CD電人 ロカビリー天国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CD電人 ロカビリー天国
Super Air Zonk
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM2 (PCE)
開発元 デュアル
レッドカンパニー
発売元 日本 ハドソン
アメリカ合衆国 NEC-HE
プロデューサー 青山英治
小林正樹
ディレクター 松永智史
伊井人
プログラマー 高野務
音楽 佐藤真一郎
平木登直
美術 僕久保
中村純
もらおかもら
あだちひろし
青木コブ太
阿部K助
シリーズ 原人シリーズ
電人シリーズ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199307301993年7月30日
アメリカ合衆国 1993年
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Cartoon Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:日本 HCD3049
アメリカ合衆国 TGXCD1042
テンプレートを表示

CD電人 ロカビリー天国』(シーディーでんじん ロカビリーてんごく)は、1993年7月30日ハドソンから発売されたPCエンジン横スクロールシューティングゲーム。北米では『Super Air Zonk: Rockabilly-Paradise』のタイトルで発売された。

概要[編集]

同社の『原人シリーズ』第6作目であり、『PC電人』(1992年)の続編である。

2007年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

ゲーム内容[編集]

CD電人「ゲンヘッド」を操作し、敵を倒しながらステージを進んでいき、最後に待ち受けるボスを倒すことでステージクリアとなる。ステージをクリアしていき、ワンタントン(キングタマーゴ・サンドロビッチ伯爵)を倒すことが目的である。

基本的なシステムは前作を踏襲しているが、Iボタンでオプションとなる仲間(フォース)との分離、合体が可能となった[1]

攻撃方法としては、IIボタンで発射される「ショット」(長押しで連射)、背後に敵が回り込むと自動で発動する「バックファイヤ」、必殺技「ウンチボム」があり、ウンチボムは10秒以上ショットを撃ち続けると充填され、ストック(残機)表示が点滅している状態でIIボタンを離すと発射される仕様となった。

仲間・アイテム・バネ花[編集]

仲間(フォース)[編集]

敵に捕まっているところを救出することで仲間にすることができ、以後Iボタンで任意に合体・分離することができるようになる。

  • トロフォース
    • ステージウミに登場する。合体することで「ガッテンダー」に変身する。
  • ヘリフォース
    • ステージカモに登場する。合体することで「プロペランダー」に変身する。
  • カメフォース
    • ステージヨウサイに登場する。合体することで「ガメランダー」に変身する。
  • ウタフォース
    • ステージTVに登場する。合体することで「ウナルンダー」に変身する。
  • フネフォース
    • ステージダブルヘッドに登場する。合体することで「センカンダー」に変身する。
  • スペフォース
    • ステージムーンヘッドに登場する。合体することで「サテライダー」に変身する。
  • ユーフォース
    • ステージキングに登場する。合体することで「エンバンダー」に変身できる。

アイテム[編集]

  • ニコチャンマーク
    • 100個集めるとストックが1UPする。
  • デカニコチャン
    • ニコチャンマーク10個分の価値。
  • 電人マーク
    • ストックが1UPする。
  • ほにゅうびん
    • ミニ電人に変身する。ミニ電人のときに取ると元に戻る。
    • ゲンヘッドが1段階パワーアップする。最初は第3段階までしかパワーアップできないが、条件を満たすと第4~5段階に変身することができる。ダメージを受けると1段階ずつパワーダウンしていき、初期状態でダメージを受けるとストックを1つ失う。
      • ゲンヘッド1号 - 第1段階。
      • ゲンヘッド2号 - 第2段階(初期状態)。
      • ゲンヘッド3号 - 第3段階。
      • デンジンマン - 第4段階。
      • 電獣ガウス - 第5段階。

バネ花[編集]

触れるとアイテムが出現する。ショットを当てると色が変化する(黄→ピンク→緑→青)。途中で色が変わらなくなり、スカ蜘蛛が現れゲンヘッドをしつこく追いかけ回す。

  • 黄色 - ニコチャンマークを出す。
  • ピンク - 肉を出す。
  • 緑 - ニコチャンマークをたくさん出しながら上昇する。
  • 青 - 電人マークを出す。
  • 点滅 - ほにゅうびんを出す。

挿入歌[編集]

オープニングテーマ「CD電人 ロカビリー天国の唄」
  • 作詞:阿部K助/作曲:ティーズミュージック(平木登直)/歌:柴田真人(ハドソン)
コンティニューのテーマ「CD電人 苦悩のテーマ」
  • 作詞:あだちひろし/作曲:ティーズミュージック(平木登直)/歌:蒔苗妙子
エンディングテーマ「ロカビリーだよCD電人」
  • 作詞:青木コブ太/作曲:ティーズミュージック(平木登直)/歌:堀尾孝文(ハドソン)

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:青山英治、小林正樹
  • すごいディレクター:松永智史
  • ディレクター:伊井人
  • スーパーバイザー:堀尾孝文
  • スキスキスー:三井啓介
  • マッチョマン:邱志強
  • キャラクターデザイン:僕久保、中村純、もらおかもら、あだちひろし、青木コブ太、阿部K助
  • プログラム:高野務
  • グラフィック:谷迫優子、中村宏、牧野紀夫
  • サウンドプロデュース:佐藤真一郎、平木登直
  • オープニングの唄:柴田真人
  • コンティニューの唄:蒔苗妙子
  • エンディングの唄:堀尾孝文
  • 叫んだ人:ロバート・M・ティンベッロ
  • ラ・マン:前田一恵
  • スペシャルサンクス:湯沢河童、飯塚博、小林一美、松岡一郎、二郎、三郎

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 アメリカ合衆国 Super Air Zonk: Rockabilly-Paradise
日本 CD電人 ロカビリー天国
アメリカ合衆国 200711192007年11月19日
日本 200801292008年1月29日
Wii デュアル ハドソン ダウンロード
バーチャルコンソール
-

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Electronic Gaming Monthly20/40点 (PCE)[2]
Eurogamer6/10点 (Wii)[3]
ファミ通27/40点 (PCE)[4]
GamePro4.5/5点 (PCE)[2]
NintendoLife7/10stars (Wii)[3]
月刊PCエンジン78/100点 (PCE)
電撃PCエンジン65/100点 (PCE)
PC Engine FAN19.9/30点 (PCE)[5]
VG&CE6/10点 (PCE)[2]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、7・6・7・7の合計27点(満40点)[4]、『月刊PCエンジン』では75・70・85・80・80の平均78点(満100点)、『電撃PCエンジン』では65・65・70・60の平均65点(満100点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.9点(満30点)となっている[5]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.7 3.4 3.2 3.5 3.1 3.1 19.9

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 78頁。
  2. ^ a b c Super Air Zonk: Rockabilly-Paradise for TurboGrafx CD (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年6月8日閲覧。
  3. ^ a b Super Air Zonk: Rockabilly-Paradise for Wii (2008)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年6月8日閲覧。
  4. ^ a b CD電人 ロカビリー天国 まとめ [PCエンジン]” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2019年6月8日閲覧。
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 591頁、 ASIN B00J16900U

関連項目[編集]

外部リンク[編集]