CATV番組交流ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CATV番組交流ネットワーク(ケーブルテレビばんぐみこうりゅうねっとわーく)とは、西日本ケーブルテレビ局27局で構成するネットワークである。事務局は尾道ケーブルテレビの本社に置いている。

概要[編集]

加盟ケーブルテレビ局が連携して制作した番組などをお互いに放送しあうことによってそれぞれの地域振興に役立てることや放送制作のレベルアップなどを目的としている[1]。 関西地区のケーブルテレビ製作の場合は『ぐるぐる関西』、中国・四国地区のケーブルテレビの製作の場合は『ぐるぐる中四国』となる。番組は30分番組で、15分番組の2本セットに放送する場合と30分番組を放送する場合がある。

2011年には、日本ケーブルテレビ連盟などが主催した「ケーブルテレビ・アワード2011」において、『ぐるぐる関西』『ぐるぐる中四国』の両番組がベストプラクティス大賞部門のグランプリを受賞した[2]

参加ケーブルテレビ[編集]

近畿地区(ぐるぐる関西の題名で放送)[編集]

中国・四国地区(ぐるぐる中四国の題名で放送)[編集]

九州地区[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “CATV番組交流ネットワーク会則”. CATV番組交流ネットワーク. http://www.guruguru-catv.net/about.html 2012年12月2日閲覧。 
  2. ^ “「ケーブルテレビ・アワード2011」結果発表について”. 株式会社イード. (2011年9月29日). http://www.iid.co.jp/news/detail/2011/0929.html 2012年12月2日閲覧。 

外部リンク[編集]