CPK配色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
例:(C4H7N)COOH(プロリン)の球棒モデル。炭素(C)は黒、水素(H)は白、窒素(N)は青、酸素(O)は赤
CPK配色の元素周期表

CPK配色 (: CPK coloring)は分子模型における元素配色法。CPK分子模型の考案者であるロバート・コリー(Robert Corey)とライナス・ポーリング(Linus Pauling)および改善者ウォルター・コルタン(Walter Koltun)にちなむ。

歴史[編集]

CoreyとPauling(1952年)カリフォルニア工科大学在籍中に、タンパク質などの生体分子空間充填モデルを考案した。彼らの模型は、原子を表す硬材の球をカットし、鮮やかな色で着色して元素ごとに色分けしたものだった。

このような配色を用いて、より小さな樹脂製の分子模型も製作された。

このコリーとポーリングの模型を発展させて特許を取ったのが、Koltun(1965年)である。特許での配色は次のとおり。

配色概要[編集]

鮮色に着色された樹脂球。穴が開いている。
球棒モデル分子模型の部品箱。いくつかの元素をひとつの色でカバーしている。

以下、代表的な配色を挙げる。

    水素 (H)
    炭素 (C)
    窒素 (N) 紺青
    酸素 (O)
    フッ素 (F), 塩素 (Cl)
    臭素 (Br) 赤褐色[3]
    ヨウ素 (I) 桔梗色[4]
    貴ガス (He, Ne, Ar, Xe, Kr) 青緑
    リン (P)
    硫黄 (S)
    ホウ素 (B), most transition metals [5]
    アルカリ金属 (Li, Na, K, Rb, Cs) すみれ色
    アルカリ土類金属 (Be, Mg, Ca, Sr, Ba, Ra) 深緑
    チタン (Ti)
    (Fe)
    [6]

元素の純物質や代表的な化合物の色など、直感的に記憶しやすい配色となっている。水素は無色の気体、炭素は木炭黒鉛が黒く、硫黄の結晶は黄色く、塩素は黄緑色の気体、臭素は赤褐色の液体、赤リンは赤く、錆びは暗い橙色、(燃焼、酸化)は赤く、青い大気の主成分は窒素である。

配色一覧[編集]

1952年のコリーとポーリングの配色、1965年のコルタンの配色のほか、立体分子模型画像作成ソフトJmolの配色[7]、同Rasmol英語版の配色[8]などがある。この4種の配色を次の表に示す。

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
原子
番号
原子
記号
原子名 色見本
C
[9]
K
[10]
J
[11]
R
[12]
1 H 水素                
1 2H (D) 重水素    
1 3H (T) 三重水素    
2 He ヘリウム        
3 Li リチウム           
4 Be ベリリウム        
5 B ホウ素        
6 C 炭素                   
6 13C 炭素13    
6 14C 炭素14    
7 N 窒素                   
7 15N 窒素15    
8 O 酸素                   
9 F フッ素            
10 Ne ネオン        
11 Na ナトリウム        
12 Mg マグネシウム        
13 Al アルミニウム           
14 Si ケイ素        
15 P リン               
16 S 硫黄               
17 Cl 塩素            
18 Ar アルゴン        
19 K カリウム        
20 Ca カルシウム           
21 Sc スカンジウム        
22 Ti チタン           
23 V バナジウム        
24 Cr クロム           
25 Mn マンガン           
26 Fe               
27 Co コバルト            
28 Ni ニッケル               
29 Cu               
30 Zn 亜鉛           
31 Ga ガリウム        
32 Ge ゲルマニウム        
33 As ヒ素        
34 Se セレン        
35 Br 臭素               
36 Kr クリプトン        
37 Rb ルビジウム        
38 Sr ストロンチウム        
39 Y イットリウム        
40 Zr ジルコニウム        
41 Nb ニオブ        
42 Mo モリブデン        
43 Tc テクネチウム        
44 Ru ルテニウム        
45 Rh ロジウム        
46 Pd パラジウム        
47 Ag           
48 Cd カドミウム        
49 In インジウム        
50 Sn スズ        
51 Sb アンチモン        
52 Te テルル        
53 I ヨウ素            
54 Xe キセノン        
55 Cs セシウム        
56 Ba バリウム           
57 La ランタン        
58 Ce セリウム        
59 Pr プラセオジム        
60 Nd ネオジム        
61 Pm プロメチウム        
62 Sm サマリウム        
63 Eu ユーロピウム        
64 Gd ガドリニウム        
65 Tb テルビウム        
66 Dy ジスプロシウム        
67 Ho ホルミウム        
68 Er エルビウム        
69 Tm ツリウム        
70 Yb イッテルビウム        
71 Lu ルテチウム        
72 Hf ハフニウム        
73 Ta タンタル        
74 W タングステン        
75 Re レニウム        
76 Os オスミウム        
77 Ir イリジウム        
78 Pt 白金        
79 Au        
80 Hg 水銀        
81 Tl タリウム        
82 Pb        
83 Bi ビスマス        
84 Po ポロニウム        
85 At アスタチン        
86 Rn ラドン        
87 Fr フランシウム        
88 Ra ラジウム        
89 Ac アクチニウム        
90 Th トリウム        
91 Pa プロトアクチニウム        
92 U ウラン        
93 Np ネプツニウム        
94 Pu プルトニウム        
95 Am アメリシウム        
96 Cm キュリウム        
97 Bk バークリウム        
98 Cf カリフォルニウム        
99 Es アインスタイニウム        
100 Fm フェルミウム        
101 Md メンデレビウム        
102 No ノーベリウム        
103 Lr ローレンシウム        
104 Rf ラザホージウム        
105 Db ドブニウム        
106 Sg シーボーギウム        
107 Bh ボーリウム        
108 Hs ハッシウム        
109 Mt マイトネリウム        
110 Ds ダームスタチウム        
111 Rg レントゲニウム        

脚注[編集]

  1. ^ deep yellow
  2. ^ light, medium, medium dark, and dark green
  3. ^ dark red
  4. ^ dark violet
  5. ^ peach, salmon
  6. ^ pink
  7. ^ Jmol color table at sourceforge.net. Accessed on 2010-01-28.
  8. ^ Rasmol color table at bio.cmu.edu. Accessed on 2010-01-28.
  9. ^ Corey、Pauling、1952年
  10. ^ Koltun、1965年
  11. ^ Jmol
  12. ^ Rasmol。各2色あるが、右は2.7.3版以降のもの。

参考文献[編集]

  • Corey, Robert B.、Pauling, Linus、1952年8月25日「Molecular Models of Amino Acids, Peptides, and Proteins」『Review of Scientific Instruments』24巻8号621~627ページ、doi:10.1063/1.1770803
  • Koltun, Walter L.、1965年2月23日「Space filling atomic units and connectors for molecular models」アメリカ合衆国特許第 3,170,246号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]