バックストリート・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Backstreet Boysから転送)
移動先: 案内検索
Backstreet Boys
BSB Old Navy Performance.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州
オーランド
ジャンル ポップ・ミュージック
活動期間 1993年 -
レーベル ジャイヴ・レコード/ソニー BMG
公式サイト www.backstreetboys.com
メンバー ニック
ハウィー・D.
A.J.
ブライアン
ケヴィン

バックストリート・ボーイズ: Backstreet Boys、略称:BSB)はアメリカ合衆国の5人組ポップ・アイドル。日本では主にビーエスビー(BSB)バックスと呼ばれている。1995年デビュー。CD総売り上げは1億3000万枚を超えるスーパーボーイズグループ。代表曲は「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」、「エヴリバディ」、「君が僕を愛するかぎり (As Long As You Love Me)」、「シェイプ・オブ・マイ・ハート」 など多数。

略歴[編集]

1993年4月20日に結成し、1995年に「ゴーイン・オン」でデビュー。グループ名は結成当時オーランドで人気のあったフリー・マーケット「バックストリート・マーケット」(Backstreet Market)から取ったもの。

リードボーカルは各自とっているが、ややニックとブライアンとA.J. が多い傾向にある。メンバーの出身地は様々だが、グループとしてはフロリダ州が本拠地。

アメリカでは「ノー・ファン時代」も経験したが、ヨーロッパの人気をひっさげ本国に凱旋。本国でのデビューアルバム(日本やヨーロッパで発売された1st『バックストリート・ボーイズ』と2nd『バックストリーツ・バック』の二枚組)を発売。勢いに乗ってアメリカツアーが行われようとしていた矢先の1998年にブライアンの持病であった心臓病が悪化し、手術の先延ばしはもう出来ないとの見解から心臓手術を受ける。執刀医はアーノルド・シュワルツェネッガーの心臓手術も担当した医師であり、手術は無事に成功をした。この年は、メンバーのハウィーの姉キャロライン、BSBサウンドをデビュー当時から一緒に作ってきた音楽プロデューサーのデニス・ポップが病気で他界しており、「天国と地獄を味わった時期」と『ローリング・ストーン』誌のインタビューに答えている。

その後、1999年にアルバム『ミレニアム』を発売する。このアルバムは彼らにとっての、初の全米アルバムチャートNo.1に輝いた作品となった。さらに次作の『ブラック・アンド・ブルー』も全米アルバムチャートでNo.1に輝いた。日本でもこれらの2作品は連続ミリオンヒットとなり社会現象に発展し、名実ともに史上最大のスーパーグループとなった。2001年には初のベストアルバムとなる『グレイテスト・ヒッツ- チャプター・ワン』をリリースし、日本では150万枚を超える空前のヒットを記録する。

ニックのソロ活動などを経て、2004年に3年ぶりとなる来日公演を行う。2005年にオリジナルアルバムとしては5年ぶりのアルバム『ネヴァー・ゴーン』をリリース。全米では再びミリオンセラー、日本でもスマッシュ・ヒットを記録した。

2005年から2006年にかけては『ネヴァー・ゴーン』の発売に合わせた世界ツアーを行い、日本でも東京・大阪でライブを行った。

その他では、すでにソロ経験のあるニックを追って、ブライアンも2006年6月にソロアルバム『ウェルカム・ホーム』を発売。A.J. もソロ活動を開始する予定。ソロ活動以外にもメンバーはチャリティやミュージカルなどさまざまな場面で活躍している。

2006年6月23日、ケヴィンが脱退。その理由は、「メンバーにいる限り達成できない夢を叶えるため」だという。

2007年には『ネヴァー・ゴーン』から2年振りとなる待望の新作『アンブレイカブル』が10月24日に日本先行で発売された。この作品はグループ初となるオリコンチャート2週連続首位を獲得したが、全米では7位、全英では21位など世界的なセールスは大きく失敗に終わった。

2008年2月16,17日にワールドツアー日本公演のため来日。東京ドームでライブをし、大成功を収めた。

2009年9月30日にニューアルバム『ディス・イズ・アス』が発売された。

2010年2月に日本公演のため来日、18日には武道館でライブを行った。

2012年4月にロンドンでケヴィンが復帰すると発表。

2013年公開の映画『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』にカメオ出演した。

2013年7月24日にアルバム『イン・ア・ワールド・ライク・ディス』発表。

メンバー[編集]

