Battle of the Year

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Battle of the Year (バトル オブ ザ イヤー)は1990年から毎年10月にドイツブラウンシュヴァイクで行われているブレイクダンスの世界大会である。通称BOTY(ボティー)。

概要[編集]

ブレイクダンスの世界大会として有名であるが、近年では招待としてロックダンスポップダンスのショーも行われており、さらにヒューマンビートボックスラップなどのショーケースもあるので、まさに世界のヒップホップの祭典と呼ぶにふさわしいイベントである。観戦ツアーもありヒップホップを愛する人たちが世界中から集まる。参加国も年々増えており、その規模はどんどん拡大している。

大会の主催者はBackspinが努めている。

会場のフォルクスワーゲンホールは約1万人もの観客を収容可能である。まだ一般的にはアンダーグラウンドな存在であるストリートダンスのイベントにおいてこの人数は驚異的である。ブラウンシュヴァイクに住む人たちにも馴染みが深く、イベントの開催時期には参加者が一般の人に声をかけられたりすることもあり、またそういった一般の人も観戦に訪れるという点でも、BOTYはダンスシーンでは珍しいメジャーな大会であると言える。

大会システム[編集]

本戦[編集]

各地区で行われる予選と区別して、ドイツで行われる本戦のことをInternational Battle of the Year、またはBattle of the Year Finalと呼ぶ。各地区で開かれる予選(後述)で優勝したチーム+前年の優勝チームが参加資格を有する(事情により予選の優勝チームが本戦に参加できない場合は準優勝のチームが繰り上がりで本戦に進む)。2002年以降、チームの人数は10人までに制限されている。

大会は'Show side'と'Battle side'に分かれており(第1回大会はShowcaseのみ)、'Show side'の上位4チームが'Battle side'へ進む。ジャッジは5人おり、各チームのショーを見てそれぞれが個別に順位をつける。全てのチームのショーが終わった段階で、チーム毎に各ジャッジのつけた点数を足していき、合計点数の低い方が上位となる(理論上の最高点は5人全員が1位とした場合の5点である)。それぞれのジャッジがつけた順位は匿名で公表される。

'Battle side'は、2005年までは'Show side'の1位と2位のチームで優勝決定戦、3位と4位のチームで3位決定戦を行っていたが、2006年からは上位4チームによるトーナメント方式に変更となった。

なお、一番素晴らしいShowを披露したチームには'Best Show'という賞が与えられる。この賞は'Battle side'の結果と共に決定されるため、'Show side'の1位のチーム='Best show'とは限らない。以前には個人賞もあったが、現在は廃止されている。

過去の大会の結果は公式サイト(英語)を参照のこと。

予選[編集]

大会は国単位で行われるのが基本であるが、バルカン半島スカンディナビア半島ベネルクス三国のように地域ごとに行われる場合もある。予選が行われる時期は特に定められておらず、それぞれの国や地域ごとに異なる。参加資格は特になく、参加したいという気持ちさえあれば誰でも挑戦可能である。予選は国単位で行われるものの必ずしも自分の国の予選に参加する必要はなく、どこの国の予選にもエントリー可能である(ただしその年にエントリーできるのは一回だけ)。つまり厳密に言えば、〜国代表=〜予選を勝ち抜いてきたチーム、ということであり、国の代表ということではない。だが他の国の予選を勝ち抜いて出場したチームは今のところいない(またメリットもない)。上記の事項とも関連するが、チームのメンバーが全員同じ国籍である必要はなく、多国籍チームも珍しいことではない。1999年にBest Showを獲得したSpartanic Rockersは、日本人とスイス人の混合チームである。

大会のルールはほぼ本戦に準ずる。

日本予選[編集]

1998年、1999年に招待枠で出場した日本のSpartanic Rockersが、2年連続で'Best Show'を獲得したことで日本のダンサーの実力が世界に認知され、2000年から日本予選「Battle of the year Japan」が始まった。2000年と2005年のみ、Battle sideを優勝決定戦と3位決定戦という形式で行ったが、それ以外の年は全てShow side上位4チームによるトーナメント方式である。日本予選の主催や本戦での日本代表のバックアップは、ADHIPが担当している。現在は先着順で20チームのみ参加できる。それ以降のエントリーはキャンセル待ちとなる。

