CPシステムIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CPシステムIII(シーピーシステム スリー)とは、1996年に『ウォーザード』と共に出荷されたカプコン開発のアーケードゲーム基板である。2018年現在、この基板がカプコンの開発した最後のアーケードゲームシステム基板となっている。海外を中心にCPS-3と略称されることがある(以降、記事中ではこの略称を用いる)。

概要[編集]

本機は前機種にあたるCPシステムIIと比べてスペック的に高い性能を備えており、拡大縮小やフェードイン・フェードアウトなどの各種エフェクト機能もハード側で実装された。この時代の2D格闘ゲームにおいては、本機の『ストリートファイターIII』等で見られる滑らかで流れるようなアニメーションは、当時の他社のタイトルではほとんど見られない表現であった。こういった映像表現に驚愕した当時の格闘ゲームファン達は、むしろこの基板は『ストIII』の製作の為に設計したのではないか?と考察したほどだったとも言われている。

ソフト供給形態[編集]

本機CPS-3が他機種とは大きく異なる特徴には、ソフトの供給形態とセキュリティに関する仕様にある。CPS-3の構成とゲームの導入手順は以下通り。

ゲームCD-ROM・CD-ROMドライブ
CD-ROMにはゲーム本体の内容が暗号化されて格納されている。特殊フォーマットではないので普通にパーソナルコンピュータ (PC) でも読み込むことが可能で、中にはゲームデータや書き替え用画面のビットマップ画像が入っている。CD-ROMドライブは松下寿電子工業製の当時流通していた普通のSCSI対応型でありPCへの流用も可能。
セキュリティ・カートリッジ
ゲーム内容を復号するためのチップと、ゲームBIOSが納められている。復号チップはSRAMバッテリーバックアップで復号鍵を保持する仕様。このCPS-3のセキュリティ・カートリッジは各ゲームごとに用意されており、いかなる種類の改竄にも非常に敏感に反応し、もし試みれば復号鍵は消去されカートリッジは用をなさなくなる。
フラッシュメモリへのゲームデータの書き込み
初期状態のCPS-3へ電源が入れられると、画面中央にCAPCOMのロゴが表示され接続のCD-ROMドライブにCD-ROMをセットするように促される。ドライブ側にCD-ROMをセット後、1Pのショット1を押すと書き込むゲームのタイトルが表示され、CD-ROM側よりゲームデータがSIMMフラッシュメモリへの書き込み作業が始まる。
この間、画面にはデータの書き込みの進行状況のバーが表示され、データの書き込み作業が終わるまでは何もできないが、データの進行状況に応じてだんだん画面がモノクロからカラーへと色が付いてくるといった演出がある。尚、データの書き込み時間はゲームにより異なり、ストリートファイターIIIのデータ書き込み場合は約20数分を要する。
ゲームの起動
データの書き込み終了後は、書き込まれたデータがセキュリティ・カートリッジ内のチップで復号されゲームが起動する。前述のデータの書き込みは導入時のみ必要な作業であり、SIMM側に書き込まれたデータはそのまま記録され次回の起動時はすぐにゲームが立ち上がり稼働状態となる。尚、SIMM側に書き込まれたデータとセットされたセキュリティ・カートリッジのゲームが違う場合は自動的に書き替えモードへ移行する。
リリース後の評価
CPS-3は人気タイトルはあったものの商業的には成功した部類のシステム基板とは言えず、このシステム用のゲームは全部で6タイトルが制作されただけである。CPS-3には、機械的・電気的な衝撃に弱く故障しやすいという欠点があり、オペレータ達は特にこれを敬遠した。また、セキュリティ・カートリッジ内の電池が切れるとゲームが動作しなくなるうえ、その交換費用を所有者側で負担しなければならなかった。更に高性能とはいえ2Dグラフィックのみにしか対応しておらず、当時は多くのゲームが3Dポリゴン対応のハードウェアを念頭に開発されていたという背景もあったことからこの様な評価になった。また、他のシステム基板と比べても高価であり、CPS-3用のプログラミングはかなり難しかったとも噂されている。
サポートの終了
部品調達難に伴い、2015年3月31日を以って修理サポートが終了した(セキュリティ・カートリッジの電池交換は継続)[1]

仕様[編集]

  • メインCPU日立 SH-2(HD6417099)@ 20MHz(MAX 25MHz)
  • 記憶装置
  • サウンドチップ:16-チャンネル 8-bit サンプル プレイヤー、ステレオ
  • 最大同時発色数:32,768色(15-bitカラー、555RGB)
  • 解像度:384×224
  • BG拡大縮小
  • スプライト拡大縮小
  • ラインスクロール
  • ラインズーム
  • フェードイン・フェードアウト
  • 半透明
  • シャドウ

作品リスト[編集]

リリース日 国内版タイトル 海外版タイトル
1996年12月 ウォーザード Red Earth
1997年2月 ストリートファイターIII Street Fighter III - New Generation
1997年10月 ストリートファイターIII 2nd Impact Street Fighter III, 2nd Impact: Giant Attack
1998年12月 ジョジョの奇妙な冒険 JoJo's Venture
1999年5月 ストリートファイターIII 3rd Strike Street Fighter III, 3rd Strike: Fight for the Future
1999年9月 ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産 JoJo's Bizarre Adventure

※全て開発・販売ともカプコン

脚注[編集]

  1. ^ 弊社基板製品保守サービス業務終了のご案内 カプコン 2014年9月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]