CD理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CD理論(しーでぃーりろん、Conceptual Dependency)は人工知能の研究に用いられる理解についての理論である。概念依存理論とも呼ばれる。ロジャー・シャンクによって提唱された。

基本的行為[編集]

CD理論の基本的行為には狭義の基本的行為と手段的行為がある。

狭義の基本的行為は6種類ある。

  • PTRANS 物理的な物の移動
  • ATRANS 抽象的な物の移動
  • MTRANS 心理的状態の移動
  • INGEST 体内への取り込み
  • PROPEL 力の付加
  • MBUILD 心理的状態の形成

手段的行為は5種類ある。

  • GRASP 物体をつかむ
  • MOVE 体を動かす
  • SPEAK 話す
  • ATTEND 注意を向ける
  • EXPEL 体から外に出す

関係表現図式[編集]

  • 行為と主体と関係
  • 行為と対象の関係
  • 行為の始めと終わりの関係
  • 手段の行為の関係
  • 原因の行為と結果の関係
  • 主体の始めと終わり