アジア予選[編集]

Battle of the year Finalに参加するアジア諸国の増加に伴い、2007年から二次予選としてBattle of the year Asiaが開催されている。アジア予選では東アジア、東南アジアの各国予選を勝ち抜いてきたチームが集い、上位3チームが本戦への出場権を得ることができる。また、本戦と同じようにベストショーも決定する。開催国は毎年変わっていて、2007年は韓国、2008年はタイ、2009年はシンガポールで開催された。なお2010年以降は制度が変わり再び国別の予選へと戻った。

特徴[編集]

他のブレイクダンスのイベントとの相違点は、規模が大きく有名である、バトルだけでなくショーでも順位をきめる、どちらかというとお祭りに近くバトルイベントのようなチーム間の緊迫感はない、といったことが挙げられる。イベント開催時には、前夜祭、後夜祭が行われ、あらゆる場所でサークルができ、イベントに参加する人もしない人も自由気ままに踊る。国籍、ダンスのジャンル、上手いか下手かなど関係なく、老若男女が純粋に踊りを楽しむ。そこでは言葉が通じない世界中のダンサーと踊りを通じてコミュニケーションをとることができ、その瞬間はまさにダンサーにとっての最高の喜びであるといえるであろう。

逆に、そうしたフレンドリーな大会の雰囲気から、大会に出場しないB-boy B-girlもいる。またメンバーの予定が合わずショーの練習時間が十分にとれない、仕事でドイツに行けないなどの現実的な理由からエントリーを見送らざるを得ない人も多い。なお、日本予選は本戦のお祭りの雰囲気とは違い、非常に緊迫感のある雰囲気の中で行われることで知られる。日本予選、本戦ともに大会の詳細はADHIPが発行しているフリーペーパー「DANCE DELIGHT MAGAZINE」で知ることができる。

2003年以降は本戦の内容を収めたDVDがBACKSPINから発売されており、このDVDにはサブイベントの模様なども収められている。2002年までのイベントを収めたVHSも存在するものの、現在日本国内での入手は困難である。また毎年公式サウンドトラックも発売されている。BOTY JAPANの模様を収めたDVDもADHIPより発売されているが、日本における著作権に関する法律により別のトラックが被せられている。

大会中の出来事[編集]

2004年には、新たに参加することになったイスラエル代表に対し、一部のオーディエンスからブーイングが起こるという事態が起こった。根底にあるのは中東情勢に関する国家間や人種の問題である。MCであるTrixが「ヒップホップの存在する意味は世界の人々が平和になるためのものではないのか?、そこに国同士の問題や人種の問題を持ち込むな!!」といった趣旨の発言をしてその場を収め、イベント自体は問題なく進行した。ブレイクダンスが様々な地域で行われており、またBOTYに世界中から観客が訪れているからこその出来事であるといえる。

同じく2004年、BOTYの名物DJであったDJ LEACY(以下、レイシー)が大会前に事故で亡くなるという事件があった。イベントではレイシーの追悼セレモニーが開かれ、偉大なDJの死を惜しんだ。またこの年のShow sideのトリをつとめた前年度の優勝チームPockémon(仏)のメンバーが、ショーの後にレイシーへの追悼メッセージを掲げた。

一時期アメリカチームが出場しなくなったことがあったが2005年より再び復帰した。

歴代のチャンピオンとベスト・ショー[編集]

