Bizスポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Bizスポ
Business & Sports
ジャンル 経済情報スポーツニュース
放送時間 平日23:25 - 23:50(25分)
放送期間 2010年3月29日 - 2012年3月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
プロデューサー 前田浩志(CP)
出演者 堀潤
飯田香織
與芝由三栄 ほか
音声 モノラル放送(Bizスポ)
ステレオ放送(Bizスポワイド)
オープニング 作曲:META Boys
Bizスポワイド
放送時間 金曜日22:55 - 23:50(55分)
放送期間 2010年4月2日 - 2011年3月25日
出演者 堀潤
飯田香織
與芝由三栄
野田稔 ほか

特記事項:
金曜版『Bizスポ』は、2011年度のみ放送。
テンプレートを表示

Bizスポ』(ビズスポ)は、NHK総合テレビジョン2010年3月29日から2012年3月30日まで放送された平日深夜経済スポーツニュース番組である。2010年度放送の金曜日版『Bizスポワイド』についても詳述する。

概要[編集]

これまで放送した『経済最前線』(BS1)と『経済ワイド ビジョンe』(総合テレビ)を統合させてスタートした。ビジネスマンを主とした視聴対象として、経済ニュースとスポーツニュースの2本柱に重点を置く。経済ニュースは最新の経済に関する動き、企業情報やトレンド、海外マーケット情報などを伝える。金曜日の『Bizスポワイド』は、放送時間を30分拡大・前倒し、より経済情報に力点を置く。日本の経済界をリードする経営者などを招き、その経営戦略にスポットを当てたVTRやインタビューを紹介。番組タイトルの『Bizスポ』は「Business & Sports」の略語で、番組のタイトルロゴにも記載される[1]

番組開始に伴い、平日23時台のニュース番組を変更した。『(きょうの)ニュース&スポーツ』に内包された地域ニュースは55分繰り上げられ4年ぶりに22時台の編成、ニュース解説コーナー『時論・公論』は、同じ時間で独立した番組となる。またこの結果として、その他一般ニュースを扱う暦日最初(=前日最終)の単独『午前0時のNHKニュース』が、同様に4年ぶりに復活することとなった。

NTSCNHKワールド・プレミアムを含む)はレターボックスではなく通常のアップコンバート4:3サイズ(他のNHKニュース各番組も同じ)で放送を開始したが、7月5日からはレターボックス16:9で放送された。

堀は通常背広にネクタイを付けるが、2011年5月2日の放送以後ネクタイを付けないで出演する。しかし、5月24日の回では気温が下回ったためネクタイを着用して放送した。堀はこの回で「クールビズを今日は止めたんですが…」と語ったことから、東日本大震災を受けた省エネルギーによる軽装であることが明かされた。節電対策の終了により9月中旬からネクタイの常時着用を再開した。

Bizスポワイドの終了[編集]

2011年度の改編にて、金曜日に放送される「 -ワイド」の番組前半部分を再度独立させ、月 - 金を通して経済ニュースとスポーツニュースの編成に変更する。独立した部分は日曜8時25分からの『サキどり↑』に移行し、経済専門番組が『経済羅針盤』以来約2年ぶりに日曜朝の時間帯に戻る。さらに、同年3月14日から25日の22:55 - 23:25枠には、『もしドラ』が放送されるため、同年3月11日放送分で『Bizスポワイド』は終了を決定した。その3月11日は東北地方太平洋沖地震の報道特番のため休止、翌週18日も『ニュースウオッチ9』の拡大放送となったため、当初の予定より2週繰り下げた3月25日が最終回となった。

発展・解消へ[編集]

2012年4月改編により、当番組はスポーツニュースと経済ニュースそれぞれの番組に分割された。前者は『Sportsプラス』に、後者は『Bizプラス』に生まれ変わる[2][3]。飯田のみ後者キャスターで続投するが、それ以外は全員降板となる。

放送時間[編集]

いずれも総合テレビNHKワールド・プレミアム[4]で、表記は日本標準時祝日と重なった場合も、年末年始期間を除き原則放映。

2010年度(第1期)[編集]

