CIAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CIAM(Congrès International d'Architecture Moderne、シアム、近代建築国際会議)は、建築家たちが集まり都市・建築の将来について討論を重ねた国際会議。モダニズム建築(近代建築)の展開のうえで大きな役割を担った。1928年に始まり、1959年までに各国で11回開催された。

沿革[編集]

1927年国際連盟本部設計コンペではル・コルビュジエの計画案に対し、ボザール流の旧式な建築家が規約違反として排斥し、近代建築運動側と保守派の対立が表面化した。これをきっかけに翌年CIAMが開催され、ヴァルター・グロピウスミース・ファン・デル・ローエ、ル・コルビュジエら24人の建築家が参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 藤岡通夫,桐敷真次郎,河東義之,渡辺保忠,平井聖,齊藤哲也『建築史 増補改訂版』市ヶ谷出版社、2010年発行、245頁より

関連項目[編集]