Bolero

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bolero
Def Techシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル Jawaiian Reggae
時間
レーベル Euntalk
作詞・作曲 Def Tech
プロデュース Def Tech, 金子ノブアキ,
Nagacho, Hamuro
Def Tech シングル 年表
Canción de la expansión (2005年) Bolero Be The One (2013年)
テンプレートを表示

Bolero」(ボレロ)は、Def TechiTunesのみの限定配信シングル

2012年7月15日の深夜0時ぴったりに突然[要出典]iTunesにて配信される。同曲が日本赤十字社のCMに起用されていたことの人気と併せて話題になる。 基本的にシングルをリリースしないDef Techにとって、前作「Canción de la expansión」から約7年ぶりのシングル。 「音楽で人を幸せに出来るのか?」「世界を変えることが出来るのか?」といった疑問を自分たちに投げかけながら制作したという[1]。収益金は日本赤十字社の活動資金に寄付される。

収録曲[編集]

  1. Bolero
    2005年に「My Way」がヨコハマタイヤのCMソングに採用され、当時Def Techは一躍有名になり「My Way」も代表曲となるが、2007年に解散をする。その際、「いつか再結成をした時に、曲が全くないのは困るだろう」と気を利かせた金子ノブアキが、何パターンかのドラム音をDef Techのために作成しておいた。そしてDef Techは2010年に再結成をするも、メディアへの露出もほとんど皆無になる。そんな中、2011年に発売したアルバム『UP』より、「All That's In The Universe」を東京海上日動主催のHumanglobe Travelerに書き下ろしたことや、「Golden Age」がトヨタ製の新型エスティマ ハイブリッドのCMソングに起用され、徐々に知名度を回復していく。そこで、知名度を回復させるための最後の一手として、「My Way」と同様にヨコハマタイヤのCMソングにと、前述の金子ノブアキのドラムを元にして作った曲を推薦するものの、選考で落とされてしまう。その時の曲を、日本赤十字社のために大幅に改変、制作したものが「Bolero」となり、後の日本赤十字社のCMソングになった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Def Tech × RED CROSSサイト 内、「Bolero」説明部分参照。(2012年7月15日)

外部リンク[編集]