CMIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CMIS(Content Management Interoperability Services)は、OASISが開発した文書管理システムオープン標準である。 CMISが様々の文書管理システムの管理を抽象して、Web標準を通じて使用できる。

概要[編集]

CMIS標準は文書管理のモデルとオペレーションを定義している。 下記のモデルは3つのWeb標準を通じて使用できる:

歴史[編集]

CMISはAAIM (Association for Information and Image Management)で始まったが、2010年からOASISで管理されている。

CMIS 1.0が2010年5月1日に規格化され[1]、CMIS 1.1が2012年12月12日に規格化された[2]

CMISサーバー実装[編集]

ソフトウェア オープンソース 注記
Alfresco 3.3+ Yes
EMC Documentum 6.7/7.0 No
Microsoft SharePoint Server[3] No Foundation版では実装されてない。SharePoint Server 2010ではAdministration Toolkitのインストールが必要。[4]
NemakiWare 1.1+[5] Yes
Nuxeo Platform 5.5+[6] Yes

CMISクライアント実装[編集]

ソフトウェア オープンソース 注記
Adobe Drive No
CmisSync[7] Yes
Drupal 7+[8] Yes
LibreOffice 4+[9] Yes
Liferay 6.1[10] Yes
Salesforce[11] No
TYPO3[12] Yes
WordPress[13] Yes

脚注[編集]

外部リンク[編集]