C450 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SNECMA C.450 コレオプテール

C450 コレオプテール(C450 Coléoptère)は、1950年代にフランスSNECMAで開発されたVTOL実験機である。航空機とは思えない外観が大きな特徴である。

名称の"コレオプテール"はフランス語で甲虫を意味する語である。

構造[編集]

C450は、スネクマ アタージェットエンジンを垂直に立て、その先端部分にコックピットをつけただけの非常に安易な構造のテイルシッターVTOL機である。半分から下はドラム缶に酷似しており、最下部を四分割し、それぞれ車輪と尾翼がついている[1]。上部は通常の戦闘機の機首だけを切り落として貼り付けたように見える。したがって、上部と下部の境目で急に細くなっている。

概要[編集]

C450はフランスのジェットエンジン開発・製造企業として第二次世界大戦後に設立されたSNECMAで1956年から1958年にかけて開発され、試作機の製造はノール・アビアシオンで行なわれた。

C450は1958年4月フランス空軍に納入された。同機のコックピットは機体先端に存在し、操縦席や飛行制御機構は、機体が垂直姿勢でも水平姿勢でも常に同じ姿勢を保てるよう90°の範囲で角度を変更できた。C450は、地上においては発射台に載せて輸送された。発射台は油圧ジャッキにより、機体をいろいろな姿勢に変更可能で、移動後にすぐに発射姿勢にできた。

1959年5月6日にC450は初飛行に成功している。垂直上昇後に水平飛行に転換できたかどうかは不明。だが1959年7月25日、C450は9回目[1]の試験水平飛行中に操縦不能に陥り、パイロットは辛くも脱出したが機体は大破。ここにてコレオプテール・プロジェクトは終了した[1]

スペック[編集]

  • 全長:8 m
  • 全幅:3.2 m
  • エンジンスネクマ アター101EV ジェットエンジン(推力 3700 kg) ×1
  • 最大速度:不明
  • 航続距離:不明
  • 上昇限度:不明
  • 乗員:1名
  • 生産数:1機

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c Gaillard, Pierre (1990). Les Avions Francais de 1944 à 1964. Paris: Éditions EPA. p. 200. ISBN 2 85120 350 9. 

関連項目[編集]

リンク[編集]

試作機資料室