優勝 準優勝 ベスト・ショー
2011 フランスの旗 Vagabonds アメリカ合衆国の旗 Battle Born フランスの旗 Vagabonds
2010 韓国の旗 Jinjo Crew 日本の旗 Mortal Combat 日本の旗 Mortal Combat
2009 韓国の旗 Gamblerz ロシアの旗 Top 9 日本の旗 All Area Crew
2008 ロシアの旗 Top 9 韓国の旗 T.I.P. ロシアの旗 Top 9
2007 韓国の旗 Extreme Crew 日本の旗 Turn Phase Crew 日本の旗 Turn Phase Crew
2006 フランスの旗 Vagabonds 韓国の旗 Last For One フランスの旗 Vagabonds
2005 韓国の旗 Last For One 日本の旗 一撃 日本の旗 一撃
2004 韓国の旗 Gamblerz フランスの旗 Fantastik Armada イタリアの旗 Break the Funk
2003 フランスの旗 Pockémon 韓国の旗 Expression 日本の旗 Fire Works
2002 韓国の旗 Expression フランスの旗 Vagabonds フランスの旗 Vagabonds
2001 フランスの旗 Wanted 日本の旗 チームOHH 韓国の旗 Visual Shock
2000 ドイツの旗 Flying Steps 日本の旗 早稲田ブレイカーズ 日本の旗 早稲田ブレイカーズ
1999 ハンガリーの旗 Suicidal Lifestyle アメリカ合衆国の旗 Rock Force Crew スイスの旗/日本の旗 Spartanic Rockers
1998 アメリカ合衆国の旗 Rock Force Crew フランスの旗 The Family 日本の旗 Spartanic Japan
1997 アメリカ合衆国の旗 Style Elements ドイツの旗 South Side Rockers ドイツの旗 South Side Rockers
1996 スイスの旗 Toys In Effect ハンガリーの旗 Enemy Squad Not Awarded
1995 フランスの旗/イタリアの旗 The Family ハンガリーの旗 Enemy Squad Not Awarded
1994 ドイツの旗 Vlinke Vuesse ハンガリーの旗 Enemy Squad Not Awarded
1993 イングランドの旗 Always Rockin' Tuff ドイツの旗 Fresh Force Not Awarded
1992 ドイツの旗 Battle Squad イングランドの旗 Rock Steady Family Not Awarded
1991 ドイツの旗 Battle Squad ドイツの旗 TDB Not Awarded
1990 Not Awarded Not Awarded ドイツの旗 TDB

過去の日本代表と成績[編集]

Year クルー名 アジア予選成績 本戦成績 備考
2011 Nine States B-Boyz アジア予選なし ベスト4
2010 Mortal Combat アジア予選なし 準優勝,Best Show 3度目の出場
2009 All Area 優勝,Best Show Best Show
2008 廻転忍者 3位 Show Side 11位
2007 Turn Phrase Crew 準優勝,Best Show 準優勝,Best Show 本戦のBattle Sideで日本初となる勝利
2006 Mortal Combat アジア予選なし Show Side 6位 2度目の出場
2005 一撃 アジア予選なし 準優勝,Best Show 2度目の出場
2004 Mortal Combat アジア予選なし Show Side 5位
2003 Fire Works アジア予選なし 4位,Best Show
2002 一撃 アジア予選なし 資料なし
2001 チームOHH アジア予選なし 準優勝
2000 早稲田ブレイカーズ アジア予選なし 準優勝,Best Show
1999 Spartanic Rockers アジア予選なし Best Show 招待枠出場,スイスと日本の混合チーム
1998 Spartanic Japan アジア予選なし Best Show 招待枠出場

DVD[編集]

日本予選[編集]

  • BATTLE OF THE YEAR 2012 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2011 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2010 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2009 JAPAN -10th Anniversary-
  • BATTLE OF THE YEAR 2008 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2007 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2006 JAPAN
  • BATTLE OF THE YEAR 2005 JAPAN
  • ストリートダンスDVDシリーズ BATTLE OF THE YEAR 2000/2001/2002 JAPAN

関連項目[編集]

  • UK B-Boy Championships (オールドスクールの世界大会。ブレイクダンスの3大世界大会の一つ)
  • Red Bull BC One (ブレイクダンスの3大世界大会の一つ)
  • Juste Debout (2on2のストリートダンス世界大会)

外部リンク[編集]