別電動役物(アタッカー)の開放):1/29.9
  • 賞球数:5(ヘソ) & 2(電チュー) & 6(アタッカー)& 3(その他)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):5ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):8カウント
  • 時短:電サポつき大当たり終了後20回転

海物語3R2[編集]

PA海物語3R2
  • 大当たり確率(特別電動役物(アタッカー)の開放):1/99.9
  • 賞球数:3(ヘソ) & 2(電チュー) & 14(アタッカー)& 4(その他)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):10ラウンド、5ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):7カウント
  • 確変割合:1/2(50%)
  • 時短:偶数図柄大当たり終了後33回転
Pちょいパチ海物語3R2
  • 大当たり確率(特別電動役物(アタッカー)の開放):1/49.9
  • 賞球数:3(ヘソ) & 2(電チュー) & 7(大入賞口) & 2(上入賞口) & 3(下入賞口)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):10ラウンド、5ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):7カウント
  • 確変割合:3/5(60%)
  • 時短:偶数図柄大当たり終了後10回転

外部リンク[編集]