月曜日 - 木曜日“Bizスポ”
23:25 - 23:50
金曜日“Bizスポワイド”
22:55 - 23:50
初回・2010年4月2日のみ22時からの110分、最終回2011年3月25日は23時からの50分特別編であった。
2010年8月13日8月20日は夏休み特番のため「ワイド」としては休止とし、月曜 - 木曜と同じ放送時間での通常版「Bizスポ」として放送された(3月18日は中止)。
  • 2010FIFAワールドカップ期間中、NHKワールド・プレミアムでは日本戦の当日と翌日の放送分のみ、放送できない映像をカットした1時間遅れの時差放送となるほかは、かぶせ放送を行う上で通常通り国内同時放送する。また、2010FIFAワールドカップの中継で番組自体そのものが休止となった日もある。また、参議院通常選挙7月11日投開票)の政見放送を行うため、6月29日から7月8日放送分(W杯中継による休止日除く)については政見放送後の23:50 - 24:15の25分ずらし(以後の時論・公論、午前0時のNHKニュース、ミッドナイトチャンネル[5]も25分ずらし)で放送される。
  • 経済ニュース番組という性格上、緊急報道の場合は番組そのものが休止される。2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生し、同日から報道特別番組となり当面の間は「ニュースウオッチ9」が拡大され「Bizスポ」は3月18日まで休止した。また2011年4月7日は番組開始前に起きた最大震度6強の余震が発生したことによるニュースの放送のため、同年7月19日には台風6号が、9月21日には台風15号が日本国内に上陸したため、その関連ニュースを放送する関係上それぞれ休止した(後者はスポーツニュースも一部放送)。
  • 2011年3月21日放送から放送開始時間を23:00から(21日は23:20まで。22日-24日は23:40まで。25日は「Bizスポワイド」の最終回として23:50まで)に繰り上げて再開した(当初3月14日から25日の22:55 - 23:25放送される予定だったもしドラ〔アニメ〕が震災特別番組のため放送延期となったためで、21日はこの後の23:20 - 23:50は世界遺産への招待状のアンコール放送に変更)。このため、本番組開始前の関東甲信越地方のローカルニュース終了時に「つづいて“Bizスポ”」と表示された(当番組を放送していないBS1でも表示された)。

2011年度(第2期)[編集]

月曜 - 金曜
原則 23:25 - 23:50

出演者[編集]

  • 総合司会:堀潤(NHKアナウンサー〔出演当時〕、現・フリージャーナリスト)、飯田香織(NHK報道局経済部デスク)
  • スポーツキャスター:與芝由三栄(NHKアナウンサー)
  • リポーター:倉見慶子(フリーアナウンサー、随時)
  • スポーツナレーター(クレジットなし):八塚浩(主として月・火・水曜)、竹下良則(主として木・金曜)
以下原則として2010年の金曜のみ

備考[編集]

  • 堀は『ニュースウオッチ9』から、野田と鹿沼、梅津は『経済ワイドビジョンe』からそれぞれ異動した。また與芝は2009年3月に産休のため『サンデースポーツ』を勇退してから1年ぶりの復帰となる。
  • スポーツナレーターの2名はいずれもニュースウオッチ9と兼務する。
  • 放送中に重大ニュースが発生した場合、ニュースセンターに切り替えて『NHKニュース24』を担当する坂本朋彦が出演することがある。

特別編成期間中の対応[編集]

番組の流れ[編集]

最終回時点[編集]

時刻 内容 詳細
23:25 オープニング
その日の注目の経済ニュースを詳しく解説
その他の経済ニュースをまとめて
  • 番組開始とともにオープニングアニメーションが流れ、「Today's business and sports, "Biz spo".」のタイトルコールの後、映像がスタジオに移る。
  • 開始当初は、オープニングアニメーションの前に「Biz spo」のタイトルコールが入り、アバンタイトルとしてヘッドラインを2項目程度入れたが、2010年5月24日にヘッドラインとオープニングアニメを廃止した。スタジオをバックにして、番組開始とともに「Today's business and sports, "Biz spo".」のタイトルコールが入るだけであったが、2010年11月中旬からタイトルアニメーションを再開した。
23:30頃 特集
23:34頃 マーケット情報
23:38頃 スポーツコーナー
  • 日本プロ野球の速報では日によって時間尺の都合でスコアランニングテーブルは表示されない[7]
23:46頃 (月曜日)飯田による今週の経済の注目点解説・エンディング 
  • この時に「終(製作・著作 / NHK)」のクレジットが出ることはなく、また、画面上部に「この番組はNHKオンデマンドで配信します[8]」、右下には「つづいて時論・公論」の字幕が出る。