ニコラス・ジーン・カーター(Nicholas Gene Carter
ニューヨーク州ジェームズタウン出身。ウェールズアイルランドイングランドおよびドイツ系。
身長185cm。
弟のアーロン・カーター(Aaron Carter)はソロで音楽活動中である。
ハワード・ドゥエイン・ドロー(Howard Dwaine Dorough
フロリダ州オーランド出身。プエルトリコおよびアイルランド系。
身長167cm。
アレキサンダー・ジェームズ・マックリーン(Alexander James McLean
フロリダ州ウェストパームビーチ出身。キューバ系。
身長178cm。
ブライアン・トーマス・リトレル(Brian Thomas Littrell
ケンタッキー州レキシントン出身。
身長173cm。
ケヴィン・スコット・リチャードソン(Kevin Scott Richardson
ケンタッキー州レキシントン出身。
ケヴィンとブライアンは従兄弟である。
身長185cm。

作品[編集]

アルバム[編集]

  1. バックストリート・ボーイズ - Backstreet Boys1996年11月21日
  2. バックストリーツ・バック - Backstreet's Back1997年8月1日
  3. ミレニアム - Millennium1999年4月28日
  4. ブラック・アンド・ブルー - Black & Blue2000年11月15日
  5. グレイテスト・ヒッツ・チャプター・ワン - The Hits: Chapter One2001年10月24日
  6. ネヴァー・ゴーン - Never Gone2005年6月8日
  7. アンブレイカブル - Unbreakable2007年10月24日
  8. ディス・イズ・アス - This Is Us2009年9月30日
  9. イン・ア・ワールド・ライク・ディス - IN A WORLD LIKE THIS2013年7月24日

シングル[編集]

  1. ゲット・ダウン - "Get Down (You're the One For Me)"(1996年11月21日
  2. ゴーイン・オン - "We've Got It Goin' On"(1997年1月22日
  3. クイット・プレイング・ゲームス - "Quit Playin' Games (With My Heart)"(1997年4月23日
  4. エヴリバディ - "Everybody (Backstreet's Back)"(1997年8月1日
  5. 君が僕を愛するかぎり - "As Long As You Love Me"(1997年10月22日
  6. オール・アイ・ハフ・トゥ・ギヴ - "All I Have To Give"(1998年7月8日
  7. アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ - "I Want It That Way"(1999年4月27日
  8. ラージャー・ザン・ライフ - "Larger Than life"(1999年9月29日
  9. ザ・ワン - "The One"(2000年7月5日
  10. シェイプ・オブ・マイ・ハート - "Shape Of My Heart"(2000年11月1日
  11. ザ・コール - "The Call"(2001年2月7日
  12. モア・ザン・ザット - "More Than That"(2001年6月6日
  13. ドゥラウニング~なんでこんなに好きなんだろう - "Drowning"(2002年10月23日
  14. インコンプリート - "Incomplete"(2005年5月25日
  15. ジャスト・ウォント・ユー・トゥ・ノウ - "Just Want You To Know"(2005年8月24日
  16. アイ・スティル... - "I Still..."(2005年12月21日
  17. インコンソーラブル - "Inconsolable"(2007年9月17日
  18. ストレート・スルー・マイ・ハート - "Straight Through My Heart"(2009年9月9日
  19. イン・ア・ワールド・ライク・ディス - "IN A WORLD LIKE THIS"(2013年7月3日

Blu-ray/DVD[編集]

  1. ディス・イズ・アス - "This Is Us 初回限定デラックス盤/通常盤"(2010年6月16日
  2. イン・ア・ワールド・ライク・ディス - "IN A WORLD LIKE THIS 豪華盤/通常盤"(2014年3月28日

来日公演[編集]

2001年
11月19日, 20日, 21日 東京ドーム, 23日 ナゴヤドーム, 25日 大阪ドーム
2004年
9月29日, 30日, 10月1日, 2日, 3日 国立代々木競技場第一体育館
2006年
1月7日, 8日 東京ドーム, 10日 名古屋レインボーホール, 12日 大阪ドーム
2008年
2月16日, 17日東京ドーム
2010年
2月5日, 6日, 7日 さいたまスーパーアリーナ, 9日, 10日, 11日神戸 ワールド記念ホール, 14日, 15日名古屋日本ガイシホール, 17日東京国際フォーラムホールA, 18日日本武道館
2013年
10月2日,3日,名古屋日本ガイシホール,5日浜松アリーナ,7日広島グリーンアリーナ,8日福岡国際センター,11日,12日,13日さいたまスーパーアリーナ,15日,16日神戸ワールド記念ホール,17日東京国際フォーラムホールA

外部リンク[編集]