デジタルテレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CMMBから転送)
移動: 案内検索

デジタルテレビ放送(デジタルテレビほうそう)とはデジタル変調デジタル圧縮を使用したテレビ放送(通信)である(データを含む場合もある)。

特徴[編集]

デジタルテレビ放送ではアナログ放送と同じ電波帯域でもその伝送路の伝送特性に合わせた最適な符号を選択することにより伝送路の本来の伝送容量により近づいた多くの情報量を送信できるため、デジタル化によって「多チャンネル化」又は「高精細化」(ハイビジョン)が可能となる。

また、データ放送など便利な機能も利用できるようになる。

デジタル信号ではアナログ放送で発生するスノーノイズゴーストや雑音などの現象は起こらない。その代わりに伝送レートが不足しているとMPEG圧縮時にブロックノイズモスキートノイズが発生する。また雷雨や集中豪雨、大雪などによって電波の受信状態が悪くなり(降雨減衰)符号誤りがシステムの誤り処理能力を越えるとベリノイズや白色点が現れたり全く映らなくなる場合がある。

デジタル化によって縦横比率(アスペクトレシオ)が4対3(ノーマル)に加え、16対9(ワイド)が加わる。

歴史[編集]

「高精細化」では日本(NHK)がハイビジョン(アナログ)を世界に先駆けて開発した。日本のハイビジョンに脅威を感じたためアメリカ政府は規格案を募集しNHKもアメリカ向けのアナログハイビジョン案を提出したが後に却下され、その他のデジタル規格案を元にデジタルハイビジョン規格「ATSC」が決められた。郵政省(現:総務省)はアナログ方式に限界を感じてデジタル化を決断し[要出典]、BSデジタル規格「ISDB」によりハイビジョン放送が始まった。

「多チャンネル化」では、ディレクTVが衛星テレビをデジタル化によりチャンネル数をケーブルテレビ並みに揃えたため急速に普及した。この成功により世界で次々と同様のサービスが始まった。日本では最初にパーフェクTV(DVB-S方式 現:スカパー!)によって開始。また、イギリスでは世界で初めて多チャンネル型の地上波デジタル放送を始めた。

放送技術の規格[編集]

国別の規格の採用状況
(凡例最下の紫色は複数の規格の検討中または採用を表す)

DVB[編集]

Digital Video Broadcasting。欧州に於いて開発され、多くの国で採用されている。衛星用(DVB-S/S2)、ケーブルテレビ用(DVB-C)、地上波用(DVB-T/T2)、移動体向け(DVB-H、旧:DVB-X)がある。日本ではスカパー!が採用している。通常画質の多チャンネル化を目的に規格されたが、ハイビジョンも可能である。DVB-Tはマルチキャリアであるため、マルチパス妨害には強い。

ATSC[編集]

Advanced Television Systems Committee。アメリカで開発された地上波用規格で、北中米地域や韓国で採用されている。クレストファクターが小さく省電力で広範囲に電波を発信できるが、シングルキャリアでマルチパス妨害に弱い。移動体向け放送にはATSC-M/Hが開発されており、こちらは現在アメリカで採用されている。

ISDB[編集]

Integrated Services Digital Broadcasting。日本で開発された規格で、採用は日本のみだが、南米諸国は後述する派生規格のSBTVD-T(ISDB-TB)を使用している。衛星用(ISDB-S)と地上波用(ISDB-T。デジタルラジオ用のISDB-TSBマルチメディア放送用ISDB-Tmmもある)がある。ISDB-Tはマルチキャリアである事に加えて時間インタリーブが採用されておりDVB-Tよりも受信性能は良いと言われるが、SBTVD-Tよりは劣る。遅延が最も長い。携帯電話などの移動体向け放送はワンセグと呼ばれ、ISDB-Tの全13セグメントのうち1セグメントだけを部分受信する。

SBTVD-T[編集]

Sistema Brasileiro de Televisão Digital-Terrestre。ISDB-Tを改良して開発された規格で、国際規格名はISDB-TB。ブラジルをはじめとする南米諸国で採用されているほか、フィリピンでも採用が決定された。ISDB-Tに比べ、動画圧縮にH.264/MPEG-4 AVCを用いるなどの改良が加えられている。

DMB[編集]

Digital Multimedia Broadcasting。韓国で開発された移動体向け放送の規格で、衛星用(S-DMB)と地上波用(T-DMB)がある。

中国方式[編集]

北京オリンピックまでの本格普及を目指し欧州のDVB-T、清華大学のDMB-T/H、上海交通大学のADTB-T、広科院のTiMiなどが試験されていたが2006年8月18日に「GB20600-2006」の番号付けで中国デジタル地上波規格として公布された(仮名称:CDMB-T)。主な特徴として以下が挙げられる。

  • RF帯域:8MHz
  • Sub-Carrier数:1 or 4K(3780)
  • 周波数利用:MFN or SFN
  • Data 伝送率:4.813~32.486Mbps
  • 変調方式:COFDM(4QAM-NR1,4QAM,16QAM,32QAM,64QAM)とSingle Carrier
  • FEC Coding
    1. FEC(7488,3008)+Conv.Code 2/5
    2. FEC(7488,4512)+Conv.Code 3/5
    3. FEC(7488,6016)+Conv.Code 4/5
  • GI __ (LDPC)
    1. PN Code 420Symbol(55.6uS)+36Symbol TP+3744 Data(500uS)
    2. PN Code 595Symbol(78.7uS)+36Symbol TP+3744 Data(500uS)
    3. PN Code 945Symbol(125.0uS)+36Symbol TP+3744 Data(500uS)
  • Symbol Rate:7.56M Symbol

UHDTV[編集]

超高精度テレビジョンシステム、Ultra High Definition Televisionの略。4K UHD(2160p)と8K UHD (4320p)がある。ISDBは4K UHDに対応している。日本においては2014年に4K、2016年に8K放送を開始する予定である。

関連項目[編集]