2010年度の「Bizスポワイド」[編集]

  • 番組前半(22:55 - 23:34前後)はその日の経済ニュースと、ビジョンeでも展開した経営者とのゲストトークのコーナー「金曜ワイガヤ」をベースに展開する。
  • 後半は月曜から木曜の内容に準拠する。
  • オープニングアニメは他の日が廃止された後も引き続き使われるが、タイトルコールは開始当初から行われない。

セット[編集]

2011年6月10日までは、時間枠の上での前番組きょうのニュース&スポーツのときに使用したニュースセンターの大型モニターをほぼそのまま活かし、メイン司会者(金曜はコメンテーター・ゲスト陣も)は基本的にそのそばにある円卓テーブルから進行した。

2011年6月13日からは、他の報道番組と同様の大型モニターを2つ設置し、”ワイド”の際に使用されていた部分は一部を除き撤去され、他の部分はモニターを埋め込むなど、改装された。

スポーツコーナーは與芝がモニターのそばに立って進行する。

テーマソング[編集]

  • 作曲:META Boys(2010年3月 - 2012年3月)

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 金曜日『Bizスポワイド』のタイトルロゴに限り英字表記は「ワイド」に差し替わる。ただし、金曜日のスタジオセット内のタイトルロゴには「Business & Sports WIDE」の英字表記が入る。
  2. ^ 平成24年度 国内放送番組 編成計画 - NHK[リンク切れ]
  3. ^ 平成24年度 NHK総合テレビジョン 放送番組時刻表[リンク切れ]
  4. ^ 通常はスクランブル配信であるが、2011年3月21日 - 25日、28日 - 31日、4月1日、4日 - 6日、8日放送分はノンスクランブル放送を実施した(東日本大震災の関連ニュースがあったため。但し、4月8日放送分は編成の都合上、次番組の「時論公論」「NHKニュース24」も含めて15分遅れのディレイ放送であった。7日放送分は津波警報発令による臨時ニュースのため休止したが、ノンスクランブル放送は臨時ニュース開始から数秒後に実施した)。2011年5月27日も菅直人内閣総理大臣の記者会見の模様を本番組内で放送するためノンスクランブル放送を行った(この日は翌28日0:02まで放送時間を延長)。
  5. ^ 7月1日まではウィンブルドン選手権の中継を優先する。
  6. ^ 通常日「スタジオパークからこんにちは」キャスターであるが、第93回全国高等学校野球選手権大会の開催に伴い、番組休止(8月16日まで)、および事前収録のアンコール(8月17日以後)だった。
  7. ^ a b 番組開始1週間は「スポーツコーナー」と「アジアとニューヨークマーケット情報」の順だったが、2週目(4月5日以後)は順序を入れ替えた。
  8. ^ NHKオンデマンドではスポーツ中継番組以外でのスポーツ映像は配信できないため、スポーツコーナーはすべてカットされる。配信の冒頭にその旨の文字が挿入される。


NHK総合 月曜23:25 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
スポーツ大陸
※22:45 - 23:30
【日曜10:05 - 10:50へ移動】
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 火曜23:25 - 23:30枠
爆笑問題のニッポンの教養
※23:00 - 23:30
【5分繰り上げて継続】
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 水曜23:25 - 23:30枠
SONGS
※23:00 - 23:30
【5分繰り上げて継続】
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 最終週以外の木曜23:25 - 23:30枠
あなたが主役 50ボイス
※23:00 - 23:30
【最終週以外の日曜に移動して継続】
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 最終週の木曜23:25 - 23:30枠
大人ドリル
※23:00 - 23:30
【最終週の日曜に移動して継続】
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 金曜22:55 - 23:25枠
世界ふれあい街歩き
※22:45 - 23:30
【45分繰り上げて継続】
Bizスポワイド
あなたが主役 50ボイス
NHK総合 金曜23:25 - 23:30枠
世界ふれあい街歩き
※22:45 - 23:30
Bizスポワイド

Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 平日23:30 - 23:35枠
Bizスポ
Sportsプラス
※23:25 - 23:35
NHK総合 平日23:35 - 23:50枠
きょうのニュース&スポーツ
※23:30 - 24:10
Bizスポ